ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

「ダ・ヴィンチ コード」その3

シリーズ完結編

スタッフによる雑感第三弾です。
第一弾はこちら
第二弾はこちら

  • 早くもブームは去れり・・・

週末に「ダ・ヴィンチ コード」を観て来た。吹き替え版だったせいもあるかもしれないが、もうすいていて、ブームは去ったことを実感。
評判どおり、たしかに原作を読んだ身としては物足りなさも残る内容だったが、あれだけのボリュームをよく2時間半に、ほぼ原作に沿ってまとめたことには、さすがだな、と思わされた1人だ。

今回、「ステラ社員のダ・ヴィンチ コード」と名づけて会社のブログという場で意見を出してきたことは、ステラにとっても、私にとっても、少し冒険だった。でも、ぜひその冒険をしてみたかったのである。
もともと巡礼旅行の様子を家族に知らせるためにはじめたブログ、その中で、世の中のブームにのって、多少踊らされながら、「ステラスタッフなりの意見」を出すことに、果たして意味はあるのか・・・賛否両論、最初はどちらかというと社内では否定的だった。


ブログに出そうと言い出した責任上、最後は私が何かしらの言葉で締めなければならないらしい。他のスタッフの、カトリックの信仰に根ざした重みのある意見にくらべ、うすっぺらい、軽い文章になることをどうかお許し願いたい。

  • 教会から離れていた自分

唐突だが、私は幼児洗礼だ。小学校の頃は毎週日曜学校やミサに家族とともに行っていたが、その後、足が遠退いていた。ひどい頃は、年一回、クリスマスのときだけミサにいくような信者だった。
年頃の反発もあったのかもしれないが、カトリックの学校に通いながらも、教会から心も体もはなれていた時期があった。
今ではごく自然に日曜日はミサ、という生活になったが、そのきっかけは、海外生活をした際、現地の日本人カトリック会にかかわるようになり、教会の仲間の存在と、自分たちの生活の距離が近かったことが大きかったのではないかとおもう。そのチャンスにめぐりあわなかったら、今頃どうなっていただろう、と思うこともあるが、その数年で、私の意識は確かに変わった。

  • あせる気持ちと思い込み

その頃、同時に私のまわりでカトリックの洗礼に授かる人が増え始めていた。皆、大人になってからいろいろと考え、カトリックの教えにひかれて勉強し、勇気をもって教会の門をたたいた人たちだ。そんな姿に刺激され、あらためて「自分の信仰とは」と思い起こしたり、人に伝えようと努力したり、という機会が増えた。


でも悲しいことに、そういったときに私は自分の言葉で、自分の信仰を人に伝えることが、どうしてもうまくできなかった。そしてその状況は今もあまり変わっていない。
また、カトリックの教えには、それぞれが自分なりの「キリスト像」を持ち、信仰を続けていけるような自由さがある反面、なんとなくつきはなされたつめたさのようなものを感じることがある。また、苦しんでいる人、困っている人に手をさしのべ、天に宝をつむ、というような自己中心的でどことなく偽善的な印象に、しばしば反発を感じることもあった。


それは私の勝手な解釈かもしれない、印象で判断してはいけない、本当はそんなことないはずという思い、そして自分の信仰を自分の言葉で伝えたい、という思いから、しっかりと勉強しなおして、信仰をより強いものにしていきたい、という気持ちがずっとどこかにあった。

  • 「時」の縁

今年にはいって会社のホームーページ(サイト)を手がけることになり、時を同じくしてこの映画が世の中で騒がれるようになり、これは私にとって不思議な縁だったと今では思う。最初はとにかくホームページやブログと言う、影響力のある存在となった公共メディアを使い、世の中の誤った考えに対し、意見を発信することには意味があるという思いでつきすすんだ。


結局スタッフに協力してもらい、それぞれの思いをブログにのせてもらった。それなりに反響もあり、何か発信する、ということは大事だと確信した。特に批判的な反応はなかったが、あったとしてもそこからまた何かが生まれることもあると思っていた。

