ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

デーケン神父様と行くハンガリーとオーストリアへの旅8,9日目

最終日はチェックアウトの前に、聖エリザベス教会で巡礼最後のごミサをお捧げしました。

ハンガリーの偉大な聖女エリザベスの名前はブダペストから引き続き、オーストリアでもよく耳にします。わずか4歳でお嫁にいき、伴侶を亡くした後も嫁ぎ先の家族からいじめられ、それでもその辛さに留まらず、ライ病患者や世の中の弱者のためにお働きになられました。その精神を受け継ぎ、世界中の多くの病院やホスピスではエリザベスの名前が使われています。
デーケン神父様は小さな頃からエリザベスの話を聞いてお育ちになり、ご自身もエリザベスのような生き方をしたいと思われてきたそうです。


デーケンファミリーのエリザベスさん4名です。エリザベスさんたちにとって今回の旅はどのように心に残りましたか。



皆様とてもいい笑顔です。旅から戻ってもこの出会いといただいてきたお恵みを思い出すことが出来ますように。
顔には微笑みを、心に赦しと愛を!


一班さんは二回ごミサ当番をしてくださいました。皆様が心を込めてご準備なさり神様はお喜びのことと思います。有難うございました。


  

神様、私たちが気がついていること、また気がつかずにいただいている全ての恵みに感謝します。


ウィーンの空港にて。あと一息で日本です。別れ難いですが、大切な家族や人たちの元に帰りたい気持ちもあります。心のお土産と本当のお土産を持って家に帰ります。


皆様、また次の機会にお目にかかれることを楽しみにしています。その時は、十字架を背負っていても「はははっ!」もしくは、「がははっ!」でお会いしましょう。有難うございました。

デーケン神父様と行くハンガリーとオーストリアへの旅7日目

おはようございます。
残すところあと2日になりました。今日はモーツァルトのアヴェヴェルムコルプスが生まれたバーデンと、オーストリア最大の聖母巡礼地マリアツェル、メルク修道院に行きます。

神父様曰く、危険を避けるため、モーツァルトを喜ばせるためにバスで入念に練習します。またこの歌詞の意味を味わいます。この世での死を迎えた後にご聖体をいただけるように、私たちは聖母の取り次ぎを願い今を生きていくことが出来ますように。





さぁ、本番です。
天に届くような歌声でした。モーツァルトも喜んで下さったでしょうか。


感動の涙を流していらっしゃる方もいました。


  

神父様のお名前の車を発見し、神父様も大喜びです。このお茶目なデーケンスマイル、いただきました!


 

聖母の巡礼地マリアツェルを訪れました。ツェルはドイツ語で庵を意味します。マリア様の庵という意味のあるこの土地は、一人の修道士が宣教中岩で道を塞がれてしまい、その時に持っていたマリア様にお取り次ぎを願ったところ岩が2つに割れ、道が通ったことを記念してここに聖母の庵を建てたところから始まりました。
私たちはその聖母のご像の前で、ごミサに与りました。来月からは巡礼者で溢れるこの街ですが、今日は雪が降り巡礼者の姿は私たちだけでした。


  

今日のお説教の一部
「困った時の神頼みという祈りもイエス様もなさったし、その祈りもありますが、やはり感謝の祈りも必要です。ドイツ語ではデンケン(考える)ダンケン(感謝する)、英語でもthinkとthankが似ているように考えれば考えるほど、いかに神からの人からの恵みをいただいているか分かります。全て当たり前ではありません」

この巡礼でも沢山のお恵みをいただきました。到着日はハンガリー、オーストリアは雪でした。その日は高速道路で300台の車が立ち往生したそうです。この巡礼も計画当初の予定はバスでしたが、時間的にみて飛行機で移動した方がよいということで変更され、その事態を避けることが出来ました。一週間いてやっと一日晴れたということもあるハルシュタットに到着した途端、素晴らしい青空を見せていただけたこと。聖母の心の清さを表すかのように雪の舞うマリアツェルを静かに巡礼出来たこと。挙げると切りが無いほどの感謝で溢れます。
マリア様、いつも私たちを助けて下さり有難うございます。


  

メルク修道院にやってきました。
ベネディクト会の修道院であり、学校にもなっていて900人の共学だそうです。素晴らしい建物に驚きの連続でした。


 

マリアテレジアもここを訪れました。


資料館は現代的なディスプレイです。
「聞きなさい」これがベネディクト会の最初の教えです。


 

そしてまた予想もしなかったことが!今日3/21は聖ベネディクトが亡くなられた日で、祝日でした。こんなことってあるんですね。はい、ありました!


