ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

中谷神父様と行く 東北巡礼3日目

次は元寺小路教会の近くにある、広瀬川殉教地です。

カルワリオ神父は、信仰を捨てるようにすすめられるがそれに応じませんでした。

1624年2月、真冬の広瀬川に裸体で水牢にいれられ、信徒を励ましながら最後に息をひきとりました。

ここには、カルワリオ神父と二人の殉教者のキリシタン殉教碑があります。

中谷神父様と行く 東北巡礼3日目

f:id:jyunrei:20180523213619j:plain f:id:jyunrei:20180523213622j:plain

午前中は、石巻にあるサン ファン館に行きました。

今から400年前、支倉常長ら慶長使節一行を乗せ太平洋を渡ったガレオン船「サン ファン バウティスタ号」の復元船が展示されています。

ミュージアムでは、慶長使節が派遣された時代と足跡の紹介や、サン ファン バウティスタの航海や支倉の旅路を再現した映像が上映されています。



f:id:jyunrei:20180523143156j:plain f:id:jyunrei:20180523214928j:plain

午後は元寺小路教会でのミサです。

中谷神父様から、本当の自分の幸せは何かを、この巡礼の旅を通して考えましょうとのお話しがありました。


中谷神父様と行く 東北巡礼2日目

f:id:jyunrei:20180522095245j:plain f:id:jyunrei:20180522100458j:plain f:id:jyunrei:20180522100645j:plain

巡礼2日目は、後藤寿庵が活躍し、多くのキリシタンがいた水沢の地に建てられた、水沢教会でのミサでした。



f:id:jyunrei:20180522105355j:plain f:id:jyunrei:20180522104205j:plain f:id:jyunrei:20180522105524j:plain

水沢教会の入り口左側には、後藤寿庵の像が建てられています。



f:id:jyunrei:20180522110642j:plain f:id:jyunrei:20180522110835j:plain f:id:jyunrei:20180522112158j:plain

水沢教会の高橋神父様が、周辺を案内してくださいました。

クルス場(旧カトリック墓地)



f:id:jyunrei:20180522141000j:plain f:id:jyunrei:20180522141302j:plain

午後からは大籠キリシタン資料館とその周辺を巡ります。

江戸時代の始め、300人を超すキリシタンが、大籠の地で殉教しました。

いかなる迫害にも屈せず、信仰の道を守り抜いた大籠の先人たちの歴史を学ぶことができました。

大籠キリシタン資料館


f:id:jyunrei:20180522235545j:plain f:id:jyunrei:20180522235549j:plain

f:id:jyunrei:20180522235554j:plain f:id:jyunrei:20180522235557j:plain

大籠の旧跡

1、地蔵の辻

打ち首、十字架にはりつけ等により、178名が殉教した



f:id:jyunrei:20180523001114j:plain f:id:jyunrei:20180523001118j:plain f:id:jyunrei:20180523001121j:plain

今日の最後は、米川教会です。

キリシタン弾圧による殉教者120名が、この山あいの里に眠っています。



f:id:jyunrei:20180523002438j:plain f:id:jyunrei:20180523002441j:plain

f:id:jyunrei:20180523002444j:plain f:id:jyunrei:20180523002451j:plain

三経塚

1720年頃、処刑された殉教者の亡骸は、経文と共に三ヶ所に埋葬され松を植えたと伝えられている。

三ヶ所の内で、残っている海無沢に登りお祈りと聖歌を歌いました。




f:id:jyunrei:20180522185707j:plain

お夕食の時間。


f:id:jyunrei:20180523003441j:plain f:id:jyunrei:20180523003445j:plain

今日はお誕生日の方がいらっしゃいます。

おめでとうございます!


中谷神父様と行く 東北巡礼1日目

f:id:jyunrei:20180521072928j:plain

朝7時36分発のはやぶさに乗り、東京駅から新青森駅へ出発です。



f:id:jyunrei:20180521151929j:plain f:id:jyunrei:20180521155422j:plain f:id:jyunrei:20180521162614j:plain

午後は、弘前教会でのミサでした。

今日5月21日(月曜日)は、教会の母 聖マリアの記念日です。

中谷神父様も、巡礼の最初のミサとしてこの記念日を祈れることは恵みと感じますとおっしゃっていました。

弘前教会には、高さ8mの祭壇があります。

オランダの聖トマス教会にあったものを、コールス神父が昭和14年に持ち帰られたもの。

1866年に完成され、ベルギーの展覧会でゴシック様式としては最優秀賞を受けた芸術作品だそうです。

とても素晴らしい祭壇で、主任司祭ミゲル神父様に説明をしていただきました。

FS Cと行く「ワトウ第13回国際グレゴリアン大会参加の旅」第11日

パリ・シャルルドゴール空港から羽田に向けて出発します。


f:id:jyunrei:20180514194056j:plain f:id:jyunrei:20180514194207j:plain

パリ空港で。これからANAに乗り込みます。

日本語を一生懸命に学んでいらっしゃる家族です。「何才ですか?」「5」というような会話が。

FS Cと行く「ワトウ第13回国際グレゴリアン大会参加の旅」第10日

f:id:jyunrei:20180513100226j:plain

今日は大会最終の荘厳ミサです。あまりにも厳粛な雰囲気のために、ミサ中の写真は撮れませんでした。

グレゴリアン聖歌を通して各自が深い祈りの体験をし、それを全世界から集まったグループと分かち合うこと。素晴らしい体験をさせていただきました。



f:id:jyunrei:20180513131303j:plain f:id:jyunrei:20180513131904j:plain

f:id:jyunrei:20180513133928j:plain f:id:jyunrei:20180513140840j:plain

f:id:jyunrei:20180513140846j:plain f:id:jyunrei:20180513140849j:plain f:id:jyunrei:20180513140842j:plain

ごミサの後、すぐにイーペルへ。この町では、3年に一度、第2日曜日に猫祭りが開催されます。

中世の街並みが残る比較的大きな町です。

先ずは、腹ごしらえです。



f:id:jyunrei:20180513154653j:plain f:id:jyunrei:20180513154813j:plain f:id:jyunrei:20180513155717j:plain

f:id:jyunrei:20180513160646j:plain f:id:jyunrei:20180513161905j:plain f:id:jyunrei:20180513163546j:plain

本当の猫はいないのですが、人が様々な猫に扮して大騒ぎ。私たちの席はベルナールが予約してくれたとても良い席でした。

けれども、寒いのと、ワトウでの次のプログラムへの参加のために、私たちは早々に引き上げました。



f:id:jyunrei:20180513145436j:plain f:id:jyunrei:20180513145457j:plain

f:id:jyunrei:20180513153713j:plain f:id:jyunrei:20180513154548j:plain

子供達は大喜び。子供とともに大人もはしゃいでいます。日本人が多いのには本当にびっくりしました。




f:id:jyunrei:20180513190856j:plain

晩課が終わり、大会終了のレセプションが教会のホールで行われました。

先生、本当にお疲れ様でした。先生の献身的な努力が大きな実りをもたらしています。

グレゴリアン聖歌に対する情熱、温かいお人柄、一人一人を大切になさる愛。そこに皆様が惹きつけられて、ついていくのです。

根底にあるのはキリストへの、マリアへの愛と献身なのでしょう。

3年後の大会に向けて、さあ出発。