ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

小西神父様と行く「五島・長崎巡礼の旅」第4日

f:id:jyunrei:20180912124405j:plain

f:id:jyunrei:20180912144058j:plain f:id:jyunrei:20180912144100j:plain

長崎でのお食事です。美味しかった!





f:id:jyunrei:20180912153538j:plain

大浦天主堂の信徒発見の碑の前で。世界のカトリック教会の奇跡・250年もの間、司祭無しに信仰を守り続けた信徒達の発見は、ここ、「大浦天主堂」での出来事でした。





f:id:jyunrei:20180912154042j:plain

今回の巡礼で最後の訪問地・「西坂の丘」です。日本26聖殉教者を皮切りに、多くのキリシタンがこの場で信仰のために殉教していきました。

小西神父様と行く「五島・長崎巡礼の旅」第3日

f:id:jyunrei:20180911162629j:plain

頭が島教会です。皆さま楽しそうですね。





f:id:jyunrei:20180912085041j:plain

ここは、ガイドの小田さんの愛する「中の浦教会」です。




f:id:jyunrei:20180912085404j:plain

「大曽教会」です。こんなに晴れています。階段を上ってきたすぐ前にイエスさまが腕を広げて、「重荷を負うものは私についてきなさい」と待っていて下さいます。




小西神父様と行く「五島・長崎巡礼の旅」第2日

f:id:jyunrei:20180910091111j:plain f:id:jyunrei:20180910092019j:plain

f:id:jyunrei:20180910092118j:plain f:id:jyunrei:20180910093931j:plain

久賀島は五島のどの辺にある島なのです、と、船長・ガイドの木口さんが丁寧に説明して下さいます。

浜脇教会は信徒の汗の結晶です。地元の木口さんのお話には、説得力があります。






f:id:jyunrei:20180910095048j:plain f:id:jyunrei:20180910095528j:plain

f:id:jyunrei:20180910095653j:plain f:id:jyunrei:20180910100004j:plain

f:id:jyunrei:20180910100229j:plain f:id:jyunrei:20180910100422j:plain

五島で迫害が一番厳しかった久賀島の「牢屋の窄殉教者記念聖堂」です。

8歳の子供が、この辛い、ひもじい牢屋の中で、「イエス様の5つの傷について祈らなければならない」と言って亡くなってあます。うじにお腹をかみさかれて亡くなった方とか、信仰を捨てないがために味わった十字架の痛み。

何よりもキリストを選ぶとの、高貴な生き方が、社会から隠れたこの地で生きられていた。





f:id:jyunrei:20180910100936j:plain f:id:jyunrei:20180910100939j:plain

f:id:jyunrei:20180910101633j:plain

下のベージュ色の絨毯が畳12畳の大きさです。殉教者のたから、信仰の力、神様への強い委託のこころを学びたい。

牢屋の上には監視塔があって24時間監視された。





f:id:jyunrei:20180910105536j:plain f:id:jyunrei:20180910103344j:plain

木口汽船のソレイユから、黄色の奈留海上タクシーに乗り換えます。





f:id:jyunrei:20180910110518j:plain f:id:jyunrei:20180910110655j:plain

f:id:jyunrei:20180910110702j:plain f:id:jyunrei:20180910110804j:plain

世界遺産となった「旧五輪教会」です。ヨーロッパの建築様式を日本の木を使い、折り曲げてリプボールト天井を作る技術は、日本だけのもの。





f:id:jyunrei:20180910111437j:plain f:id:jyunrei:20180910110805j:plain

f:id:jyunrei:20180910111721j:plain

こんなに素晴らしい天気になりました。空色の船がソレイユ、後ろの黄色が奈留海上タクシーです。





f:id:jyunrei:20180910112650j:plain f:id:jyunrei:20180910112656j:plain

f:id:jyunrei:20180910115056j:plain

船に乗り換え、奈留島へ。昼食はお刺身定食です。美味しい!




f:id:jyunrei:20180910124620j:plain f:id:jyunrei:20180910133349j:plain

f:id:jyunrei:20180910124653j:plain

世界遺産となった「江上教会です。生憎、休館日のためにあまり中を見ることはできませんでした。




f:id:jyunrei:20180910132539j:plain f:id:jyunrei:20180910142353j:plain

f:id:jyunrei:20180910142957j:plain

「奈留教会」でご聖体訪問をさせて頂き、再び海上タクシーに乗り込みます。

この岩の裂け目は、聖母マリア像。似てますか?

