ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

「スイスでの黙想の旅」第2日

f:id:jyunrei:20160825205529j:plain f:id:jyunrei:20160825205533j:plain

ミュスタイアーの世界遺産、聖ヨハネ・バプチスト女子ベネディクト会修道院でごミサです。

f:id:jyunrei:20160826055807j:plain f:id:jyunrei:20160826055811j:plain f:id:jyunrei:20160826055814j:plain

お疲れもすっかり取れて楽しいお食事の時間です。

f:id:jyunrei:20160826062120j:plain f:id:jyunrei:20160826062123j:plain

サンモリッツカトリック教会の小聖堂をお借りして黙想会です。

 《フィリッポはベトサイダの人でした。ナタナエルとは、エルが神で、ナタンは与えること。神は与えたもう。自分の信念や正論を相手に信じさせることは難しい。「来て、見なさい」出ていくこと。信じること。人の心を変えるのはキリストである。私たちが神の招きを受けないれる時、神は、私たちの全てをご存じです。神は、私たちに無関心ではいられません。私たちの最高の喜びは、神の栄光を見ること。≫

f:id:jyunrei:20160826054557j:plain f:id:jyunrei:20160826054600j:plain

「今日は、聖バルトロメオの祝日です。フィリッポを通してキリストに出会いました。最初はナザレから何か良いものが出るだろうか?と言っていた。キリストを告げ知らせるとは、私の能力や、信仰、生活に寄るのではなく、キリストに触れて頂くこと、キリストによってのみ回心がある。信仰に至るまでの動作として、一番大切なことは見ること。いちぢくの木の下にいるのを見た。この巡礼の間、ナタナエルが回心したように、心の目でキリストを見ることができますように。」

マンニ神父様による黙想に与りながら「ベルバニア・ツェルマット・トリノ・ミラノへの旅」第七日目

 奇跡的にアリタリア航空が30分早く到着しました。皆様お元気に再会を約してご自宅に向かっていらっしゃいます。
神様に感謝!明日祝日の聖母マリアに感謝!そして皆様に感謝の恵みに満ちた旅でした。

マンニ神父様による黙想に与りながら「ベルバニア・ツェルマット・トリノ・ミラノへの旅」第六日目

 三人がもう一日ミラノに残られ、寂しいですがお別れです。安全な旅を続けられますように。新たな力を頂いてそれぞれの畑に出発です。

 ミラノからローマを経由してローマより成田行きに乗り込みました。明朝の無事到着をお祈り下さい。

マンニ神父様による黙想に与りながら「ベルバニア・ツェルマット・トリノ・ミラノへの旅」第五日目

 ミラノ公・スフォルツァ家代々のお城。

 R子ちゃんのにぎやかなこと。添乗員も負けてしまいます。

 サンタ・マリア・スカーラ教会の跡地に作られたスカラ座の見学です。次はスカラ座でオペラ鑑賞をしたいですね。

 アーケードからぶらぶら歩いて行くと、フランボアイアン・ゴシック様式の傑作ドゥオーモが眼前に開けた。

 ドゥオーモに入り、16世紀のカルロ・ボロメオ司教様の地下聖堂に行く途中、ごミサが始まりました。神父様と昨日別れたグループへの神様からのプレゼント!

 聖カルロ・ボロメオ司教様のお墓参りをしました。その後、ルネッサンスの巨人・ダビンチ博物館をとおり、また、ドゥオモにやってきました。

 皆様の「最後の晩餐」はホテルの屋上レストランで。神様から頂いた沢山のお恵みに感謝しながらの心が一杯のお食事でした。

 夕焼けで明日も天気!「ありがとう神様ありがとう!」

マンニ神父様による黙想に与りながら「ベルバニア・ツェルマット・トリノ・ミラノへの旅」第五日目

 最初の訪問は「最後の晩餐」です。日本人が一杯です。

マンニ神父様による黙想に与りながら「ベルバニア・ツェルマット・トリノ・ミラノへの旅」第四日目

 マッジョーレ湖の朝焼けは荘厳です。
湖畔のシスター方と優しく、寛大なルチアにさようなら!また会う日まで。

 トリノに向かいます。「コンソレーション」教会の聖母の前では沢山の方々がお祈りしていらっしゃいました。
神父様は今日のテーマ、「建物と神様」について、どんな宗教にも祈る場所があります。
静かな、隠れたところで祈ること。そして一番大切なのは「自分の心・自分の神殿」に入ることと話して下さいました。

 神父様のお父様はこの聖人ジョバンニのお名前を神父様に付けられた。

 今日のごミサはカテドラルの聖骸布の聖堂の真向かいの十字架の小聖堂で捧げられました。


 トリノでの昼食まで神父様、ガイドのマリアンナ、ドライバーのジャン・マリオさんが一緒でした。皆様のご親切さにただただ感謝です。

 晴れ渡ったトリノの町。宮殿やローマ時代の門など、イタリア統一後最初の首都であった町には風格があります。

 快適な車内。車窓の美しい景色。そしてかわいいガイドとプロの運転手さん。神様が皆様を守って下さっています。

 ミラノのホテルに到着です。