ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

前田万葉枢機卿様と行く「上五島巡礼の旅」第2日

f:id:jyunrei:20190911081638j:plain f:id:jyunrei:20190911082410j:plain

f:id:jyunrei:20190911082437j:plain f:id:jyunrei:20190911082450j:plain

f:id:jyunrei:20190911084716j:plain f:id:jyunrei:20190911085349j:plain

今朝の朝食は、ホテルではなく、大曽魚市場の漁師の朝飯でした。

朝からお刺身わアラの味噌汁、焼き魚と普段頂けないものですが、新鮮な取り立て魚で、大勢方がお代わりをするほど美味しかったです。

 

 

f:id:jyunrei:20190911090547j:plain f:id:jyunrei:20190911091426j:plain

f:id:jyunrei:20190911091952j:plain f:id:jyunrei:20190911092130j:plain

魚市場では、3人のカトリック信徒の方が枢機卿様を見つけて大喜びでした。

お食事の後、鉄川与助さん建設の大変完成度の高い「大曽教会」を訪問しました。80段の階段をふーふー言いながら上ると、イエス様が両手を広げて「来なさい、重荷を負うもの、苦しむものは皆私のもとに」と迎えて下さいます。

 

 

f:id:jyunrei:20190911094328j:plain f:id:jyunrei:20190911094430j:plain

f:id:jyunrei:20190911104819j:plain f:id:jyunrei:20190911104845j:plain

f:id:jyunrei:20190911104956j:plain

地元にいらした枢機卿様は、車中、生き生きとこの地方の説明をして下さいます。

 

枢機卿様のお母様のご出身は野崎島でした。チャーター船で野崎島向かいます。空は晴れ渡って船の旅も快適です。

 

 

 

f:id:jyunrei:20190911110822j:plain f:id:jyunrei:20190911111013j:plain

f:id:jyunrei:20190911111143j:plain f:id:jyunrei:20190911111831j:plain

f:id:jyunrei:20190911112837j:plain f:id:jyunrei:20190911113243j:plain

f:id:jyunrei:20190911113418j:plain

 

 

30度以上あるでしょうか、暑い中、「野首教会」目指して歩きます。結構急な坂道で、汗が滝のように流れます。

野首教会」の前で、枢機卿様の嬉しそうなお顔。何を思われたのでしょうか?

 

今は無人島になり鹿だけが住む野崎島ですが、迫害を避けて島に移り住んだ信徒が、数年をかけて建てた本格的なレンガづくりの教会がここにあります。
 

禁教の時代に厳しい弾圧を受けながらも信仰を守り抜き、長年の苦難を耐え抜き信仰の自由を手に入れた人々の、抑圧からの解放と喜びという崇高な精神性の象徴といえる教会。枢機卿様の先祖も長い苦しみを耐えながら、ここで、キリストへの忠実を守り通し、生き抜かれたのです。

 
  


  


 
 
 

f:id:jyunrei:20190911115312j:plain f:id:jyunrei:20190911115941j:plain

f:id:jyunrei:20190911120549j:plain

右側の木の後ろ辺りに枢機卿様の母方の家があったそうです。

小値賀島からも枢機卿様歓迎の方々がいらしていました。

 

f:id:jyunrei:20190911121212j:plain f:id:jyunrei:20190911121228j:plain

f:id:jyunrei:20190911121240j:plain

昼食は野崎島の研修所で。召し上がっている時の嬉しそうなお顔。同じ釜の飯で、皆一つの家族です。

 

f:id:jyunrei:20190911124800j:plain f:id:jyunrei:20190911130611j:plain

f:id:jyunrei:20190911125945j:plain f:id:jyunrei:20190911125940j:plain

島での滞在2時間位。けれども、この島まで来る巡礼団はとても少ないです。チャーター船「高揚丸」も遠くに見えています。

 

f:id:jyunrei:20190911132713j:plain f:id:jyunrei:20190911133016j:plain

f:id:jyunrei:20190911133050j:plain f:id:jyunrei:20190911133036j:plain

上五島の最北端にある聖アンドレアに奉献されている「米山教会」です。白浜司教様はこちらのご出身です。このように素朴で、世俗から遠く離れた環境の中で強い信仰は育まれるのでしょうか。

 

 

今は無人島になり鹿だけが住む野崎島ですが、迫害を避けて島に移り住んだ信徒が、数年をかけて建てた本格的なレンガづくりの教会がここにあります。
 

禁教の時代に厳しい弾圧を受けながらも信仰を守り抜き、長年の苦難を耐え抜き信仰の自由を手に入れた人々の、抑圧からの解放と喜びという崇高な精神性の象徴といえる教会。枢機卿様の先祖も長い苦しみを耐えながら、ここで、キリストへの忠実を守り通し、生き抜かれたのです。 

  


f:id:jyunrei:20190911140924j:plain f:id:jyunrei:20190911140951j:plain

f:id:jyunrei:20190911141312j:plain f:id:jyunrei:20190911141450j:plain

f:id:jyunrei:20190911143226j:plain

枢機卿様ご出身の「仲知教会」で主任の本田神父さま、遠戚に当たる山添神父様との共同司式でごミサが捧げられました。大勢の仲知の信徒の方々がいらっしゃいました。大歓迎です。

 