そして「キリスタン洞窟」です。





f:id:jyunrei:20180910150755j:plain f:id:jyunrei:20180910150805j:plain

f:id:jyunrei:20180910152213j:plain

「土井の浦教会」でのごミサでした。

「昨日、生活の質について話しました。久賀島の殉教者たちは、牢屋の中に入れられた時、どのようにキリスト者としての質を高めていったのか。劣悪な環境の中でも、キリスト者としての生き方の質をたかめようとしました。祈り、お互いにはげましあって。そこに至るまで、何でこんな目にあうのかと思うこともあったかもしれません。解放された後も、モヤモヤしたものを持っていたのではないでしょうか。つい最近まで、石を投げられたりしていた。全てが神の思し召しといえる道のりがあった。イエス様の5つの傷について考えなければならないと言った子供。貧しい、教育のない人々が牢屋でイエス様の十字架の苦しみと1つになりたいと願いながら。私たちの日常の生活にも、このようなことが、もっと小さな形で、苦しみとか、辛さとか、寂しさとかとして日常に出てきます。キリストが腕を広げて十字架につけられた姿、この十字架と1つになりたいとの気持ち、これが私たちの信仰の姿です。これを見つめるなら、私たちの信仰の姿、生活の質も変わってくるのでは。今日は日本の205殉教者の記念日ですが、華々しい殉教に目がいってしまうが、そこに至る道を思いながら、自分の信仰生活の質を振り返ってみましょう。」(文責:小池俊子)


