ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

塩谷神父様と行く「東北巡礼」第4日

f:id:jyunrei:20191103075535j:plain

朝食です。幸せなお時間。神に感謝。




f:id:jyunrei:20191103085435j:plain f:id:jyunrei:20191103090944j:plain

f:id:jyunrei:20191103091059j:plain f:id:jyunrei:20191103093321j:plain

f:id:jyunrei:20191103093547j:plain f:id:jyunrei:20191103093605j:plain

f:id:jyunrei:20191103094447j:plain

秋保温泉より、山形へ。

山形教会では、日曜日のごミサで教会は一杯でした。ご聖体訪問だけさせて頂き、次の巡礼地・米沢に向かいます。





f:id:jyunrei:20191103124910j:plain

我らがガイドSさんと、ドライバーのTさんです。素晴らしいお2人。




f:id:jyunrei:20191103124944j:plain f:id:jyunrei:20191103124958j:plain

f:id:jyunrei:20191103125001j:plain

巡礼最後のお食事です。沢山のたべものですが、頂いてしまいました。




f:id:jyunrei:20191103111642j:plain f:id:jyunrei:20191103111655j:plain

f:id:jyunrei:20191103112135j:plain f:id:jyunrei:20191103112315j:plain

f:id:jyunrei:20191103122430j:plain

「自分の命を捧げられた殉教者の地。沢山の方々が命を捧げられました。が、自分の命は、それほど軽いものなのでしょうか。第1朗読、知恵の書では、神が回心させようとしています。あなたは存在するものすべてを愛し、お作りになったものを何一つ憎まれない。憎んでおられるのなら、作られなかったでしょう。命を愛される主よ、すべてはあなたのもの、あなたはすべてをいとおしまれる。神様の御眼から見てどれほど尊いものであるか。私たちだけではなく、地球上のあらゆるものを、鳥や、動物など皆、神がお望みになったから生まれ、存続しています。私たちは神様から呼び出されたかけがいのない存在です。ですから自己嫌悪に陥ったりすることは神様に対して失礼です。神様は私たちを永遠に存続させたいとお望みです。一人子を私たちにお与えになるくらい、私たちを愛されました。神の御目から見て、私たちは命がけの愛の対象です。神の御子の血によって贖われました。

 ザアカイのように、イエス様に会うと人が変わってしまいます。イエス様は、今日この家に救いが訪れたとおっしゃいます。イエス様の心が分かり、価値観が分かった時、ザアカイの心も変わっていきます。

 私たちも何とかしてイエス様にお目にかかりたい。司祭がいらっしゃらなかったときには、ご聖体の代わりにメダイを口に入れていたこともありました。聖なるご聖体は祝せられますように。私たちは、ご聖体そのものを頂くことができます。私達の中に来て下さるほど謙られました。毎日、よりイエス様に似たものとなるように願い、祈っていきましょう。」(文責:小池俊子)





f:id:jyunrei:20191103133856j:plain f:id:jyunrei:20191103134048j:plain

f:id:jyunrei:20191103134052j:plain f:id:jyunrei:20191103134445j:plain

f:id:jyunrei:20191103140635j:plain f:id:jyunrei:20191103141419j:plain

米沢の「北山原殉教地」です。

信仰のために斬首され、命を捧げる人。彼らの高貴な生き様を見て、土下座して送り出す為政者。信頼し合った人たちが生み出した奇跡のような1日。

各自、殉教者の想いを深く心に刻みつけて、新幹線に乗りました。素晴らしい天候、快適なホテル、美味しいお食事、そして、沢山の殉教者との出会い。神様に感謝。聖母の御取り次ぎに感謝です。