  • 「騒動」から得たもの

でも、冷静に思い起こしてみると、そんな風に肩肘はって「何か発信しないと」としていた自分は、どことなく私が反感を感じていた「自己中心的で、偽善的」な、まさにそんな姿勢だったような気がしてきたのだ。そう思うと、ちょっとゾッとした。
そして実はこの騒動を通して得たものは、誰かに何かを発信できたという自己満足ということでもなかった。


自分が世の中の動きに対してとまどい、ゆさぶられ、様々な角度から見つめなおす過程で、いろいろな人の考えを知ることが出来たことは、私にとって本当に大きな恵みだった。また、興味のおもむくままに手にした本からは、今後自分で勉強していきたい方向性を与えてくれるものもあった。
今自分には、聖書をしっかりと読み、キリストの言葉を正しくとらえようとすることが絶対に必要だ。それによって今までの勝手な思い込みが少しずつ解かれていく道すじが見えてきた気がする。ああ、危ないところだった。

  • 私のこれから

日本でのカトリックは、様々な迫害や殉教の嵐を超えてきたという歴史がある。それにくらべたらほんのそよ風のような今回の騒動によって、カトリック信者ひとりひとりがむしろ自分たちの信仰をより深いものにしていけたとしたら・・・いや、もう人のことを言うのはやめよう。少なくとも私は、いろいろな意味でより深まった。それを人にも、と押し付けてはいけない。
皆がそれぞれの立場での思いを持ちながら、「大人」の対処をしていけたら、それでいいのではないかと、とりあえず今は思う。


ただ、ついつい自分がいいと思うと人にも、と思ってしまう性格からか、なかなか自分の中でとどめておくこともできないのだ。でも信仰については、あせらないようにしよう。これからゆっくり自分と向き合い、そのうち心の底からわきでてくるような気持ちを持って、いつしか神の国を広げていくお手伝いが自然にできるようになっていれば、と願う。

乞うご期待!?

「ステラ社員のダ・ヴィンチ コード」はこれで終わりにします。今後も、機会をみながら世の中にすこしアンテナをはりめぐらし、多少カトリック的な情報を発信していこうということで、話がまとまりました。今後のブログにご期待ください・・・

「ダ・ヴィンチ コード」その2

スタッフによる雑感第二弾です。
第一弾はこちら

ダ・ヴィンチ・コード』論争雑感

駅を歩いていると、キオスクで売られているスポーツ新聞の見出しにドッキリさせられることがある。「なんと犯人はあの○×△!」と見出しが大きく踊り、意外な事実に思わず新聞を買い求め、内容に目を走らせると、単なるゴシップと推測の羅列ばかり。読む価値もなかったのである。不快な思いであらためて見出しを見ると、「なんと犯人はあの○×△!」という文字の後に、小さな文字が加えられていることに気づく:「か?」。騙された自分に思わず腹を立ててしまう。


ダ・ヴィンチ・コード』は私にとってスポーツ新聞の見出しに相当するものだったが、問題意識の高い広報担当者に触発されて、5月20日の映画公開に合わせてフジテレビ局で放映された番組を見た。小説を読んでいないので、内容について言及することは出来ないが、放映したメディアがキリスト教に対する無知をさらけ出しつつ、あたかも事実であるかのように放映した軽薄さと、メディアとしての無責任さには絶句せずにはいられなかった。


ベストセラーとなった問題の小説の「見出し」はどうやら「神の子イエス・キリストに子孫がいた!」ということらしい。教会が神格化しているイエス・キリストは、実はマグダラのマリアと結婚し、マリアは娘を出産していた。そのためマリアの追放を図ろうとする男性優位の初代教会から、マリアは娼婦の汚名を着せられ、フランスに逃亡してそこで生き延びた、ということらしい。このような摩訶不思議な「見出し」がどのように立証されているのか、テレビがダン・ブラウンの小説を忠実に紹介しているという前提に立って、ダン・ブラウンが引用している種々の資料について検証したい。

テレビで再現された福音書の二箇所に関する間違いの指摘から始めよう。


まずイエスと「マリア」との感動的な出会いについてである。テレビの再現シーンでは、石打ち刑にあっている「マリア」にイエスが近づき、出血している顔に手をさしのばし、たちまち傷が癒される場面が描写されていた。イエスと「マリア」はお互いにいつまでも見つめ合っていた。


