ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

井上神父様と行く「広島・山口・萩・津和野巡礼の旅」第四日目

鯉が多い津和野の町。
 そしてそこには多くの殉教者もいて、私達に信仰を生きるお手本を示して下さる。
  
  


ブラザーは朝早く乙女峠にいらして、昨日の風雨で荒らされた道やマリア堂の周囲のお掃除をして下さった。
ここ乙女峠での殉教について話しながらブラザーの目には涙が溢れた。
  
  


乙女峠」に登り始めました。入口には落葉をお掃除して下さっている信徒の方々もいらっしゃり、目に見えない御方に奉仕する方々に信仰の素晴らしさを感じさせて頂きました。
  


三尺牢で苦しむ信徒のもとに聖母が慰め、励ましにいらして下さった。
  
  


紅葉真っ盛りの乙女峠です。
  


「十字架の道行」。皆様真面目に、ここでキリストの御苦しみを耐え抜き命を捧げられた聖人を想いながら祈られました。
  


「十字架の道行」が終わった所に、乙女峠で殉教された36名の「千人塚」があり、彼等の名前が記されている。
  


車内では元気に歌いながら空港に向かいます。昨日の大雨があったから今日の晴天が本当に嬉しかった。
すべてが神様の御手の中にあり、素晴らしい仲間、各教会での感動と喜びいっぱいの出会い、すべてが素晴らしかったです。「ありがとう神様、ありがとう。」そして、神父様、皆様ありがとう。

井上神父様と行く「広島・山口・萩・津和野巡礼の旅」第三日目

萩教会でごミサが捧げられた。井上神父様は奇跡の二つの条件:?本人の信仰の度合いと?人々を神に向ける奇跡、について話して下さった。イエスは悩み苦しむものの味方である。
萩教会の恩地神父様は萩での3種類の殉教について話された。
1.熊谷元直と盲人ダミアンの殉教
2.サビエルから洗礼を受け、至福の里に潜伏し ていた多くの山口のキ リシタンの殉教
3.浦上からの信徒の殉教
  
  


熊谷元直は切腹を命ぜられたが自殺を拒否し、ロザリオと縄を手に殉教された。
これは萩の信徒の作品である。


とても優しいドライバーさんと有能な、グループにドッブリ溶けこんでいるガイドさん。
  


台風のような雨風の中、頑張って「松蔭神社」、「武家屋敷」、「伊藤博文の家」、窯元などをガイドさんに案内して頂いた。
  


強い雨風で傘を数本壊しながら「殉教記念公園」にやってきました。
ここには一時バラバラに分けられた聖遺骨がこの殉教記念公園・一箇所に集めらるた。
  


萩焼きの窯元さんの見学です。
  


日本文化に触れ、その奥深さ、繊細さ、美しさに感動しました。
  


日本庭園や掛け軸、それらの前ではおごそかな気持ちになる。
  


夕食には津和野教会の神父様とブラザーがいらして下さり、楽しかった、美味しかった。神様に感謝。
  


皆様とてもなごやかで自由です。
  

井上神父様と行く「広島・山口・萩・津和野巡礼の旅」第二日目

カンガス神父様はバスの所までお見送りに出て下さいました。加藤神父様、カンガス神父様、細やかなお心づかい本当にありがとうございます。


カルメル会のシスター方は祈りと沈黙のうちの働きによって、私達のため縁の下の霊的力持ちとして、生涯を捧げていらっしゃっいます。


瑠璃光寺ではガイドさんから雪舟についての感動的なお話しを聞いた。
 雨の庭を散策しながら日本で異文化と葛藤しながらも真剣に、適応策を考え、日本人の救霊を考えて下さったサビエルに思いを馳せた。


雨に霞む五重の塔も鯉も、そして紅葉の中、傘をさして何かを想う皆様もとても美しい。


約1km続く秋芳洞の中には数十万年かけて作られ黄金柱、岩窟王、百枚皿、大黒柱などがある。





夕食の写真は添乗員がちょっと飲んでしまい一枚もありません。すみません。
こちらは食後に寛いでいる皆様です。

井上神父様と行く「広島・山口・萩・津和野巡礼の旅」第一日目

行ってきます。


広島祇園教会です。カトレット神父様がニコニコ顔でお迎えくださいました。
  


広島カテドラル・「世界平和記念聖堂」では井上神父様と長い間会っていらっしゃらなかった友・長谷川神父様との摂理的な出会いがありました。
横浜カトリック校の生徒さんが修学旅行に来ていました。



  


平和記念聖堂のクリプタのご聖体の灯は平和記念公園から持って来られたと神父様が説明して下さった。
  


ボランティアのKさんが、宗派を越えて平和を希求する誰もが入れるように松竹梅の飾りを取り入れた建物の説明をして下さり、また、この高い鐘楼の上までご案内下さった。
  


原爆記念公園には「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから。」と書かれていた。
前教皇ヨハネ・パウロ二世は「戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。」とおっしゃっていらっしゃいます。




夕食にはカンガス神父様と加藤神父様をお迎えして楽しく、有益なお食事会でした。