塩谷神父様と行く「東北巡礼」第3日

f:id:jyunrei:20191102063801j:plain

今日もこのような晴天です。神様、ありがとうございます。

ホテルの窓には、沢山のカモメが挨拶にきてくれました。




f:id:jyunrei:20191102084508j:plain f:id:jyunrei:20191102084519j:plain

f:id:jyunrei:20191102085517j:plain f:id:jyunrei:20191102085750j:plain

三陸地方の地震津波の犠牲者を悼むために、ここに献花台が設けられ、今でもお花が捧げられています。商店街も「サンサン商店街」として生まれ変わりました。





f:id:jyunrei:20191102105512j:plain f:id:jyunrei:20191102105420j:plain

f:id:jyunrei:20191102105416j:plain

石巻サン・ファン・バウティスタ号です。この木造船でソテロ神父様、支倉常長と一行180名は遣欧使節としてメキシコ、スペイン、ローマ に向かいました。




f:id:jyunrei:20191102144643j:plain f:id:jyunrei:20191102145304j:plain

f:id:jyunrei:20191102151854j:plain

仙台教区のカテドラル「元寺小路教会」でのごミサです。

「私達は、必ずしも列聖されてはいませんが、広い意味での聖人、キリストによって救われ、永遠の命を頂く、これだけは、どうしても頂きたいお恵みです。御父の御心にかなうものとなる。その一番良い模範が御子イエス様です。御子イエス様に一番近く、ご聖体のイエス様に私たちの心に来て頂く、ですからごミサこそ私達の生活の中心であり、巡礼の時にも中心であります。私も、叙階された後、数年はミサの準備をし、間違えないようにし、お説教も書いて、直して、テープに入れ、それを聞いて、また直してとやっていました。また、日曜日ではないミサの時にも、歩きながらでも説教を考えていた。このように、初めは緊張していたミサも、だんだんに慣れて来ると、準備が疎かになったり、気持ちが入らなくなったりしてきた。そんな時、友人の神父様に、時々ミサに集中できないことがあってねと相談すると、僕はいつもこのミサが最後のミサだと思うようにしているとの答えでした。そのように自分もやってみようとしました。しかし、手帳をみると数日後までの予定が入っているのて、これが最後のミサとは思えなくなります。

 1933年、熊本県の菊池という幼稚園で父の日に話して下さいと言われました。遠いので、熊本のマリスト会の修道院に泊めてもらうことにして、土曜日の晩に熊本に行っていることにしました。九州自動車道でとても眠くなり一瞬寝てしまいました。危ないところでした。修道院で、明日のミサをしてくれるように頼まれました。主日のミサをしているうちに、ミサに命をかけて、もっと真剣に捧げることができた。これが、自分の最後のミサだと思いにくいこともあるが、思いがかなう時にその日がやって来るかも知れない。目を覚ましていなさいとイエス様もおっしゃいます。今日、私達がここに生きているということは、当たり前ではない。ありがたいことです。私達が普通に生きている時でも。

 8年前の3月11日、あの日に命を取られた方々がいっぱいらっしゃいます。人を大切にする。…神様にとっては今。神は永遠の方。永遠というのは、いつまでも続くということではなく、時間を超えた方、時間を超越した状態。人間としていろいろあったとしても、その人のために今も祈ることの大切さ。私達の親しい人々、家族、親族、友達のため、すべての人々のための祈りを神様が聞いて下さっていることを確信しながら、今日、このごミサでも亡くなられた方々のために祈りましょう。」(文責:小池俊子)





f:id:jyunrei:20191102161903j:plain f:id:jyunrei:20191102161922j:plain

f:id:jyunrei:20191102162035j:plain f:id:jyunrei:20191102162333j:plain

f:id:jyunrei:20191102162506j:plain f:id:jyunrei:20191102162513j:plain

f:id:jyunrei:20191102162534j:plain f:id:jyunrei:20191102163006j:plain

カルワリオ神父様と8名の方々が、殉教なさった広瀬川川畔です。

2月の寒い日々。この冷たい水の中に3時間、次には10時間もつけられ、最後には斬首され殉教なさいました。

キリストのように、苦しみの中でも、高貴に仲間を励まし、弱いものに声をかけ続けたカルワリオ神父様。信仰はこのようにして証しされるのですね。





f:id:jyunrei:20191102163014j:plain f:id:jyunrei:20191102163022j:plain

カルワリオ神父様、私たちも謙虚に、柔和に、そして、強く信仰を生きる者となれますよう、取り次いで下さい。忍耐の心とキリストへの燃えるような愛で、現代社会の誘惑に打ち勝ち、聖なる道を選び、歩んでいけますように。