この場面の引用箇所はヨハネである(8章1節〜11節)。しかし一読すれば、姦通の罪によって捕まえられたこの女性には名前はなく、結局、イエスの一言により女性はかろうじて石打ちの刑から免れたことに気づく。


次にイエスが弟子達と食事している場に「マリア」が入っていき、イエスの足に香油を塗り、髪の毛で拭くシーンを描きながら、これは求婚をさす行為である、という解説が添えられている場面が描写されていた。


この場面の引用箇所は二箇所挙げられる(ルカ7章36〜50節、ヨハネ12章1〜8節)。ルカでは香油を塗る女性は罪深い女であり、名前はない。ヨハネでは「マリア」という記載されているが、これはマグダラの「マリア」ではなく、ラザロの姉妹、ベタニアの「マリア」である。葬られる者に香油を塗る慣習にのっとり、近々十字架に処せられるイエスに香油を塗っているのであり、香油を塗る行為に求婚の意味はどこにもない。そしていずれも弟子達との食事の場面ではない。


テレビとダン・ブラウン福音書、つまり新約聖書の権威を借りながら、実はどこにも記載されていない虚偽の場面の再現と解説をやってのけたのである。キリスト教に馴染みのない人はこの段階で聖書の名のもとに愚弄され始めていくのである。

マグダラのマリア」とは何者であろうか?イエスに仕える弟子達の他にイエスに仕える女性達が存在していた。マグダラの「マリア」はその一人であり、かつてイエスから悪霊を追い出してもらった経緯を持っている(ルカ8章2節)。娼婦であるという言及はどこにもない。


ダン・ブラウンが主張している教会陰謀説、すなわちマリアに娼婦の汚名を着せて追放を図った、ということが正しいとすれば、なぜ初代教会はマグダラのマリアの名を福音書から完全に削除をしなかったミスを犯したのだろうか、という疑問が生じる。


マグダラのマリアは実に六箇所の場面にわたり言及されている(マルコ16章1〜11、マタイ27章56節、61節、28章1〜10節、ルカ23章55〜24章11節、ヨハネ20章11〜18節)。注目したいのは、いずれもイエスの死か復活の時に立ち会っており、重要な証人として位置付けられていることである。そればかりでなく、復活イエスの証人として弟子たちに知らせる重要な役割をイエスから託されていることが明記されている(マルコ16章7節、マタイ28章10節、ヨハネ17章18節、)。初代教会がマグダラのマリアの隠匿と追放を図った、という陰謀説がどうして裏付けられるのか理解に苦しむばかりである。


福音書が書かれ成立する時期は、早いものはマルコ福音書で、紀元後70年代の頃であり、これはイエスの死から約40年近い後のことである。次いで、マタイとルカは80年代、ヨハネは90年代、すなわちイエスの死から60年近い後のことである。マグダラのマリアを追放した初代教会が約40〜60年近く経過した後もなお、重要な証人として彼女の名を記録にとどめておくのだろうか。この記録の事実はむしろイエス復活直後から、復活したイエスの証人としてマグダラのマリアは初代教会のはじめから常に大切にされていたことを如実に語っていないだろうか。

  • ニケア公会議(325年)

次に政治的意図によりイエスを神の子として制定し、新約聖書が正典として成立に至るまでの歴史的過程について取り上げたい。


ダン・ブラウンコンスタンティヌス皇帝という歴史的人物を登場させ、現在の新約聖書の形となった正典を成立させ、キリスト教徒同士の分裂に終止符を打つために二ケア公会議(325年)にてイエスの地位を押し上げて、神の子として票決により制定させた立役者、と展開したくだりには、テレビを見ながら椅子から落ちそうになった。


ニケア公会議の発端となったのは、イエス・キリストが神の子であるのか否なのか、という論争ではなく、イエス・キリストは、神に従属し、本質的神性を持たない、とするアリウス派と、イエス・キリストは神と同じく神性を持つとするアタナシウス派との間の教義論争であった。公会議において決定の際に採択されたのは、父なる神と子キリストが「同質」と規定されたことなのである。


