ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

青木先生と行く長崎、五島の旅1日目

f:id:jyunrei:20181006153150j:plain f:id:jyunrei:20181006153213j:plain

九州に台風が接近のため、長崎便は欠航。

福岡着の飛行機に変更し、条件付きで離陸しました。

皆様のお祈りの力で、無事福岡に到着、長崎大浦天主堂にバスで向かいました。

 

 

 

f:id:jyunrei:20181006173155j:plain f:id:jyunrei:20181006173350j:plain

f:id:jyunrei:20181006181849j:plain f:id:jyunrei:20181006173230j:plain

 

 

f:id:jyunrei:20181006173146j:plain f:id:jyunrei:20181006195928j:plain f:id:jyunrei:20181006173909j:plain

1日目のミニコンサートは、中町教会で行いました。

橋本神父様にミニコンサートのお知らせをしていただいたおかげで、ごミサの後たくさんの方々が集まり、今回の合唱団の歌を楽しみにしているようでした。

青木先生の魅力的なカウンターテナー、合唱団の素敵な歌声に、聴いている方々全員引き込まれてしまいました!

歌声だけでなく、合唱団の皆様の表情がとても素敵で幸せな気持ちになりました。

小西神父様と行く「五島・長崎巡礼の旅」第4日

f:id:jyunrei:20180912124405j:plain

f:id:jyunrei:20180912144058j:plain f:id:jyunrei:20180912144100j:plain

長崎でのお食事です。美味しかった!

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180912153538j:plain

大浦天主堂の信徒発見の碑の前で。世界のカトリック教会の奇跡・250年もの間、司祭無しに信仰を守り続けた信徒達の発見は、ここ、「大浦天主堂」での出来事でした。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180912154042j:plain

今回の巡礼で最後の訪問地・「西坂の丘」です。日本26聖殉教者を皮切りに、多くのキリシタンがこの場で信仰のために殉教していきました。

小西神父様と行く「五島・長崎巡礼の旅」第3日

f:id:jyunrei:20180911162629j:plain

頭が島教会です。皆さま楽しそうですね。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180912085041j:plain

ここは、ガイドの小田さんの愛する「中の浦教会」です。

 

 

 

f:id:jyunrei:20180912085404j:plain

「大曽教会」です。こんなに晴れています。階段を上ってきたすぐ前にイエスさまが腕を広げて、「重荷を負うものは私についてきなさい」と待っていて下さいます。

 

 

 

小西神父様と行く「五島・長崎巡礼の旅」第2日

f:id:jyunrei:20180910091111j:plain f:id:jyunrei:20180910092019j:plain

f:id:jyunrei:20180910092118j:plain f:id:jyunrei:20180910093931j:plain

久賀島は五島のどの辺にある島なのです、と、船長・ガイドの木口さんが丁寧に説明して下さいます。

浜脇教会は信徒の汗の結晶です。地元の木口さんのお話には、説得力があります。

 

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180910095048j:plain f:id:jyunrei:20180910095528j:plain

f:id:jyunrei:20180910095653j:plain f:id:jyunrei:20180910100004j:plain

f:id:jyunrei:20180910100229j:plain f:id:jyunrei:20180910100422j:plain

五島で迫害が一番厳しかった久賀島の「牢屋の窄殉教者記念聖堂」です。

8歳の子供が、この辛い、ひもじい牢屋の中で、「イエス様の5つの傷について祈らなければならない」と言って亡くなってあます。うじにお腹をかみさかれて亡くなった方とか、信仰を捨てないがために味わった十字架の痛み。

何よりもキリストを選ぶとの、高貴な生き方が、社会から隠れたこの地で生きられていた。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180910100936j:plain f:id:jyunrei:20180910100939j:plain

f:id:jyunrei:20180910101633j:plain

下のベージュ色の絨毯が畳12畳の大きさです。殉教者のたから、信仰の力、神様への強い委託のこころを学びたい。

牢屋の上には監視塔があって24時間監視された。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180910105536j:plain f:id:jyunrei:20180910103344j:plain

木口汽船のソレイユから、黄色の奈留海上タクシーに乗り換えます。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180910110518j:plain f:id:jyunrei:20180910110655j:plain

f:id:jyunrei:20180910110702j:plain f:id:jyunrei:20180910110804j:plain

世界遺産となった「旧五輪教会」です。ヨーロッパの建築様式を日本の木を使い、折り曲げてリプボールト天井を作る技術は、日本だけのもの。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180910111437j:plain f:id:jyunrei:20180910110805j:plain

f:id:jyunrei:20180910111721j:plain

こんなに素晴らしい天気になりました。空色の船がソレイユ、後ろの黄色が奈留海上タクシーです。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180910112650j:plain f:id:jyunrei:20180910112656j:plain

f:id:jyunrei:20180910115056j:plain

船に乗り換え、奈留島へ。昼食はお刺身定食です。美味しい!