小西神父様と行く「五島・長崎巡礼の旅」第1日

f:id:jyunrei:20180909113019j:plain f:id:jyunrei:20180909113029j:plain

長崎、天気予報は雨でしたが、止んでいました。大波止港からフェリー「ペガサス」に乗り込んで、すぐに昼食です。立派な幕の弁当ですよ。





f:id:jyunrei:20180909135952j:plain f:id:jyunrei:20180909140321j:plain

f:id:jyunrei:20180909140006j:plain f:id:jyunrei:20180909140039j:plain

f:id:jyunrei:20180909140459j:plain

福江島・最初の訪問地は、「堂崎教会」です。

中村長八神父様はここのご出身です。ブラジルで命を捧げられました。ただ今、列聖調査中の聖なる司祭でした。

マルマン神父様、ペレー神父様も五島の信徒のために命を捧げられたのです。

ヨハネ五島の聖遺骨です。聖人の島、祈りの島ですね。






f:id:jyunrei:20180909145158j:plain f:id:jyunrei:20180909145428j:plain

f:id:jyunrei:20180909151211j:plain

水の浦教会です。神父様もニコニコ!信徒もニコニコです。





f:id:jyunrei:20180909152048j:plain

楠原教会を車窓から眺め、井持浦 男性教会に向かいます。





f:id:jyunrei:20180909161103j:plain f:id:jyunrei:20180909161527j:plain

ごミサは日本の最西端にある「井持浦教会」で捧げられました。

「生活の質という言葉を知ってますね。お金、もの、財産、地位ではなく、人間の尊厳とか、生き方の質を高めていきましょうということです。三軒茶屋教会での生き生きサロンというのも、年を取られた方々の生活の質のためにやっているのだと思います。本人の思う生活の質と客観的にみる生活の質には少し隔たりがあります。もう1つは生活の質はトータルだと思います。90何才の人がインプラントを入れたいという。これはどうなのか。生活の質は、トータルである。その人の素晴らしさがきちんと出てくるもの。私たちキリスト者にとって生活の質は何か?私にとって?祈ること、ミサに行くこと、愛の業ををすることも生活の質です。祈れなくなった時、ミサに行けなくなった時、どうしてこの信者としての生活の質を高めて行くのか。井持浦 は、日本で初めてルルドができたところです。パリミッション会の神父様はあちこちにルルドを作りました。ベルナデッタという貧しい女の子にご出現になられたマリア様を見ながら、貧しい皆様も頑張りなさいとおっしゃっていらっしゃるのでは。マリア様とベルナデッタから学びなさいというメッセージなのでは。この巡礼の間に、私の信者としての生活の質について考えてみましょう。」(文責:小池俊子)






f:id:jyunrei:20180909165058j:plain f:id:jyunrei:20180909165441j:plain

f:id:jyunrei:20180909165109j:plain f:id:jyunrei:20180909172145j:plain

日本で最初に造られたルルドの前で。「天の妃、天の門、海の星と輝きます[emoji:813]」皆で、大きな声で歌いました。

曇りの大瀬崎灯台でしたが、その雄大な景色に感動です。





f:id:jyunrei:20180909191335j:plain f:id:jyunrei:20180909191340j:plain

f:id:jyunrei:20180909191405j:plain

お夕食のお皿をご覧下さい。皆さま、ニコニコです。

大阪再宣教150周年 「聖地イスラエル・黙想と巡礼の旅」第10日

f:id:jyunrei:20180830105517j:plain f:id:jyunrei:20180830105918j:plain

f:id:jyunrei:20180830112448j:plain f:id:jyunrei:20180830114107j:plain巡礼最後のごミサは、「幸い連句」のゲスト・ハウスの聖堂で捧げられました。主司式は、枢機卿様です。

「Oさんが第1朗読の、キリストの恵みと平和がありますように、あなた方は神の子、私たちの主・イエス・キリストとの交わりに招き入れられた者など、力強く読んで下さいました。この巡礼はエルサレムのカルワリオでの「十字架称讃」の聖堂でのごミサから始まりました。エルザレムでは、沢山の豊かなお恵みを頂きました。十字架の道行きや、復活のお墓などを巡り、洗礼を受けた人ばかりではありませんが、巡礼の中で皆、神の子という感じを受けています。私たちばかりでなく、ユダヤ教ギリシャ正教イスラム教徒など、争いもありますが、同じ聖地を皆で仲良く巡礼する万国民の教会とも言えます。

いくつかの句を読みました。「復活の墓には  汗の列 永遠に」汗をかきながらいつまで続くのかと思われた行列の中で。「汗流し  ビア・ドロローサ  万国民」。エンカレムでは、セネガルの司教様、神父様、シスターと大勢の信徒に会いました。「セネガルと  ザクロアイスや  エンカレム」。仲良く話し、洗者聖ヨハネの生誕地、マリアのエリザベト訪問の教会などを訪ねながら、互いに神の子であることを自覚しました。

今日の福音では、目覚めて用意していなさいと言われます。幸い連句のあわれみのある人、心の清い人、平和を実現する人など、実現しないと悪魔の子になる可能性があります。人の子は思いがけない時に来ます。私はこの言葉を小さい時から強く感じていました。友達が月夜間に帰ってきます。漁師たちは出漁する時には告白をします。神の日の完成の時、神のお望みから離れていると、神から永遠に離れてしまい歯ぎしりするような結末になってしまいます。漁をするのは、とても危険でした。ノルウェー国籍の貨物船に衝突されて帰らなかった親友もいます。用意して目覚めていなさい。喧嘩をしたり、いらん思いを起こしたりすることがないように心を清め、神とともに生きるという信仰生活を目の当たりにしながら育ってきました。時々告白をして、自分を省みながら、互いにこの心を強めながら生き、巡礼を続けて行くことができますように。「神の子や  目覚め用意と   秋の声」。いつも目覚めていなさい。用意していなさい。いつも準備していることができますように。」(文責:小池俊子)





