ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

大阪再宣教150周年 「聖地イスラエル・黙想と巡礼の旅」第7日

f:id:jyunrei:20180827091955j:plain f:id:jyunrei:20180827092251j:plain

f:id:jyunrei:20180827103151j:plain f:id:jyunrei:20180827101025j:plain

ケーブルカーでマサダまで来ました。ヘロデ王最後の要塞です。






f:id:jyunrei:20180827101305j:plain f:id:jyunrei:20180827102050j:plain

f:id:jyunrei:20180827102252j:plain f:id:jyunrei:20180827102406j:plain

このような砂漠の丘の上で、貯水はどうだったのか?食料は?いろいろな疑問が湧いてきます。





f:id:jyunrei:20180827122256j:plain f:id:jyunrei:20180827122922j:plain

f:id:jyunrei:20180827123257j:plain f:id:jyunrei:20180827123624j:plain

次の訪問は、和田幹男神父様専門のクムランです。著書「死海文書」の中に詳しく書かれています。






f:id:jyunrei:20180827142907j:plain f:id:jyunrei:20180827144156j:plain

f:id:jyunrei:20180827144307j:plain f:id:jyunrei:20180827145111j:plain

f:id:jyunrei:20180827144843j:plain f:id:jyunrei:20180827144400j:plain

エスの洗礼はヨルダン川で行われました。

必要がないのに、私たちに模範を示されるため、洗者聖ヨハネから洗礼を受けられたイエス様。天から「これは私の愛する子、これに聞け」との天の父の声がしました。

和田神父様が各訪問地で、黙想への導入をして下さいます。





f:id:jyunrei:20180827144837j:plain

ヨルダン川のほとり。対岸はヨルダンです。イスラエルの女性の兵隊さんが、車椅子の方を手伝っていました。平和な心温まる光景です。





f:id:jyunrei:20180827151155j:plain f:id:jyunrei:20180827155826j:plain

f:id:jyunrei:20180827160701j:plain f:id:jyunrei:20180827161517j:plain

f:id:jyunrei:20180827162659j:plain f:id:jyunrei:20180827162240j:plain

f:id:jyunrei:20180827155802j:plain

エリコでの昼食の後、ガリラヤに向かいます。

ハプニングです。突然バスが止まってしまいました。ドライバーのAさん、大パニックです。

でも、外の方が涼しいので、この時間を利用して自己紹介です。もっとお互いに知り合い、霊的家族の絆が強くなったようです。







f:id:jyunrei:20180827192117j:plain f:id:jyunrei:20180827192708j:plain

f:id:jyunrei:20180827194249j:plain f:id:jyunrei:20180827194929j:plain

幸い連句のゲスト・ハウスに到着したのは、夜8時頃でした。すぐに今日のごミサです。聖モニカの記念日のごミサで主司式は和田幹男神父様。

「聖アウグスチヌスは、私の心は、主のうちに憩うまで安らぎを得ない」とおっしゃっています。アウグスチヌスは迷いの人生を送っていました。母モニカは涙の祈りを持って息子アウグスチヌスの回心のために祈りました。モニカは、ミラノの大聖堂に毎日通い、涙を流しながら息子アウグスチヌスの回心のために祈りました。そしてアウグスチヌスは母モニカの祈りと、ミラノの大司教アンブロジーオのお説教により回心しました。主よあなたのうちに憩いましたと言える日が来たのです。明日がアウグスチヌスの記念日です。先輩に聖ヒエロニムスがいます。・・・

現代の社会にいかに福音宣教をするか?神の御言葉は、本来宣教すべきものです。」