f:id:jyunrei:20191102165827j:plain f:id:jyunrei:20191102165912j:plain

f:id:jyunrei:20191102171207j:plain f:id:jyunrei:20191102171216j:plain

f:id:jyunrei:20191102171225j:plain

渋滞に巻き込まれてしまったバスを待つ間に、分かち合いができました。皆様の誠実さ、謙虚さは聖霊の賜物。




f:id:jyunrei:20191102190802j:plain f:id:jyunrei:20191102190812j:plain

f:id:jyunrei:20191102190819j:plain f:id:jyunrei:20191102190825j:plain

最後の晩餐です。ガイドのSさん、ドライバーのTさんもご一緒して下さいました。

塩谷神父様と行く「東北巡礼」第2日

f:id:jyunrei:20191101093833j:plain f:id:jyunrei:20191101094458j:plain

f:id:jyunrei:20191101095716j:plain


今朝、第1に、水沢教会でのごミサが共同司式で捧げられ、水沢教会の信徒の方々と諸聖人の祝日をお祝いしました。

「主任神父様に後藤寿庵のことや殉教者について話して頂きます。諸聖人の祝日に当たって、聖人とは誰かと考える時、確実にこの人は天国に行って、神様の元で永遠に生きる人ですということを、教会が正式に発表した人を聖人と呼びます。天国に行ける人は、広い意味で聖人です。私もぜひ天国に行きたい、洗礼を受けた頃は、聖人になることばかり考えていました。そしてその中で確実に聖人になれるのは、殉教者だから、完全に殉教者になりたいと思いました。中3の時くらいです。しかし人生長く生きてから殉教したら一番いいな〜と。思ったのですが、あと2ヶ月位で私は80になります。まだ殉教していませんが、その望みは雲仙で消えました。雲仙であの熱湯が煮えたぎっている。その煮えたぎった湯を見た時、裸にされて、あの熱湯を柄杓でかけられる、それを考えた時に、私にはできないと、確信しました。証聖者になるのは大変難しいです。一生涯自分が聖なる生活をする。それを教会が、この人は聖なる人であると認めて証聖者となる。聖なる人であることを証しすることは、とても難しいことですが、私たちは、みな、証聖者になるしかないのです。じゃあどうしたらなれるのか。私たちの生涯の最後に御父の御前に出て、生涯の会計報告をするわけですが、その時に御父から聞きたい言葉があり、また、聞いてはいけない言葉があります。それは、油を携えなかった5人の乙女たちへの言葉です。あなたたちを私は知らない。この言葉だけは生涯の最後に絶対聞いてはいけない言葉です。

 どのような言葉を聞いたら良いのでしょう。ヨルダン川で洗礼を受けられたイエスに、あなたは私の愛する子、私の心に叶うもの。神様から私たちの人生の終わりに、この御言葉をお聞きしたいです。このお言葉を聞くことがてきれば、この世の中で、たとえどんなことが起こっても、試練があり、時に殉教と言えるほどの苦しみを忍んでも、人生の最後にあなたは、私の愛する子、私を喜ばせるもの、私の心に叶うものと言って頂けたら、私たちの人生は本当に意味があった、生まれてきて良かったという人生になります。天の御父は、イエスにあなたは私の愛する子とおっしゃる。だからわたしたちがイエス様に近くなること、イエス様に似たものとなる。イエス様の価値観を自分のものにする、その通りにわたしたちが生きること。具体的にはイエス様の福音での教えを生きること。真福八端を生きること。これが一番良い生き方。御子が現れる時、私達も御子のようになる。毎日福音を読み、私達が御子に似たものとなりますように。」(文責:小池俊子)