f:id:jyunrei:20180830120344j:plain     f:id:jyunrei:20180830120631j:plain

f:id:jyunrei:20180830120643j:plain    f:id:jyunrei:20180830121221j:plain

幸い連句の教会の中で。






f:id:jyunrei:20180830163133j:plain

f:id:jyunrei:20180830162204j:plain

f:id:jyunrei:20180830161115j:plain

f:id:jyunrei:20180830161030j:plain

f:id:jyunrei:20180830160633j:plain

巡礼最後の訪問地はカイザリアでした。ヘロデ王の港での宮殿。パウロもここからローマに向かって旅立ちました。

大阪再宣教150周年 「聖地イスラエル・黙想と巡礼の旅」第9日

f:id:jyunrei:20180829090522j:plain f:id:jyunrei:20180829090536j:plain

f:id:jyunrei:20180829090808j:plain f:id:jyunrei:20180829090852j:plain

f:id:jyunrei:20180829090858j:plain

マリア様のような妻ですと明言なさるOさん。今日はそのマリア奥様の還暦のお誕生日です。本当におめでとうございます。神様の慈しみ深いお計らいですね。




f:id:jyunrei:20180829091534j:plain f:id:jyunrei:20180829091535j:plain

f:id:jyunrei:20180829091536j:plain f:id:jyunrei:20180829091551j:plain

カナの教会の地下には水をぶどう酒に代えられた奇跡の部屋の遺跡があります。






f:id:jyunrei:20180829122936j:plain f:id:jyunrei:20180829123305j:plain

f:id:jyunrei:20180829123328j:plain f:id:jyunrei:20180829123337j:plain

f:id:jyunrei:20180829124422j:plain

「ご変容の教会」です。 

「タボール山の頂上で、イエスは白く輝きます。ここは、ガリラヤ宣教の中間点。イエスは、はっきりとご自分の使命、受難を通して人類の救いのためにご自分を捧げるとの自覚を持っていました。」






