ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

江戸殉教者のキリシタン史跡を巡る1日巡礼

最高の秋晴れの中、江戸で殉教したキリシタン史跡を巡る一日巡礼が行われました。沢山の方々が参加され、日本キリシタン史の専門家である五野井先生の解説に真剣に耳を傾けます。


浅草教会の主任司祭、西川神父様に浅草教会の歴史や浅草で起きた殉教のお話を伺いました。

その後、団長の神父様方にごミサを捧げていただきました。

厳しい迫害にあってもキリストの愛を伝え続けた外国人の神父様たち、拷問を受けても進んで信仰のために命を捧げた信徒たちの信仰に触れました。

同じ信仰を持った私たちもこの機会に、神父様のお説教にあった「目に見えない私たちの中に共にいて下さる神様」を今一度味わいます。


札の辻の刑場跡を訪れました。品川宿が近くにあり人の行ききが多いこの高台で見せしめのために、原主水をはじめとしたキリストたちが火刑に処せられました。


ご友人で巡礼に参加されました。ご熱心にお話を聞いていらっしゃいました。


最後の訪問地は、高輪教会です。
地下に展示されている江戸の大殉教絵や禁教の高札、踏み絵などを見学しました。

この一日巡礼を通して、江戸での殉教や日本のキリシタン史を知るきっかけになって下されば嬉しいです。

最後までお天気に恵まれた穏やかな巡礼でした。どうもありがとうございました。


江戸殉教者史跡一日巡礼

3月6日(土)小雨降りしきる中、江戸殉教者の史跡巡りがスタートしました。

キリスト史の専門家でいらっしゃいます五野井先生の解説により、江戸で起こった殉教の跡地を巡りました。

日頃何気なく通り過ぎている場所で、信仰を守るために殉教された人々の思いを感じながら歩きます。


参加した方の中には、巡礼という目的の他にも様々な繋がりを発見し、嬉しい出会いもありました。


昼食の後は浅草教会にて、五野井先生から日本のカトリック史についての講座をしていただきました。先生の知識の豊富さと熱意を感じます。



高輪教会では教会の係りの方から江戸の大殉教についての説明を受け、江戸殉教者を讃える祈りを皆で唱えました。

小伝馬町の牢屋から札の辻の刑場まで連れてこられ火刑になった殉教者たちの様子を表した江戸大殉教図を見て、当時の悲惨さを感じました。

命と引き換えに信仰を守り抜いた先人の思いを、私たちも引き継ぎ次の世代に繋げていくことができますように。


本日の最終目的地、札の辻の刑場跡に向かいました。
オフィスビルの裏にひっそりと碑が佇んでいます。ここで殉教を遂げた人々がいたことを、今は感じられないほど、現代的な場所になっています。



最後まで熱心に解説して下さった五野井先生、どうも有難うございました。

東京駅まで向かうバスの中、大学グリー時代からの美声を披露して下さいました。先生の「長崎の鐘」、また聞かせて下さいね!