ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

FSCと行く「ワトウ第13回国際グレゴリアン大会参加の旅」第8日

f:id:jyunrei:20180511094840j:plain f:id:jyunrei:20180511094704j:plain f:id:jyunrei:20180511094628j:plain

f:id:jyunrei:20180511094542j:plain f:id:jyunrei:20180511094445j:plain

ワトウで私たちが宿泊しているホテルはこんな牧草地が広がる場所にあります。



f:id:jyunrei:20180511101828j:plain f:id:jyunrei:20180511101849j:plain

この大会を40年近くオーガナイズなさっていらっしゃるベルナールと先生の打ち合わせ風景です。  


f:id:jyunrei:20180511100843j:plain f:id:jyunrei:20180511101803j:plain

ワトウの聖バーブ教会です。

今日も晴天!ありがたいとことです。


f:id:jyunrei:20180511102720j:plain f:id:jyunrei:20180511112555j:plain f:id:jyunrei:20180511105744j:plain

今日のごミサでは、キリアーレとイントロイトがFSCの担当です。




f:id:jyunrei:20180511112533j:plain f:id:jyunrei:20180511115819j:plain f:id:jyunrei:20180511120331j:plain

ごミサの中でいろいろなグループが歌います。



f:id:jyunrei:20180511144233j:plain f:id:jyunrei:20180511144209j:plain f:id:jyunrei:20180511153745j:plain

ガック神父様が身を乗り出して聴いていらっしゃいます。マダムとFSCへの愛いっぱいの神父様です。


f:id:jyunrei:20180511121712j:plain f:id:jyunrei:20180511140311j:plain

f:id:jyunrei:20180511140749j:plain f:id:jyunrei:20180511140702j:plain

ガック神父様は午後のFSCの発表を楽しみにしていらっしゃいます。



f:id:jyunrei:20180511140806j:plain f:id:jyunrei:20180511143705j:plain

f:id:jyunrei:20180511143915j:plain f:id:jyunrei:20180511144124j:plain f:id:jyunrei:20180511143730j:plain

いよいよ本番です。緊張感がこちらにも伝わってきますが、これが最後のコンサートです。

最後の拍手は他のどの組みよりも大きく聞こえました。



f:id:jyunrei:20180511145941j:plain f:id:jyunrei:20180511151507j:plain

f:id:jyunrei:20180511151511j:plain f:id:jyunrei:20180511153746j:plain

FSCの後には、ベルギー、ポーランド、コロンビアが続きました。でも、FS Cが一番。



f:id:jyunrei:20180511160342j:plain f:id:jyunrei:20180511161038j:plain

明日お帰りになるガック神父様と。また、教会にたなびく日本の国旗の前で。


f:id:jyunrei:20180511164715j:plain f:id:jyunrei:20180511164718j:plain f:id:jyunrei:20180511164817j:plain

初めての休憩です。ずっと走り続けて、大役を済ませてホッとなさる皆様です。

美味しい、美味しいアイス・クリームです。


f:id:jyunrei:20180511181151j:plain f:id:jyunrei:20180511181551j:plain f:id:jyunrei:20180511181547j:plain

後ろの列でお食事をお皿に入れてもらいます。少しづつでも、沢山の種類の温野菜、サラダ、そしてお肉やお魚がずらりと並んでいます。

少しづつでも10種類ほど頂くと、お皿には山のような食べ物が。

ひゃー、と言いながら。でも平らげてしまいます。

ビールもワインも飲み放題です。


f:id:jyunrei:20180511192419j:plain f:id:jyunrei:20180511195031j:plain f:id:jyunrei:20180511195232j:plain

夜のコンサート会場は、バスで、ワトウから10分位の所にあるハーリンゲの教会です。

小さな会場なので隅から隅までいっぱいです。



最初はスペインの「スコラ・アンティクア」

バイブオルガン奏者が鏡に映って、観客に見えるようになっています。



トイレに出ている間、かの有名な、エストニアのボックス・クラマンティスがリラックスして出番を待っていらっしゃいました。




ボックス・クラマンティスはさすがです。今大会も実力ナンバーワンでしょうか?



ホテルに戻って、全員揃っての最後の夜、慰労会と感謝のつどいです。先生を中心にお一人一人が、この旅の感想を話して下さいました。

この旅でしか味わえない人との関わり、ガック神父様、神父様の共同体、ホーム・ステイ、ワトウでの皆様の親切な歓待など。また、神に向かって行くグレゴリアン聖歌へのより深い理解、グレゴリアンを通しての国際的な交流など。沢山感じ、学ぶことができました。

 感想を話しながら、感動の涙で途切れてしまう方々も。

良かった。本当に良い旅でした。皆さま、先生への、そして仲間への、出会った全ての方々への感謝の気持ちが溢れています。