 

 

 

f:id:jyunrei:20180910124620j:plain f:id:jyunrei:20180910133349j:plain

f:id:jyunrei:20180910124653j:plain

世界遺産となった「江上教会です。生憎、休館日のためにあまり中を見ることはできませんでした。

 

 

 

f:id:jyunrei:20180910132539j:plain f:id:jyunrei:20180910142353j:plain

f:id:jyunrei:20180910142957j:plain

「奈留教会」でご聖体訪問をさせて頂き、再び海上タクシーに乗り込みます。

この岩の裂け目は、聖母マリア像。似てますか?

そして「キリスタン洞窟」です。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20180910150755j:plain f:id:jyunrei:20180910150805j:plain

f:id:jyunrei:20180910152213j:plain

「土井の浦教会」でのごミサでした。

「昨日、生活の質について話しました。久賀島の殉教者たちは、牢屋の中に入れられた時、どのようにキリスト者としての質を高めていったのか。劣悪な環境の中でも、キリスト者としての生き方の質をたかめようとしました。祈り、お互いにはげましあって。そこに至るまで、何でこんな目にあうのかと思うこともあったかもしれません。解放された後も、モヤモヤしたものを持っていたのではないでしょうか。つい最近まで、石を投げられたりしていた。全てが神の思し召しといえる道のりがあった。イエス様の5つの傷について考えなければならないと言った子供。貧しい、教育のない人々が牢屋でイエス様の十字架の苦しみと1つになりたいと願いながら。私たちの日常の生活にも、このようなことが、もっと小さな形で、苦しみとか、辛さとか、寂しさとかとして日常に出てきます。キリストが腕を広げて十字架につけられた姿、この十字架と1つになりたいとの気持ち、これが私たちの信仰の姿です。これを見つめるなら、私たちの信仰の姿、生活の質も変わってくるのでは。今日は日本の205殉教者の記念日ですが、華々しい殉教に目がいってしまうが、そこに至る道を思いながら、自分の信仰生活の質を振り返ってみましょう。」(文責:小池俊子)

 

五島列島・長崎巡礼の旅 第3日

f:id:jyunrei:20151031083859j:plain f:id:jyunrei:20151031083902j:plain f:id:jyunrei:20151031083905j:plain f:id:jyunrei:20151031083908j:plain

上五島での二日目です。出発の車中で、神父様は、聖書を朗読し朝の祈りを指導して下さいました。

 

車窓から民家のような「大浦教会」を見ながら、我らがガイド・小田カラスがこよなく愛する「中の浦教会」へ。自分の教会を愛する気持ちが、その言葉の端々からわかります。

f:id:jyunrei:20151031085212j:plain f:id:jyunrei:20151031085215j:plain f:id:jyunrei:20151031085218j:plain f:id:jyunrei:20151031085221j:plain f:id:jyunrei:20151031085224j:plain f:id:jyunrei:20151031085227j:plain

大曽教会に辿り着くには、80段の階段があります。神父様は、教皇フランシスコが書かれた洗礼の秘跡について読んで下さいました。

 

次は、聖家族に奉献されている「鯛の浦教会」です。立派なルルドがあり、その入口には信仰の先達者の像が。彼らのいきざまが、過去のことではなく、現在の信徒の心に生き続けられていることが痛感せれます。

f:id:jyunrei:20151031114500j:plain f:id:jyunrei:20151031114503j:plain f:id:jyunrei:20151031114506j:plain f:id:jyunrei:20151031114508j:plain

「頭が島教会」では、月に2回ごミサがあります。私たちの巡礼グループはいつも、ごミサをここで捧げて頂きます。教会を大切に守っていらっしゃる数名の信者さんにお目にかかるのが、とても嬉しいことです。

 

