ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

前田万葉枢機卿様と行く「上五島巡礼の旅」第3日

f:id:jyunrei:20190912081812j:plain f:id:jyunrei:20190912081822j:plain

f:id:jyunrei:20190912082617j:plain f:id:jyunrei:20190912085726j:plain

f:id:jyunrei:20190912083112j:plain

今日の御ミサは「土井の浦教会」で捧げられました。

 

枢機卿様のお説教:

「まず第1に、神様が先に私たちを愛して下さったから、私たちも自分と同じように隣人を愛しなさい。まず、第1に、神様が私たちをどのように大切にして下さったか、愛して下さったか。ご自分の命までも捧げ尽くして私たちを許し、私たちに永遠の命を与えて下さいました。私たちの周りの人は皆、神様が大切にしてくれる人です。良く知っている人であろうと、知らない人であろうと、敵であろうと、皆、神様が同じように創りました。子供が10人いればいろいろな子供がいます。神様は、全人類がそのように大切な人ですから、人を裁くなと言われます。あなた方の父が、憐れみ深いように、あなた方もあわれみ深いものになりなさい。人を裁くな、人を罪びとだと決めるな。そして、許しなさい。そうすれば、あなた方も許される。罪びとだと人を裁けば、自分も罪びととして裁かれる。許せば自分も許してもらえる。都合よく自分だけ許して下さいではなく、神様はそのような人をゆるしません。正義の神様ですから。

 

次のように詠みました。

 

「裁くなと ゆるしゆるされ 赤とんぼ」

「松虫や 許し、許され 裁くなと」

 

f:id:jyunrei:20190912085552j:plain f:id:jyunrei:20190912090531j:plain

f:id:jyunrei:20190912092002j:plain

今日の先唱ありがとうございました。地元の方とお二人で大変でしたね。

 「カリスト記念館」には、隠れ時代の貴重な資料が展示されています。

「土井の浦教会」はどこからも見えるように、こんな高台に建てられました。

 

 

f:id:jyunrei:20190912101102j:plain f:id:jyunrei:20190912101443j:plain

f:id:jyunrei:20190912101419j:plain

枢機卿様のお父様は教師でいらしたので、五島のあちこちで教えていらっしゃいました。そのため、どこの教会にいらしても沢山の思い出話しがあります。そして、どこに行っても大勢の信徒が枢機卿様を待っていらっしゃいます。

 

 

f:id:jyunrei:20190912100423j:plain f:id:jyunrei:20190912100729j:plain

f:id:jyunrei:20190912100805j:plain f:id:jyunrei:20190912100849j:plain

f:id:jyunrei:20190912100908j:plain f:id:jyunrei:20190912100923j:plain

「有福教会」です。大型バスでは入れないため、ジャンボタクシーと神父様の車で3往復して頂きました。

 

 

f:id:jyunrei:20190912102142j:plain f:id:jyunrei:20190912102224j:plain

f:id:jyunrei:20190912103017j:plain f:id:jyunrei:20190912103100j:plain

「有福教会」の皆様が朝早くからおもてなしをして下さいました。もったいないです。

 これも、枢機卿様への愛と尊敬、信頼の印。

 

 

f:id:jyunrei:20190912110145j:plain f:id:jyunrei:20190912114005j:plain

f:id:jyunrei:20190912114608j:plain f:id:jyunrei:20190912115547j:plain

ガイドのOさんのおかげで、巡礼はとても豊かです。ありがとう。

「福見教会」が次の訪問地です。

 

f:id:jyunrei:20190912122545j:plain f:id:jyunrei:20190912122849j:plain

f:id:jyunrei:20190912122943j:plain

希望の聖母像は、船乗りさんのために立てられました。漁に出る時、また、帰った時に聖母に取り次ぎを願い、感謝を述べて、船の中でも毎日お祈りが唱えられたそうです。

皆で、あめのみさきを大きな声で歌いました。

 

 

f:id:jyunrei:20190913104140j:plain f:id:jyunrei:20190913104758j:plain

f:id:jyunrei:20190913104921j:plain f:id:jyunrei:20190913105000j:plain

f:id:jyunrei:20190913105708j:plain

車窓より「大浦教会」を眺めながら、ガイドのOさんのこよなく愛する「中の浦教会」です。

 

大きなツバキの花(殉教者の象徴)で飾られる「中の浦教会」。稽古(宗教のお勉強)を逃げようとしたり、口の中のガムを捨てさせられたり、etc、そうしてこの教会で大きくなったガイドさんです。

 

 

f:id:jyunrei:20190912143600j:plain f:id:jyunrei:20190912144538j:plain

f:id:jyunrei:20190912144547j:plain f:id:jyunrei:20190912145415j:plain

f:id:jyunrei:20190912145533j:plain f:id:jyunrei:20190912150806j:plain

キリシタン洞窟」へはチャーター船で行きました。

島に空いているメンドと呼ばれる空間は、聖母マリア様の形をしていますね。

十字架の立つ穴に隠れてでも信仰を守られたキリシタンの皆様。そのような静けさのうちにも、確固たるキリストへの想いが250年間も続ける力だったのですね。

 

 

f:id:jyunrei:20190912123723j:plain f:id:jyunrei:20190912124223j:plain

f:id:jyunrei:20190912124641j:plain f:id:jyunrei:20190912124725j:plain

これから、今日最後の訪問地「浜串教会」へ行きます。

浜串教会の祭壇は聖霊の象徴「ハト」の上に祭壇が作られています。聖マリア・マグダレナに奉献されています。

 

f:id:jyunrei:20190912155019j:plain f:id:jyunrei:20190912191447j:plain

f:id:jyunrei:20190912191453j:plain f:id:jyunrei:20190912191516j:plain

f:id:jyunrei:20190912191548j:plain f:id:jyunrei:20190912191554j:plain

f:id:jyunrei:20190912201842j:plain

奈良尾の新しいホテル「マルゲリータ」が今夜の宿泊施設です。

お部屋も広く、純和風のお食事、温泉で皆さまホッとなさって、疲れを癒すことができました。