 

この巡礼最後の晩餐に、出し物をしたい方と希望を募ったところ神父様ご本人が、比較文化という出し物をなさいました。どんな時でも私たちを楽しませユーモアで心を軽くして下さる愛すべきデーケン神父様です。


デーケン神父様と行くハンガリーとオーストリア巡礼の旅6日目

今朝は聖シュテファン大聖堂にてごミサを捧げていただきました。ここは500年間かけて建設され、モーツァルトやヨハンシュトラウスの結婚式など、オーストリアゆかりの名だたる方々がここで式を挙げています。


  

今日のお説教
「聖シュテファンは初代教会時代に初めて殉教されました。その迫害に関わっていたのは当時のサウロ、後のパウロでした。パウロのように私たちも愛のある人に変わることが出来ます。パウロの回心の様子は、私たちにとって励ましになります。そして、シュテファンが死を目前にしても自分を殺そうとする人に対して、主よこの罪を彼らに負わせないで下さいと祈りました。このような姿は、イエスの教えをよく分かっていたことを象徴しています」




 
 

ベルベデーレ宮殿にて。


団長兼添乗員。


 
 

シェーンブルン宮殿の前で、イースターのマーケットが開かれていました。


シェーンブルン宮殿でヨハンシュトラウスの曲にあわせてワルツを踊り、当時の舞踏会を再現します。タリラリラッラッラー。


 

ご夫婦でのご参加が多いグループです。


本日のオペラ座の演目は、アイーダです。明日はドンジョバンニとか。ウィーン全体に芸術的、文化的な空気が漂っています。


そして、見てください、この真っ青な空を!今回の旅では晴れの日、雪の日、雨の日、沢山の姿を神様が見せて下さいました。

ハイリゲンクロイツ修道院はとても静かな佇まいで、周りの空気も神聖な感じがしました。


中に一歩入るとステンドグラスが飾られ、想像よりも華やかなイメージですが、やはりその中にも修道院らしい一本芯の通ったものがあります。


 
 
 

夜はアウアースペルク宮殿でのコンサートに出掛けました。私たちが聞き慣れたモーツァルトやヨハンシュトラウスの曲でしたが、本場で聴くのは全く違います。また、バレエありオペラありのバラエティに富んだ構成も聴集を飽きさせません。


 

デーケン神父様と行くハンガリーとオーストリアへの旅5日目

今回の歌姫が我々を先導して下さり、バスの移動に花を添えて下さいます。





今日も寒空ですが、ところどころで春の訪れを感じることが出来ます。


世界遺産の街、ハルシュタットは素晴らしい景色です。これぞ絶景!


 
 

今日は世界中で聖ヨゼフのお祝いがなされ、バチカンでも新しいパパ様がご就任ミサを捧げられました。

私たちの小さな家族もハルシュタットの街にある聖母マリアに捧げられた教会で、聖ヨゼフの祝日にごミサをお捧げしました。


 

神父様のお説教
聖母マリアと同じように神様のご計画に協力された聖ヨゼフは隠れた聖人です。時として自分のやりたいことと神様の思いは一致しないことがあります。み旨がどこにあるのかを知りましょう。そのために祈りが必要です」




湖畔での昼食は鱒をいただきました。肉厚でとても美味しかったです。ザルツカンマーグートの天然塩もよくあいます。


 

ステラのサンクトウルフガング支店を発見しました!


恒例のドイツ語の子守歌を聞いて、私たち子供たちを眠りに誘います。と言いたいところですが、皆様のお口は眠気を知りません。


モーツァルトの生家を訪れました。


 

ザルツブルクは小さくてよい街です。もう少しゆっくりしたいですね。それは次のお楽しみにしましょう。


 

さぁ、これから列車でウィーンに戻りましょう。


デーケン神父様と行くハンガリーとオーストリアへの旅4日目

グレーがかった絵画のように美しいブダペストの町に後ろ髪を引かれながらも、一路スロバキアへ向かいます。

バスの中は、神父様のユーモア溢れるお話に花が咲きます。
一度聞いたユーモアに対して、「聞きました」というのは相手に対して失望を与えますとのこと。K添乗員のように毎回新たな心で相手のユーモアを受け取り笑いたいものですね。

皆様車内でも終始リラックスなさり、楽しまれています。ご家族がブログを見てくださっています。
お孫ちゃんのイマドキ小顔ピースを真似て、はいポーズ!


Iご夫妻です。奥様は本日のBirthday ladyです。


イギリスのお嬢様、お母様はお元気ですよ。


我らがデーケン神父様!