枢機卿様のお言葉はあまり聞こえなかったのですが、以下のことのみ分かったことです。

皆様とのごミサを捧げることをとても嬉しく思います。…この教会でごミサの大切さをしつけの中で教わりました。…第1朗読から、「キリストが全てであり、全てのうちにおられる。」また、「神は悩みのうちにあるものを支え、倒れるものを全て立たせて下さる。

 

 

f:id:jyunrei:20190911145841j:plain f:id:jyunrei:20190911145855j:plain

f:id:jyunrei:20190911145906j:plain f:id:jyunrei:20190911145951j:plain

f:id:jyunrei:20190911150627j:plain

外にはテントが張られ、膨れまんじゅう、仲知特別のカリントウ、五島うどん、ナシなどがふるまわれました。

枢機卿様の七光りで、私たちはどこに行ってもそのお相伴に与らせて頂いています。 

枢機卿様、ありがとうございます。神様がいつも沢山のお恵みでお守り下さいますよう、また、マリア様がいつも取り次いで下さいますように。私たちの毎日のお祈りをお捧げ致します。

 

 

 

f:id:jyunrei:20190911151740j:plain f:id:jyunrei:20190911151749j:plain

f:id:jyunrei:20190911151953j:plain f:id:jyunrei:20190911152339j:plain

仲知には枢機卿様がお生まれになった家がまだ無人で残されています。最後の写真です、右側の木の横にある屋根が枢機卿様の家です。お家から走り出て海に行き、サザエなどを沢山取られたそうです。

 

f:id:jyunrei:20190911153430j:plain f:id:jyunrei:20190911153636j:plain

f:id:jyunrei:20190911153741j:plain f:id:jyunrei:20190911154716j:plain

「江袋教会」は今から12年ほど前、漏電のために焼けてしまいました。

 

幸いなことに設計図が残っていたため、各地から送られて来る援助によって、前とほぼ同じ教会として生まれ変わりました。教会の89歳の長老が私たちに話して下さいました。

 

 

f:id:jyunrei:20190911162304j:plain f:id:jyunrei:20190911162342j:plain

f:id:jyunrei:20190911163803j:plain f:id:jyunrei:20190911163947j:plain

f:id:jyunrei:20190911162949j:plain f:id:jyunrei:20190911162904j:plain

「青砂が浦教会」では、子供たちが巡礼団を迎えて下さいました。今日は水曜日、稽古の日だそうです。皆、嬉しそうに枢機卿様と握手。聖堂の中では、ともにお祈りしました。子供の祈りはまっすぐ神様の御元にあげられたことでしょう。

 

f:id:jyunrei:20190911162448j:plain f:id:jyunrei:20190911162454j:plain

お祈りの後、神父様になりたい人、シスターになりたい人と聞かれて手をあげる子供たちです。そうなりますように。

 

 

f:id:jyunrei:20190911164944j:plain f:id:jyunrei:20190911164956j:plain

f:id:jyunrei:20190911165000j:plain f:id:jyunrei:20190911165012j:plain

f:id:jyunrei:20190911165014j:plain f:id:jyunrei:20190911165021j:plain

f:id:jyunrei:20190911165205j:plain f:id:jyunrei:20190911165431j:plain

f:id:jyunrei:20190911170900j:plain

信徒会館で膨れまんじゅうとドーナツをご馳走になりました。

五島の皆様は、枢機卿様のこと大好きです。そして、枢機卿様も皆様のことをとても大切になさっていらゃるのがすぐに分かります。

 

 

f:id:jyunrei:20190911165432j:plain f:id:jyunrei:20190911165206j:plain

お忙しい思いをさせてしまいました。これが青砂が浦教会のおもてなし膨れまんじゅうとドーナツです。

 

 

f:id:jyunrei:20190911191356j:plain f:id:jyunrei:20190911191419j:plain

f:id:jyunrei:20190911191432j:plain f:id:jyunrei:20190911191459j:plain

f:id:jyunrei:20190911191514j:plain

エビ屋さんの有名な、美味しい夕食です。伊勢海老のお刺身、黒ムツの煮付け、サザエ、天ぷらetc。膨れまんじゅうでお腹が一杯のはずの皆様が結構召し上がっていらっしゃいました。

 

 

 

f:id:jyunrei:20190911204551j:plain f:id:jyunrei:20190911204644j:plain

f:id:jyunrei:20190911204835j:plain f:id:jyunrei:20190911210353j:plain

f:id:jyunrei:20190911211755j:plain f:id:jyunrei:20190911211758j:plain

夕食をしながらの自己紹介がはじまりました。より良く知り合い、枢機卿様の「五島 椿の会」が広がっていきます。最後に枢機卿様は、今日、仲知で子供の頃のことを思い出されたそうです。枢機卿様は3月生まれなので、クラスでは1番小さかった。けれども背負い投げで自分より大きな子供に勝った。

勝って兜の緒を締めよ。

次に自分より小さな子に負けました。そのことを今日、仲知で思い出しました。

1人1人頂いたお恵みがあります。ともに歩む巡礼は、私にとっても喜びです。もっともっと謙虚にならなければ。小さい時から人から言われないとしない方だった。自分の生き様は続いていきます。神様のもとに、巡礼を続けていきましょう。

 

f:id:jyunrei:20190911170901j:plain

枢機卿様の今日の句です。「さわやかや 五島巡礼 みな笑顔」