f:id:jyunrei:20191101103645j:plain f:id:jyunrei:20191101103718j:plain

f:id:jyunrei:20191101103741j:plain f:id:jyunrei:20191101104917j:plain

水沢教会主任の高橋神父様が、後藤寿庵について、また、この教会について説明して下さいました。




f:id:jyunrei:20191101110031j:plain f:id:jyunrei:20191101110041j:plain

マリア観音です。頭の後に十字架が隠されています。




f:id:jyunrei:20191101110737j:plain f:id:jyunrei:20191101110815j:plain

水沢教会の前、後藤寿庵の御像の前で。聖なる方がどれだけの影響を人々に与えて行くことか。





f:id:jyunrei:20191101111406j:plain f:id:jyunrei:20191101111527j:plain

f:id:jyunrei:20191101112237j:plain f:id:jyunrei:20191101112442j:plain

f:id:jyunrei:20191101112739j:plain

今のカトリック墓地と当時のカトリック墓地。寿庵廟など。




f:id:jyunrei:20191101120201j:plain f:id:jyunrei:20191101113811j:plain

車中、神父様は、キリシタンの歴史を話して下さいました。

寿庵堰は、現代でも使われています。




f:id:jyunrei:20191101142812j:plain f:id:jyunrei:20191101143039j:plain

f:id:jyunrei:20191101144537j:plain f:id:jyunrei:20191101150525j:plain

f:id:jyunrei:20191101151827j:plain f:id:jyunrei:20191101151836j:plain

f:id:jyunrei:20191101151904j:plain

大籠教会を車窓から。大籠キリシタン資料館では、ビデオを見て、大籠での無名の殉教者に想いをはせます。





f:id:jyunrei:20191101153951j:plain f:id:jyunrei:20191101154102j:plain

f:id:jyunrei:20191101154313j:plain f:id:jyunrei:20191101154429j:plain

f:id:jyunrei:20191101154623j:plain f:id:jyunrei:20191101154801j:plain

f:id:jyunrei:20191101154827j:plain

三経塚の途中まで登り、皆でお祈りを捧げました。




f:id:jyunrei:20191101160823j:plain f:id:jyunrei:20191101161713j:plain

米川教会は塩谷神父様が8年前の津波の時に滞在なさった教会です。




f:id:jyunrei:20191101184629j:plain f:id:jyunrei:20191101184551j:plain

f:id:jyunrei:20191101183946j:plain

夕食は豪華でとても美味しかったです。



f:id:jyunrei:20191101110738j:plain f:id:jyunrei:20191101110816j:plain

水沢教会の前、後藤寿庵の御像の前で。聖なる方がどれだけの影響を人々に与えて行くことか。


 

塩谷神父様と行く「東北巡礼」第1日

f:id:jyunrei:20191031120626j:plain f:id:jyunrei:20191031120600j:plain

東北の巡礼が始まりました。車窓からは、こんなに美しい紅葉です。





f:id:jyunrei:20191031152037j:plain f:id:jyunrei:20191031152431j:plain

巡礼最初のごミサは、「弘前教会」で捧げられました。

 「19章では、エルザレムを見て泣かれた。何度も雌鳥がひなを羽の下に集めるように、呼びかけ、集めようとしたけれど、散り散りに、勝手に自分の方向に行ってしまった。応じなかった。そしてそのためにエルザレムは、破壊されてしまうと言うことを考え涙を流された。エルザレムはローマの軍隊に完全に包囲され、西の壁を残して、それ以外は神殿も全て破壊し尽くされてしまった。キリストは何と惜しいことだ、どうしてそのような不幸が起こるのかと言う。そして、あなたたちが神の訪れの時をわきまえなかったからである。イエズス様がここにきておられるのに知らなかった。その時をわきまえなかった。と言うことがエルザレムの滅亡にもつながってしまった。

 私たちもまた、神が私たちを訪れて下さっている、その時、を見分けることが非常に大切です。その訪れの時、原文では、カイロスと言うことばです。ギリシャ語では、一つはオーラ、他はクロノス、そしてカイロスです。カイロスは自分の人生の大切な時に変わっていったとか。例えば、皆さんとご主人との出会いとか、初めて会ったその日から代わってきた。あるいは、先生とか、人との出会いとか、大きな試練にあって人生が代わったとか。決定的な時に使うカイロスと言う言葉が使われています。つまり、神様が自分の人生の中に決定的に現れた日、その時から自分は代わっていったと言うことです。ところが神様がこられて、雌鳥がひなを集めるように招いても、気づかないとすれば、そこに悲劇があります。神の訪れのカイロスを知らなかったからです。何故、私たちが、今、このみちのくを訪れているのでしょうか?それは、もう一つの神との出会いを訪ね求めている。一つは恵の時、もう一つ始める試練の時です。本当に出会う時、助け合いながら、キリスト教以外の人々のことを考え、訪れの時、神の訪れの時、それは大きな試練の時でもあります。恵の時。大きな訪れの日。殉教者たちが信仰のために命を奪われる、すべてを奪われる時、どのようにして。最も大切なものを犠牲にした。神とともにある命を目指して、殉教していった、沢山の先輩たちの神との出会いの時を、かいま見させて頂きながら、私たちもまた、以前にもまして神と交わり、そしてお互いと一層近くなっていくそのお恵みを祈りましょう。