f:id:jyunrei:20180829130443j:plain 

f:id:jyunrei:20180829130825j:plain f:id:jyunrei:20180829135931j:plain

タボール山の頂上から見渡すエズレル平原。





f:id:jyunrei:20180829101739j:plain f:id:jyunrei:20180829101928j:plain

f:id:jyunrei:20180829102553j:plain f:id:jyunrei:20180829102726j:plain

f:id:jyunrei:20180829104110j:plain

ナザレトから北西に10kmほどの所にあるツィポリ国立公園は、古代ローマの遺跡です。

モザイクが沢山残っています。





f:id:jyunrei:20180829161114j:plain f:id:jyunrei:20180829161133j:plain

f:id:jyunrei:20180829162400j:plain f:id:jyunrei:20180829162914j:plain

「聖母のお告げの教会」です。マリア様の「ハイ」がなければキリスト教は始まらなかった。




f:id:jyunrei:20180829163122j:plain

f:id:jyunrei:20180829163133j:plain

f:id:jyunrei:20180829163552j:plain

ここで「御言葉が肉となられた」。マリア様が大天使ガブリエルのお言葉にはいとおっしゃって下さったのが、ここです。




f:id:jyunrei:20180829164134j:plain

枢機卿様と長谷川濾過作の「日本の聖母」。枢機卿様のこれからの日々、いつもマリア様が取り次いで下さいますように。






f:id:jyunrei:20180829174258j:plain

マリア様、この皆さまと、ご家族、教会の信徒、日本の教会、そして全世界の人々のために、いつもお取り次ぎをお願い致します。






f:id:jyunrei:20180829165604j:plain f:id:jyunrei:20180829165831j:plain

f:id:jyunrei:20180829165839j:plain f:id:jyunrei:20180829170006j:plain

f:id:jyunrei:20180829170329j:plain f:id:jyunrei:20180829171913j:plain

「お告げの教会」での荘厳なごミサです。今日の主司式は豊田神父様です。

「・・マリア様の生涯には3つの大きな苦しみがありました。第1は、結婚せずして身ごもった時。当時は重い罪でしたが、ヨゼフに守られました。第2は、エジプトへの避難です。異文化の誰も知人のいない国への逃避は、大変に辛いものだったことでしょう。第3は、十字架にかけられ、死刑囚とされたイエスの母です。マリアはとても大切な存在です。御言葉はマリア様の胎内に受肉されます。神の御言葉を宿されたマリア。マリアのように神の御言葉に心を開き、一文字一文字の中に神の御心を知ること。こうして、神から頂いた真の人間性を持って教会は歩んで行くことができます。よく歩いた巡礼です。けれども神の道を歩まなければ無駄です。見えない御心が導き、招いて下さることに信頼して、このごミサをささげましょう。」(文責:小池俊子)





f:id:jyunrei:20180829174951j:plain f:id:jyunrei:20180829175057j:plain

f:id:jyunrei:20180829175411j:plain

マリア様のために命を捧げて下さったヨゼフ様です。





f:id:jyunrei:20180829211316j:plain f:id:jyunrei:20180829211400j:plain

f:id:jyunrei:20180829211430j:plain f:id:jyunrei:20180829211549j:plain

f:id:jyunrei:20180829211723j:plain f:id:jyunrei:20180829211802j:plain

夜のお祝いパーティーです。奥様をマリアと呼ばれる仲の良いOご夫妻。






f:id:jyunrei:20180829211906j:plain f:id:jyunrei:20180829213407j:plain

f:id:jyunrei:20180829213416j:plain

ケーキカットをして下さる枢機卿様。


大阪再宣教150周年 「聖地イスラエル・黙想と巡礼の旅」第8日

f:id:jyunrei:20180828061924j:plain f:id:jyunrei:20180828061937j:plain

幸い連句のゲスト・ハウスの朝。日の出です。ありがとう神様

ありがとう!