「今日の福音では、イエスのユダヤ人に対する嘆きが書かれています。旧約を通して示された神は、ユダヤ人を救いに招きキリストを送りました。しかし、彼らは心を閉ざし、神の子を殺してしまいます。この罪はユダヤ人だけの罪ではなく、人間の、私の罪です。無償で与えられた恵みにどのように答えていきますか?その恵みに生かされ、喜びのうちに生きることが課されています。イエスの嘆きだけを見つめて生きることはできません。嘆きの中にいても希望を持つこと。私たちの現実が惨めでも、イエスの恵みは、それをおおってくれます。自分の小ささを知ることは大切なことです。しかし、それを越える神の偉大さに気づくこと。私と神との個人的な向き合いを通して、対人関係を通して、自分の時間を与えることによって神の愛を知ることに、一番価値があります。神の愛は人に喜びを与え、その喜びは人から人へ伝わっていきます。この喜びを頂けるように、ごミサの中で願いましょう。」

f:id:jyunrei:20151031114841j:plain f:id:jyunrei:20151031114844j:plain f:id:jyunrei:20151031114847j:plain

昼食は五島うどんの地獄炊きです。お代わりなさったテーブルもありましたよ。

f:id:jyunrei:20151031121213j:plain f:id:jyunrei:20151031121216j:plain f:id:jyunrei:20151031121219j:plain f:id:jyunrei:20151031121222j:plain f:id:jyunrei:20151031121225j:plain f:id:jyunrei:20151031121228j:plain

昼食の後に訪問した教会は、四ヶ所でした。鉄川与助最初の作品・「冷水教会」、立派なステンドグラスの「仲知教会」、7年前に火事にあった「江袋教会」です。

f:id:jyunrei:20151031122417j:plain f:id:jyunrei:20151031122420j:plain f:id:jyunrei:20151031122422j:plain f:id:jyunrei:20151031122427j:plain f:id:jyunrei:20151031122430j:plain f:id:jyunrei:20151031122433j:plain

「江袋教会」では燃えなかった木材・柱や床板などはきれいに再生されています。

最後の訪問は、「青砂が浦教会」です。皆さま、もうどこを訪問したかごちゃごちゃ〓本当に沢山の教会です

f:id:jyunrei:20151031123038j:plain f:id:jyunrei:20151031123041j:plain f:id:jyunrei:20151031123044j:plain f:id:jyunrei:20151031123047j:plain f:id:jyunrei:20151031123050j:plain

豪華な夕食に「アオーザーマニ旨かっちょー」です。伊勢海老のお刺身、鯛めしなど贅沢ですね〜。

「山下神父様と行く 五島列島・長崎巡礼の旅」第2日目

f:id:jyunrei:20151028140111j:plain

早朝ミサに与られた熱心党の皆さまです。

f:id:jyunrei:20151028153632j:plain f:id:jyunrei:20151028153635j:plain f:id:jyunrei:20151028153639j:plain f:id:jyunrei:20151028153642j:plain

久賀島の「浜脇教会」と「牢屋の窄記念聖堂」へ。信仰のために命を捧げた高貴な方々。痛めつけられても、罵倒されてもキリストを否まなかった人々。小さな子供でも死ぬまで我慢した信仰。今、生きる我々の信仰は?

f:id:jyunrei:20151028163033j:plain f:id:jyunrei:20151028163037j:plain f:id:jyunrei:20151028163040j:plain f:id:jyunrei:20151028163043j:plain f:id:jyunrei:20151028163046j:plain f:id:jyunrei:20151028163050j:plain

「五輪教会」から「キリシタン洞窟」へ。世界遺産暫定リストに入っている「旧五輪教会」には教会守りがいらっしゃいました。

 

すごいことに、キリシタン洞窟の上にまで、皆さまが行くことができました。素晴らしい天気に恵まれました。

f:id:jyunrei:20151029092113j:plain f:id:jyunrei:20151029092117j:plain f:id:jyunrei:20151029092121j:plain f:id:jyunrei:20151029092124j:plain

昼食をえびやさんで頂き、最初に訪問したのは「土井の浦」教会です。

f:id:jyunrei:20151029095147j:plain f:id:jyunrei:20151029095150j:plain

若松大橋でちょっと。

f:id:jyunrei:20151029110739j:plain f:id:jyunrei:20151029110743j:plain f:id:jyunrei:20151029110746j:plain f:id:jyunrei:20151029110749j:plain f:id:jyunrei:20151029110752j:plain f:id:jyunrei:20151029110756j:plain