 私たちはまだ血を流して自分の信仰を証するような機会を持っているわけではないかもしれません。

 今日はイエズス会では、聖アルフォンス・ロドリゲスという聖人の祝日ですが、神学院の受付をしていたブラザーです。華々しい説教もせず、殉教もせず、大きな本も書かず、大修道院の大院長であったわけでもなく、受付をずっとして、人々には親切にして、受付の仕事を忠実に果たす。お客様が来ると、あーイエズス様がいらしたという思いで、いつもキリストを迎えた。そういうブラザー。世間的に見て、何もこれといって偉大なことをせず、隠れた、隠れた人生を送った人ですが、その人を教会は聖人にしました。そしてまた、ブラザーは、祈って、神様と出会っている人ですから、神学生に強い影響を与えました。そのうちの1人が聖人になった聖ペトロ・クラベルという人です。彼は時間があるとブラザーの所に行って話していました。ブラザーから、アフリカで沢山の奴隷が南米に売られて行き、悲惨な生活を強いられていると聞き、ペトロ・クラベルは、アフリカに行き、奴隷の世話をして亡くなっていきました。受付で一生送りながら隠れて生涯を送るもの、他の国の人々のために尽くす人、あるいは、斬首されたり、水責めにあったりして、神への忠実を果たす人々。

 その、原動力は、神からの呼びかけです。その神の呼びかけを聴くことができますように祈りましょう。」(文責:小池俊子)




f:id:jyunrei:20191031161524j:plain f:id:jyunrei:20191031161544j:plain

f:id:jyunrei:20191031161616j:plain f:id:jyunrei:20191031161549j:plain

f:id:jyunrei:20191031162316j:plain f:id:jyunrei:20191031162455j:plain

弘前教会のSさんが教会のご案内をして下さいました。ご自分の教会への愛が溢れています。

ルカ神父様と行く「信仰と観光の台湾巡礼」第6日

f:id:jyunrei:20191026114636j:plain f:id:jyunrei:20191026114754j:plain

 今朝は、一番ゆっくりできました。まず衛兵の交代見物ですが、少し時間が余りましたので、この歴史のあるグランドホテルを見にきました。日本統治の頃は靖国神社だったそうです。



f:id:jyunrei:20191026120058j:plain f:id:jyunrei:20191026121805j:plain

f:id:jyunrei:20191026121853j:plain f:id:jyunrei:20191026121944j:plain

衛兵の交代式です。1時間毎に交代があり、その度にこの儀式が行われます。大勢の観光客がこの交代式をめがけて、やってきます。




f:id:jyunrei:20191026150811j:plain

 巡礼最後のごミサです。台北の西にあるフランシスコ会の教会のつもりだったのですが、神父様がいらっしゃらなくなったために、パリミッション会の神父様方に引き継がれているとのこと。

 楽しみにしていらしたルカ神父はがっかりです。




f:id:jyunrei:20191026152853j:plain f:id:jyunrei:20191026154630j:plain

f:id:jyunrei:20191026162045j:plain f:id:jyunrei:20191026162225j:plain

f:id:jyunrei:20191026162517j:plain

巡礼最後のごミサです。

 「ピラトがガリラヤ人の血を彼らのいけにえに混ぜた。日本では洪水で亡くなった方とかも多いが、何か罰を受けているのでは、とか、悪いことをしたからと思う人もいます。しかし、決してそうではありません。災害や不幸は、罪の罰ではありません。ここ台湾には災害に遭わないためとかの祈りが多いです。災害は罪とは関係がありません。川のそばに家を建てたから、便利さを求めたから、金儲けだけを考えていたからであって、神のせいではありません。