コンスタンティヌス皇帝は正典の成立には何の関係もない。170年頃、「ムラトリ正典目録」によって正典が既に実質上確立されていることが確認されている。テレビで人間的なイエスの部分を削除すべく、ページをひっちゃぶりまくっていた、という場面に思わず失笑した。福音書が一貫性をもって綿密に編集されている事実に対する無知もさらけ出していたからである。

またダン・ブラウンは「フィリポの福音書」について言及している。アラム語で書かれ、正典からはずされているのは、まさしくイエスとマグダラのマリアが接吻し、結婚していたことを証明する場面が記載されているからである、と主張するが、実際には「フィリポの福音書」はコプト語で書かれており、肝心の内容にいたっては、実際には虫喰い状態の内容で、どこにもはっきりと両者が接吻していた、とは記載されていないのである。正典として認められていないのは、グノーシス派の福音書だからという理由によるものである。

  • 「レンヌ・ル・シャトー」の伝説

ダン・ブラウンは歴史的出来事を掲げながら、実際には想像を補いながら虚偽の歴史的事実を捏造し、読者に歴史的事実を検証させる余地を与えずに、テンポのよいサスペンス仕立てで読者を惹きつけ、強引に自説に引き込んでいるに過ぎないのである。これは明らかな歴史の悪用である。


あたかも歴史文書であるかのように用いた例として、レンヌ・ル・シャトーの伝説が挙げられる。ダン・ブラウンによると、レンヌ・ル・シャトー村の司祭、ベランジェ・ソニエール神父は、イエスとマグダラのマリアとの結婚と、彼らから生まれ、後の「パリを築いたメロヴィング朝」の先祖となる娘の存在を記す家系図を発見し、それをもとにバチカンを脅迫し、大金をせしめていた、という。この伝説はどのような歴史的文書から由来しているのだろうか(そもそもパリを築いたのはメロヴィング朝ではなく、それよりも700年も遡るパリシー族である)。実は1967年にソニエール神父についてジェラール・ドゥ・セッドによって脚色された小説が元になっているに過ぎないものである。歴史的文書を用いた訳ではないのである。


この他、Q文書、グノーシス派の福音書、グノーシス主義、秘密文書、ダ・ヴィンチの作品「最後の晩餐」などについてまだまだ言及したいものがあるが、機会があればその時に譲りたい。

  • 「ダ・ヴィンチ・コード」への個人的見解 

ダン・ブラウンは『ダ・ヴィンチ・コード』をフィクションとして掲げることを拒否しているそうである。自説の論拠として様々な歴史的出来事を列挙し、歴史的事実を元に学術・論理的展開を装っているが、実際には歴史的事実を迷信や伝説に都合よく結び付けながら、歴史的事実を歪曲し、自説展開に悪用しているに過ぎないフィクションである。


キリスト教の信仰は迷信の集約ではない。歴史・神学・聖書学者達などの地道な研究の積み重ねと、教会の長い歴史の様々な歩みの中で、キリスト教の信仰は試され、磨かれてきたのである。同様に私たちキリスト者は『ダ・ヴィンチ・コード』を通して、信仰をもって理性・知識を働かせながら、小説なり映画鑑賞に臨むことが求められているのだと個人的に考えるのである。


最後にあえて『ダ・ヴィンチ・コード』の意義を挙げれば、普段ほとんど意識したことのない信仰形成に関する歴史的な内容に対して様々な反論の場と、我々の信仰の根拠を問う機会を提供したことだろう。

「ダ・ヴィンチ コード」その1

今世界的に話題になっている映画「ダ・ヴィンチ コード」。
ステラのスタッフそれぞれはどのような感想を抱いているだろうか。
ブログで紹介していくことにしました。まずは社長から。

ダヴィンチ コードについての一考察

この本はあくまでもフィクションである。にもかかわらず、作者、ダン ブラウンはあたかもキリスト教信仰の根幹を揺るがすかのようなアプローチを試みようと努力し、あわれなことに、世界の数名のダビンチ研究者と呼ばれる人々は、この著者の誘導策略に乗せられ、彼をサポートしている。意図的にキリスト教の世俗化、神なるキリストの人間化を目指す目的で必死になる作者の人間性が見え隠れするような作品に思えてならない。

