読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

川村信三神父様と『キリシタンベルトを祈りながら』の巡礼の旅 第5日目 9月12日(金)


今日はいよいよ最終日。長崎から外海を通り北上し西海市中浦へ。海を見ながらのドライブ。フランス国旗の三色の橋を渡ります。


天正遣欧使節のジュリアン中浦の故郷。後に神父となり、隠れながら各地を回り信者の世話に明け暮れた。ヨーロッパと日本、神と人との懸け橋になった司祭は西坂の丘で殉教。最期の言葉は「この大きな苦しみを神への愛のために」。
記念公園には、ローマを指さすジュリアン像が立つ。
「いつも目立たないけれどその人が居ないと困る、そんな課長さんのような人」と神父様からのお話。

散歩に来ていたカニの家族に会い、カメラ目線でピース。



同じ道を南下して外海へ。遠藤周作記念館を見学。


外海の海を眺めながらバイキングの昼食の後、道の駅で買い物。「教会へ花束を買って行きましょう!」と男性Kさんの優しい気遣い。
明治時代の宣教師ド・ロ神父が建てた出津教会へ。
台風にも耐える丈夫で美しい教会を建てるため、自分で設計から材木選びまでしたという。激しい風が吹く外海では、屋根を低く押さえている。視線を祭壇に集中させる重厚な雰囲気。


ド・ロ神父記念館には、愛用したオルガンやキリシタン暦などが展示してある。


外海の海を見渡す『沈黙の碑』
「人間がこんなに哀しいのに主よ海があまりに碧いのです」遠藤周作


巡礼の最後に、黒崎教会でごミサ。「私たちが共に巡礼して歩いて来たのは偶然でしょうか?必然でしょうか?私たちは運命共同体。実は全ての出来事に意味がある。ひとつひとつに何か意味がある。辛い悲しい体験かもしれないが、必ず、み旨、ハッピーエンドの旅を歩いている。何か糧に結び付いている。今日最後のミサは、感謝のミサにしましょう。」と神父様からのお話。


別府から参加のシスターはここで離団。バスで長崎駅へ向かい、さらに別府へ3時間半とのこと。バス停で皆でお見送り。きっと子供達が首を長くして帰りを待っていますね。
さあ、私たちも長崎空港へ向かいましょう。


こうして五日間の「川村神父様と行くキリシタンベルトを祈りながら」の巡礼の旅が無事に終わりました。
皆様それぞれの想いを胸に抱いて家路につきました。