 イチジクの実が三年間実らない。もう少し待って下さい。あきらめないで、失望しないで待って下さい。

 教育者とか親がもう少し忍耐をもって励ますなら、子供は生きる希望を持ってやり直すことができるでしょう。神は優しいお父さんです。私の母も全てを神に任せました。命は神からのお恵みであり、死んでも生きています。今日、ここの教会がフランシスコ会の教会でなかったのはがっかりですが、イエスもそのような体験をなさいました。何かの形で神の愛を伝えることができれば幸いです。」(文責:小池俊子)

ルカ神父様と行く「信仰と観光の台湾巡礼」第5日

f:id:jyunrei:20191025062903j:plain

このロザリオは、神父様のお母様が使っていらしたもので、神父様が2歳の時に亡くなられたお母様の形見として、ずっと使っていらっしゃるものです。

 司祭、宣教師になられた神父様を誇りに思い、天国からいつも見守って下さっていることでしょう。





f:id:jyunrei:20191025124330j:plain f:id:jyunrei:20191025124332j:plain

f:id:jyunrei:20191025124346j:plain

 今日は高尾から新幹線で台北に戻ってきました。高尾から台北までは約2時間です。

 まず、昼食です。そして、これは台北で有名なマンゴアイスのお店でのデザートです。美味しいですよ。

 




f:id:jyunrei:20191025132042j:plain f:id:jyunrei:20191025132426j:plain

f:id:jyunrei:20191025134746j:plain

 ごミサはイエズス会の「聖家族」教会の小聖堂で捧げられました。

 「最後の一レプトンを返すまで、決してそこから出ることはできない。この世の中で何が正しいのか、自分で判断することはできません。戦争がないとか、充分食べられるとか、子供が学校に行ける、病気の人が病院へ、災害があっても家が壊れなかったなど。

 主の祈りの中で何が正しい人間の生き方なのかを示しています。

 御国がきますように、世界が一つになりますように、御名が聖とされますように。

 イエスにとっては、いろいろな道があっても目的地は一つです。他の人達の宗教を尊重する。フランシスコの平和を求める祈りの中で、無条件に許すこと。聖ヨハネ23世は、地獄には誰もいなかったとおっしゃっています。イエス様によって皆許され、天の父のもとに。天国はこの世から始まっています。」

(文責:小池俊子)





f:id:jyunrei:20191025141916j:plain f:id:jyunrei:20191025142050j:plain

f:id:jyunrei:20191025142119j:plain f:id:jyunrei:20191025142431j:plain

f:id:jyunrei:20191025142458j:plain

ここ聖家族教会は台湾で一番大きな教会です。ステンドグラスは100年前のものです。




f:id:jyunrei:20191025150714j:plain f:id:jyunrei:20191025150718j:plain

f:id:jyunrei:20191025150809j:plain f:id:jyunrei:20191025151110j:plain

f:id:jyunrei:20191025151058j:plain

故宮博物館です。

蒋介石が中国大陸から持ってきたものの展示に、驚嘆の声が。今日はとてもラッキーで、あまり混雑はしていなくて、ゆったりと見ることができました。




f:id:jyunrei:20191025152050j:plain f:id:jyunrei:20191025152125j:plain

f:id:jyunrei:20191025152254j:plain f:id:jyunrei:20191025152300j:plain

これが有名な翡翠の「白菜」です。ガラスの向こうにも輝いた魂が。




f:id:jyunrei:20191025154728j:plain f:id:jyunrei:20191025154927j:plain

f:id:jyunrei:20191025154955j:plain f:id:jyunrei:20191025160021j:plain

傑作ばかりです。素晴らしい芸術品、美術品、素晴らしいです。




f:id:jyunrei:20191025174659j:plain f:id:jyunrei:20191025174708j:plain

f:id:jyunrei:20191025174716j:plain f:id:jyunrei:20191025174812j:plain

f:id:jyunrei:20191025174845j:plain

夜市の見学に行きました。これは地下の食道街です。すごいエネルギーが感じられます。




f:id:jyunrei:20191025183337j:plain f:id:jyunrei:20191025183347j:plain

最後の晩餐です。今夜はバイキングです。今までとは違った夕食です。

ルカ神父様と行く「信仰と観光の台湾巡礼」第4日

f:id:jyunrei:20191024075844j:plain

昨晩墾丁のホテルの前から見える笠山です。またまた良い天気に恵まれました。神様、ありがとうございます。

 