今日は、聖シモン、聖ユダ使徒の祝日。「福見教会」でのごミサでした。

「二人とも目立たない聖人で、ルカ福音書だけにでてきます。イエスは使徒を選ばれるため、前の晩、一晩中祈られました。12使徒の上に教会を建てる。その前に世を徹して祈られました。何を祈られたのでしょうか?選ばれた人たちは、特別に秀でた人ではありませんでした。神の神秘です。何故私たちが洗礼を受けたのかも分かりません。永遠の昔から神が選んで下さいました。12人の使徒の中に裏切る者もいました。地球には悪があります。周りの人の中にも罪や悪が支配しています。それは、私たちの心のなかにあります。良くないものが心の中にあります。けれども悪だけに目を止めるなら希望は萎えてしまいます。この弱さが神の摂理の中に入っているとしたら、私たちには希望があります。イエスを探し求め触れてもらおうとする。わたしたちはどれだけ真剣に神を求めているでしょうか?神を探し求める恵みをごミサの中で願いましょう。」

f:id:jyunrei:20151029114635j:plain f:id:jyunrei:20151029114638j:plain f:id:jyunrei:20151029114642j:plain f:id:jyunrei:20151029114645j:plain f:id:jyunrei:20151029114649j:plain f:id:jyunrei:20151029114653j:plain

「浜串教会」を越えて港の「希望の聖母」像の所へ。自然に「アベ〜アベ〜、アベマリア」の歌が。

 

10月、ロザリオの月。マリアさまの前には沢山のお花が飾られ、子供たちの出欠表も目に止まります。

f:id:jyunrei:20151029153132j:plain f:id:jyunrei:20151029153134j:plain f:id:jyunrei:20151029153138j:plain

今日最後の訪問は、「桐教会」です。靴をはいて入れる数少ない教会の一つです。外には信仰を命懸けで生きたガスパル与作とその父・パウロ善七と、ミカエル清川沢次郎の信仰顕彰碑があり、ガスパル与作はプチジャン神父に会えた「大浦天主堂」の方角を指差しています。

「山下神父様と行く 五島列島・長崎巡礼の旅」第1日目

f:id:jyunrei:20151027153232j:plain f:id:jyunrei:20151027153236j:plain f:id:jyunrei:20151027153239j:plain f:id:jyunrei:20151027153242j:plain f:id:jyunrei:20151027153244j:plain f:id:jyunrei:20151027153245j:plain f:id:jyunrei:20151027153246j:plain

早朝から飛行機と、フェリーに乗って、海外・福江島に到着しました。遠いですよ。

 

車内では、ガイドさんの説明を子守唄に、皆さま、こっくり、こっくり。さすがに、教会訪問時にはパッチリ。堂崎教会ヨハネ五島のまえで、殉教について想いを馳せ、水の浦教会でご聖体訪問です。聖公会のグループと一緒にお祈りをしました。十字架の道行きもすばらしいです。

f:id:jyunrei:20151028072753j:plain f:id:jyunrei:20151028072756j:plain f:id:jyunrei:20151028072759j:plain f:id:jyunrei:20151028072802j:plain f:id:jyunrei:20151028072806j:plain

巡礼最初のごミサは、「井持浦教会」で捧げられました。

 

「・・・イエスは、植物の話をよくなさいます。当時の人の感性のほうが今の私たちの感性よりずっと豊かですから、イメージが湧きやすいお話しをなさいました。種まきがいて苗になり成長していくプロセスを誰がなさっているかよく見るようにしましょう。人間がどの程度関わっているか。人間の努力の部分も大事ですが、そのプロセスのほとんどを神がなさって下さいます。・・・自分の思いを実現したいとの思いはありますが、神の御旨を見極める必要があります。・・・雑草を見ると何もしなくても実りがあります。神が初め、神が実らせて下さる。私たちの努力はここに添うものです。叙階式の時に、「あなたのうちで良い業を始められた神が、それを完成して下さるように」との言葉があります。」

f:id:jyunrei:20151028073537j:plain f:id:jyunrei:20151028073540j:plain

初日、最後には大瀬崎灯台です。福江到着時からどしゃ降りだった空も晴れてきました。夕陽で黄金色にそまった雲も美しい!神の業を賛美しました。