ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

「ポーランド巡礼」第7日

f:id:jyunrei:20170918080858j:plain

f:id:jyunrei:20170918081535j:plain

f:id:jyunrei:20170918081539j:plain

f:id:jyunrei:20170918085639j:plain

巡礼最後の日になりました。朝、ホテルのお部屋を借りてごミサです。

「今日の朗読は百人隊長の所です。この百人隊長は良い人でした。ユダヤ人の会堂を作ってくれた人です。

この巡礼の間、自分の話をしてきました。日本の修道会に入ることについても、両親のことを考えても葛藤がありました。けれども、受け入れて下さった司祭のぶれない信仰により、確信を持って日本の修道会に入ることができました。

今回の巡礼もなかなか決定しなかったので、心配していました。出発の日まで良いのかと思っていた。けれどもヤスナグーラの黒い聖母の祭壇でのごミサの時に、来て良かったと思った。少人数で充実した旅になりました。この巡礼で頂いたお恵みを、これからも生きるものとなれますように。」

「ポーランド巡礼」第6日

f:id:jyunrei:20170917152336j:plain

f:id:jyunrei:20170917193000j:plain

f:id:jyunrei:20170917191308j:plain

クラクフからワルシャワまで列車で2時間半、車では5時間から6時間かかります。私たちは列車で、荷物は車でワルシャワに向かいました。

ワルシャワでは、またまたお食事です。最後の晩餐になりました。感謝のうちに。

「ポーランド巡礼」第6日

f:id:jyunrei:20170917140329j:plain

f:id:jyunrei:20170917140335j:plain

f:id:jyunrei:20170917140343j:plain

昼食はとても美味しかった!

本当に困ります。いつもダイエットを意識しているのですが。

「ポーランド巡礼」第6日

f:id:jyunrei:20170917120134j:plain

f:id:jyunrei:20170917120454j:plain

f:id:jyunrei:20170917120712j:plain

f:id:jyunrei:20170917121012j:plain

f:id:jyunrei:20170917130054j:plain

大聖堂の地下には沢山の小聖堂があります。その中の一つ、聖ファウスティーナの小聖堂でごミサに与ることができました。

「今日の福音で、イエスは7の70倍人を許すようにとおっしゃっていらっしゃいます。当時のユダヤのラビは、3回まで許すようにと言っていました。7の70倍というのは、破格的であり、限りなく許すようにということです。許せなければ、そこでその人との人間関係は終わってしまいます。アウシュビッツの現実を見ました。許せなければ同じようなことが繰り返されていきます。人を許すことができますように。あわれみの心を持つことができますように。この心は神様からのお恵みです。あわれむ心が頂けますようにお願いいたしましょう。」

「ポーランド巡礼」第6日

f:id:jyunrei:20170917112041j:plain

大聖堂は日曜日のごミサに与る方々で一杯でした。ポーランド人の心の故郷は、ヤスナグーラの黒い聖母であり、聖ヨハネ・パウロ二世であり、聖ファウスティーナなのですね。

「ポーランド巡礼」第6日

f:id:jyunrei:20170917095221j:plain

f:id:jyunrei:20170917104613j:plain

f:id:jyunrei:20170917105125j:plain

f:id:jyunrei:20170917105749j:plain

全員一致で、ヴィエリチカ塩鉱訪問をキャンセルし、聖ファウスティーナの場所でゆっくり時間を取ることにしました。

聖ファウスティーナの修室にあったものの展示、また、ファウスティーナの描写によって描かれた「いつくしみのイエス様」の絵のある聖堂など、午前中、祈りの雰囲気で過ごすことができました。

「ポーランド巡礼」第5日

f:id:jyunrei:20170916201643j:plain

f:id:jyunrei:20170916201649j:plain

お夕食のあとは、市電でホテルまで帰りました。