5月20日のテレビ放送は日本のメディアの浅薄さを露見していたと思われる。少なくともこのように宗教的なテーマを扱うのであるなら、その中心的なテーマについての聖書の箇所を読み、キリスト教徒が信じていることについて予備知識をもってから、取材に当たり、世界のあちこちを訪問することが常識なのではないだろうか。
 

それは、世界人口の四分の一強に当たる21億ものキリスト教徒への無礼でもある。聖書の記述をよく読み、内容に触れるなら、キリストに寄り添っていたのは、弟子の1人ヨハネだということは明白である。まだユダが自殺していないこの場面では、弟子は12名である。もし、マリア マグダレナがあの場面にいたとするなら、弟子の数は13名になっていなければならない。
 
勿論マリア マグダレナはすべてを捨てて彼の跡に付き従うほどキリストを愛した女性である。そして、このキリストを愛する心は、12人の弟子も、マリア マグダレナの心に勝るとも劣らなかった。十字架の死を迎えるキリストのことを、「あの人を知らない。」と三度否んだペトロに、御復活後のキリストは、「ペトロ、貴方は私を愛していますか?」と三度尋ねられる。ペトロは「愛しています。」と二度答え、三度目には、「私が貴方を愛していることは、貴方がご存知です。」と涙ながらに答えるのである。
 
食事もせず、空腹の中、食事よりもキリストの口からでる福音を聞くためにキリストの跡についていった5千人以上の人々も、キリストに王様の姿を見、すごい魅力を感じたからどこまでもついていったのである。この人なら自分たちを救ってくれるとの確信を得たからついて行った。裏切り者のユダでさえ、首をつって死ぬ前に、手に入れたお金を投げ捨て、キリストに見捨てられたと思い込み、絶望して自殺してしまった。彼もキリストを心から愛していたから、裏切りの代償としてもらったお金など何の喜びも感じなくなって、絶望してしまったのである。

 
全く宗教的でもなく、聖書も読んだこともないと思われる1人の日本人女優と、日本では知られているらしい絵描きさんなどがテレビ番組の中で、完全に「ダ・ヴィンチ コード」の作者の思う壺にはまり、この小説、この根拠のない作り話を、小説としてではなく、あたかも実話であるかのように受け入れ、浅はかに浮かれながら、花を添えている姿は不愉快極まりない上に、彼らの常識をも疑ってしまう。この小説はキリスト教を卑猥な、薄っぺらな宗教として、俗化させることによって金儲けのために使い、非常に残念なことに、その甘い汁を吸おうとする俗人達が周囲を面白おかしく立ち回り、その信仰に命をかけて生きる人々を愚弄している。
 
以前、これについて扱った番組では、少なくとも数名のバチカン関係者もインタビューを受け、カトリック信仰について言及していたため、考え方にバランスが取れていたと思われる。そのため、カトリック信徒である私でも聞いていて不快感は少なく、結論は各視聴者の判断に任されたように感じた番組であった。しかし昨日(5月20日)のプログラムでは、残念なことに、それも省かれ、非常に薄っぺらな、より虚構に満ちたものとなっていたのではないだろうか?これは、映画を客観的に捕らえようとする努力ではなく、映画「ダ・ヴィンチ コード」をより多くの人に見させるための宣伝以外の何ものでもない。
 

 このように虚構に満ちた扱い方をされたレオナルドは何を思っているだろうか?
 
レオナルドがミラノに滞在したのは、1482年から1490年。彼は人生の中で円熟期を迎えていた。この時期、彼の名声は全イタリアに知られるようになる。ミラノで始めて、フィレンツェ スタイルでもロンバルド スタイルでもない、レオナルドのスタイルが完成された。「岩窟の聖母」に次いで描かれたのが、サンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会の、かの有名な、世界の至るところに知られ、芸術的にも宗教的にも非常に優れた作品、「最後の晩餐」である。この作品ほど、広く模写され、タペストリーや木彫、絵として残され、マテオバンデーロやゲーテによっては詩にも引用されているような作品は他に類をみない。ゲーテは1788年5月、「最後の晩餐」を初めて見た後にこの作品について言及している。
 