雪のブラチスラバ城は幻想的ですが、寒風に吹かれて見学する余裕もなくお土産屋さんでお買い物しながら寒さをしのぎました。


 
 

こんなに可愛い色鮮やかなイースターエッグを見つけました。


 

足元がツルツル滑るので皆さん仲良く手と手を取り合って坂を下ります。


 
 

緑の建物は日本大使館です。中央広場の良い立地に建てられています。菊の御紋が目印です。


モーツァルトは一度だけブラチスラバを訪れました。演奏をした場所がここです。


すっかり冷え切った身体を温かいスープで温めます。


 

寒くても皆様賑やか、お元気です。


 

マルティン教会でのごミサを捧げていただきました。街で1番大きな教会です。


毎日各班に分かれてごミサ当番をしていただいています。それぞれの班のカラーが出ています。今日の共同祈願も素晴らしかったです。神様、それぞれの祈りをどうぞ受け入れて下さい。


 

趣きのある市庁舎の下のレストランでウィーン名物シュニッツェルをいただきました。皆様大満足です!今日からの5日間のウィーン滞在も楽しみですね。


 

Iさん、ハッピーバースデー!おめでとうございます。


ご主人とご一緒にご参加されています。


そして、今日は神父様の叙階記念日でした。私たちも一緒にお祝い出来るお恵みに与り幸せです。


デーケン神父様と行くハンガリーとオーストリアへの旅3日目

今朝の気温は-2℃ですが、キレイな青空が広がっています。
ブダペストを出発し、センテンドレを目指します。





 

仲の良いFご夫妻です。


 

憧れの神父様と帽子まで一緒です。Oさん、これは沖縄仕様ではないですね。


さながらアンティーク博物館のようなレストランにて、ハンガリーのお料理をいただきます。


「まさに肉じゃがみたいね」とおっしゃられたMさん。ニンニクやパプリカが入ったハンガリー版肉じゃがは美味でした。


午後は、エステルゴムにあるハンガリーで1番大きい教会を訪れました。とても神聖な空気感が漂っていました。


ごミサはここの小聖堂にて捧げられました。


 
 

今日でハンガリーとお別れになります。ハンガリー最後の夕べも盛り上がり、皆様明日に備えてお早めにお休みになりました。間もなくこの旅は折り返し地点に入ります。今日までの無事に感謝し、またオーストリア巡礼も新しい出会いとお恵みに満ちたものになりますように祈りながら。おやすみなさい。

デーケン神父様と行くハンガリーとオーストリアへの旅2日目

昨日降った雪がまだ残るブダペストは氷点下ですが、青空が広がり私たちの旅を祝福してくださっています。
階段にも氷が張っているため、足元に気をつけながらゆっくりとごミサのマーチャーシュ教会まで上りました。


 

早速恒例の神父様とのお写真タイム。皆様、デーケン神父様のことが大好きです。


 

今日のお説教では、私たちは旅人であることをお話しくださいました。
「ただ旅をするのではなく、私たちの憧れを全て満たす天国への旅であること。そして、神様から与えられたこの旅を楽しみながら歩むこと」
この旅も出会った仲間たちと喜びや辛さを分かち合いながら、神様へと気持ちを向けて行くことが出来ますように。


 

ドイツのことわざでは、「天使が旅をする時には大空が微笑む」というそうです。雪から一転のこの快晴。こちらのグループには相当な数の天使がいらっしゃるかも知れません。


 

イシュトバーン大聖堂ではポーランドのグループが国旗を掲げながらごミサを捧げていらっさゃいました。


 

ハンガリー最初の国王で聖人でもある聖イシュトバーンの右手が安置されています。


 

ハンガリー名物、グヤーシュをいただきました。冷えた身体に温かいスープが染み渡ります。


寒空の下、少し入場を待ち国会議事堂に入りました。





衛兵交代をちょうど見ることが出来ました。


議員席をバックにとびきりスマイルの神父様。


こちらの波形の置物は、かつての葉巻置だそうです。きちんと番号が書いてあります。


ネメシェギ神父様がいらっしゃる修道院を訪ねました。
デーケン神父様はかつて神学を習われ、尊敬なさっている神父様です。

90歳になられたネメシェギ神父様ですが、今も毎週ごミサにお出掛けになられ、ご自分が神様や人々のためにお出来になることを生涯探し続けていらっしゃいました。

10ヶ国語をお話になられる神父様。本当に驚きです。今でも変わらず流暢な日本語を話されていました。次は日本でお会い出来ることを楽しみにしています。


 

夜はドナウ川ナイトクルーズに出かけました。日中の景色と様子が変わりさらに美しさを増していました。


 
 

神父様がドイツの歌を歌われたり


恒例のダンスを皆様と踊ってくださったり


 

終始楽しい雰囲気で世界遺産のブダペストの街並みを満喫しました。