 

f:id:jyunrei:20191024085823j:plain f:id:jyunrei:20191024090929j:plain f:id:jyunrei:20191024091246j:plain 

f:id:jyunrei:20191024091423j:plain f:id:jyunrei:20191024092816j:plain f:id:jyunrei:20191024092356j:plain

朝一に、墾丁観光で、佳楽水へ。サンゴ礁から形成されたような奇岩が沢山あって、いろいろな形に見えています。皆さま、童心に返って嬉しそう、楽しそうです。

 

 

f:id:jyunrei:20191024142420j:plain f:id:jyunrei:20191024141937j:plain f:id:jyunrei:20191024141841j:plain 

f:id:jyunrei:20191024141749j:plain f:id:jyunrei:20191024141426j:plain f:id:jyunrei:20191024141408j:plain

f:id:jyunrei:20191024141244j:plain

屏東・三地門の「台湾原住民族文化園区」訪問です。パイワン族の生活形態などを見ることができます。時間の関係で民族音楽鑑賞は出来なかったのがとても残念でした。

 

 

f:id:jyunrei:20191024125343j:plain f:id:jyunrei:20191024121405j:plain

またお食事です。また〜と言いながら、頂き始めると結構入ってしまうのです。こんな車に乗って廻ります。

f:id:jyunrei:20191024155817j:plain f:id:jyunrei:20191024160011j:plain f:id:jyunrei:20191024160312j:plain

今日の御ミサは、高尾のカテドラル「ロザリオ大聖堂」で捧げられました。来週の日曜日に160周年のお祝いをなさるとのこと、ロザリオのマリア様が読んで下さったのでしょう。

 

 

 

f:id:jyunrei:20191024160313j:plain

神父様のお説教:

「今日の福音、私が地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。むしろ分裂だ。とのイエスの言葉を聞いてがっかりするのではないでしょう。ある人が信者になりたい、すると家族が反対します。私の母も、子供のいない妹も私に大きな土地をあげたかったのに、私は断りました。2人ともがっかりしました。

 イエスは分裂を望んでいませんが、結果として分裂の原因になります。弟子の中でも役割分担の時に分裂がありましたし、ユダもお金のためにイエスを渡します。これによって死刑になり、平和をもたらすはずのイエスなのに、結論は分裂になってしまいます。イエスは、分裂を目的にきたのではなく、結論として分裂になってしまうのです。

 今日の詩篇、幸せな人、神をおそれ、主の道を歩む者で、おそれとは、怖いという意味ではなく、恐れ入りますと言った意味になります。主の道を歩む人。イエスが道案内をしてくれます。神が私たちの心のナビで、ナビに従わないと迷ってしまいます。習慣的な信仰ではなく、意識的な信仰を生きること。神を恐れながらご聖体を頂く。それが本当の幸せにつながります。

 今日の教会は、ロザリオの聖母の教会です。私の母は、病気のため母親として私の世話が出来なかったので、マリア様に私を託しました。母はマリア様への信心が非常に強かったです。私は母のロザリオを今でも、持っています。母は、働いている人達と毎日、ひざまづいてロザリオを唱えていました。マリアの助けを思い出しながら、マリアの取り次ぎにお任せしましょう。今日の、ロザリオの教会での御ミサには大きな意味がありました。」(文責:小池俊子)

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20191024165633j:plain f:id:jyunrei:20191024165802j:plain

どこのお兄さんかしらと思いきや、この教会の主任神父様でした。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20191024170401j:plain f:id:jyunrei:20191024170408j:plain f:id:jyunrei:20191024170410j:plain 

f:id:jyunrei:20191024170436j:plain f:id:jyunrei:20191024170721j:plain

教会の隣には、女子フランシスコ会経営の幼稚園があります。300人の子供たちがいるそうです。

 

 

 

f:id:jyunrei:20191024170934j:plain

この岩は宗教の自由が発布された時の記念の足です。

 

 

 

f:id:jyunrei:20191024173626j:plain

高尾でのお夕食です。台湾料理はしつこくなく、味も淡白で、本当に種類が多くて美味しいです。