レオナルドの最後の作品は、1499年フランス軍がミラノに侵入した時に描かれた「聖アンナと聖母子」の絵である。これは、現在、ロンドンの国立美術館にある。
 
ミラノのロドビコ伯は、ドミニコ会のサンタ・マリア・デレ・グラチエ教会をロドビコ家の教会と定め、また墓地もそこに指定した。1492年ブラマンテに依頼して、聖歌隊の部分を作らせ、1494年にはレオナルドに「最後の晩餐」の絵を依頼する。この絵は食堂の北側の壁に描くよう指示された。レオナルドは準備を始め、スケッチを作成し、フレスコ画にとりかかった。1495年から1498年の3年間を費やして、この作品が出来上がる。
 
レオナルドは作品を始める前にミラノのスラム街を歩き、貧乏で苦しむ人の顔をスケッチしたり、町を歩き回って、いろいろな人々の顔を描き、全力を投球して準備にとりかかった。
 

  • 「最後の晩餐」

この絵では、裏切り者のユダはキリストと同じ側に座っている。他の弟子達が裏切り者は誰かとざわざわしている時、ユダだけがその全体の動きに呼応していない。自分の裏切りという大それた行為に狼狽し、孤立している。
 
そして、弟子達は、3人ずつのグループに配列され、それぞれの驚きが描かれている。キリストの「あなた方の1人が私を裏切るであろう。」との言葉に弟子達はうろたえる。(マテオ、24:21)
バックの景色の静けさとは対照的に、キリストと弟子達の間には、「それは誰ですか?」との驚きと緊張状態がある。「弟子達は、誰について言っておられるのか察しかねて、顔を見合わせた。イエスのすぐ隣には、弟子達の1人で、イエスの愛しておられたものが食事の席についていた。シモン ペトロはその弟子に、誰について言っておられるのかと尋ねるように合図した。その弟子がイエスの胸元に寄りかかったまま、‘主よそれはだれのことですか?’と言うと、イエスは‘私がパン切れをひたして与えるのがその人だ’と答えられた。」(ヨハネ13:23〜26)

この絵の中心的なテーマは勿論、キリスト教的な救い、過ぎ越し祭の晩餐をともに過ごされる、キリストと弟子達、その時にキリストが制定された、ご聖体の秘跡である。けれども、絵の中心を動かしているテーマはユダの裏切りと、他の弟子達の驚きであり、絵全体を支配する静と動の雰囲気である。
 
ダ・ヴィンチ コード」の作者はこのような宗教的かつ崇高な場面を、キリストの妻となったマリア マグダレナと言い、Mという形をマリア マグダレナと断定している。このMという形については、各自異なった判断ができると思われるが、私は、キリストがこよなく愛した母マリアのMと解釈した方が自然なのではないかと思う。また、強いてこの形をMと決め付け、浅薄なアイディアを人に思い込ませる必要は全くないのでもある。レオナルドが研究し尽くした、黄金比や、安定感のための三角形であり、この小説のキーとなっているMの字の根拠は非常に偏った考え方から生み出されている。


キリスト教徒、特にカトリック者にとって多くの矛盾点がこの原作にはあるように思われ、まだ、私は映画を見ていないが、2000年の間、多くの信徒が命をかけて信じ、生き、歩んでいるキリストの教えを、非常に世俗的、かつ、嘲笑的に扱ったこの小説と映画は読んだり、鑑賞するには値しないと考えている。


キリストはその生涯を通して、十字架上での処刑の時に、また、復活された後にでも多くの敵に囲まれていた。それは、キリストが何か悪いことをしたからではなく、ただ良いことをし続けたからである。良いことをし、多くの信奉者を持つ人を、ある種の人たちは嫉妬する。そして、彼をその人々の関心とか、愛、絶対的な信頼対象から引きおろそうと最大限の努力を払う。
特に、幼少期、青年期をキリスト教的な環境で育ち、その環境から逃げようともがいている人たちは、キリストにこのような形でつばを吐き、鞭打つことがよくある。それは、愛へ移行する過程なのかもしれない。ユダがキリストを裏切った後、生きる価値は物質的な富ではなく、人間的な愛、信頼関係であると悟り、自殺してしまったように。