f:id:jyunrei:20180828083709j:plain f:id:jyunrei:20180828083643j:plain

マタイ5章1〜13 「幸いなるかな心の貧しいもの・・」

枢機卿様が分かち合いをして下さいました。






f:id:jyunrei:20180828092542j:plain f:id:jyunrei:20180828092708j:plain

f:id:jyunrei:20180828092734j:plain f:id:jyunrei:20180828093922j:plain

f:id:jyunrei:20180828094242j:plain f:id:jyunrei:20180828094527j:plain

ガリラヤ湖での船の旅体験です。ユダヤ教徒の方々がいろいろ趣向を変えて歓迎してくれるのですが・・・。





f:id:jyunrei:20180828094543j:plain f:id:jyunrei:20180828095817j:plain

f:id:jyunrei:20180828095833j:plain f:id:jyunrei:20180828100228j:plain

私たち日本の教会のキリストの代理者でいらっしゃる枢機卿様もともに歌って下さいます。





f:id:jyunrei:20180828105208j:plain f:id:jyunrei:20180828105858j:plain

f:id:jyunrei:20180828110013j:plain f:id:jyunrei:20180828110222j:plain

このイエス様時代の船が発見された時には、多くの人たちが興奮の渦に包まれた。





f:id:jyunrei:20180828115932j:plain f:id:jyunrei:20180828120149j:plain

f:id:jyunrei:20180828120707j:plain f:id:jyunrei:20180828121039j:plain

カファルナウムです。ペトロの家、シナゴーグなどのキリスト宣教の町でした。





f:id:jyunrei:20180828121352j:plain f:id:jyunrei:20180828121734j:plain

f:id:jyunrei:20180828121802j:plain f:id:jyunrei:20180828122253j:plain

f:id:jyunrei:20180828122301j:plain f:id:jyunrei:20180828122340j:plain

f:id:jyunrei:20180828123855j:plain

カファルナウムのシナゴーグです。炎天下、約38度〜40度は暑いです。





f:id:jyunrei:20180828125503j:plain

天国の鍵を持つ、最初の教皇・聖ペトロの前で、日本のキリストの代理者でいらっしゃる枢機卿さまと司祭、信徒の弟子たちです。






f:id:jyunrei:20180828141515j:plain

昼食は聖ペトロのお魚だったのですが、写真を撮る前に食べてしまいました。申し訳ありません。





f:id:jyunrei:20180828143702j:plain f:id:jyunrei:20180828143508j:plain

f:id:jyunrei:20180828144811j:plain f:id:jyunrei:20180828144902j:plain

パンと魚を増やされたタブハです。





f:id:jyunrei:20180828152432j:plain f:id:jyunrei:20180828153157j:plain

f:id:jyunrei:20180828154217j:plain f:id:jyunrei:20180828152445j:plain

「ペトロの首位権教会」です。






f:id:jyunrei:20180828154842j:plain f:id:jyunrei:20180828154926j:plain

f:id:jyunrei:20180828154939j:plain f:id:jyunrei:20180828155050j:plain

f:id:jyunrei:20180828155112j:plain f:id:jyunrei:20180828155202j:plain

f:id:jyunrei:20180828155623j:plain

「聖ペトロの首位権教会」での野外ミサです。毎日のごミサはとても荘厳で力に満ちていて、これぞミサという感激があります。







f:id:jyunrei:20180828164700j:plain f:id:jyunrei:20180828164635j:plain

f:id:jyunrei:20180828160621j:plain f:id:jyunrei:20180828155849j:plain

サック神父さまのお話です。

「日本に着いた時、一番安い学校を探しました。天理大学が一番安いとのことで何も知らずに天理大学に行きました。これからお祈りですと言われて部屋に入ると3つの鏡があって、手を叩いて、毎日朝、晩6時から8時まで祈りがあります。手を挙げて、ナムナムと。そこで、私はカトリックなので行きませんと言いました。学長に呼ばれて、学費三割、家賃無料、水、電気無料、アルバイトも紹介すると言われました。毎日2時間の10ページもの祈りの間、「主の祈り」「アベマリア」「栄唱」を唱え続けました。それで天理大学から追い出されました。ポケットには5千円しかありませんでした。天理大学を出て少し買い物をして、2000円とちょっとだけ残っていました。どうしようと思っていると、赤信号のところで自転車に乗ってベトナム語を話している男性に出会いました。その後、彼が、サックさんを1週間家に泊めて下さり、助けて下さいました。アルバイトの保証人にもなって下さいました。神様から信仰を頂きました。僕の心の中に信仰があったからこのような奇跡が起こりました。今日は聖アウグスチヌスの記念日です。母・聖モニカの祈りによって、アウグスチヌスは回心しました。信仰は、本当に素晴らしいものです。・・・。」(文責:小池俊子)






f:id:jyunrei:20180828170400j:plain f:id:jyunrei:20180828170517j:plain

f:id:jyunrei:20180828171138j:plain f:id:jyunrei:20180828171300j:plain

f:id:jyunrei:20180828171323j:plain

ペトロとアンドレヨハネヤコブなど、ガリラヤ湖畔でイエス様に呼ばれ、すぐに網を置いて従いました。





f:id:jyunrei:20180828201741j:plain f:id:jyunrei:20180828201750j:plain

f:id:jyunrei:20180828201823j:plain f:id:jyunrei:20180828201837j:plain

f:id:jyunrei:20180828201847j:plain f:id:jyunrei:20180828201900j:plain

f:id:jyunrei:20180828201912j:plain

アガペ、お食事はいつも嬉しく、賑やかです。

山上の垂訓のゲスト・ハウスのお食事は素朴で、お野菜がいっぱいの健康的、美味しいです。



f:id:jyunrei:20180828202037j:plain f:id:jyunrei:20180828202043j:plain

ガイドのSさん、ドライバーのAさん、お腹が出て来たかな。隠してもダメですね〜。