ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

ウルスラ宣教女修道会の姉妹で行く聖地イスラエルの旅第7日

f:id:jyunrei:20151110014823j:plain f:id:jyunrei:20151110014826j:plain f:id:jyunrei:20151110014829j:plain

今朝は、山上の説教の教会でこちらのシスター方のごミサに参列させて頂きました。

 

最初の訪問は、ぺトロが「あなたは生ける神の子です。」と信仰告白をしたバニアスです。

f:id:jyunrei:20151110015507j:plain f:id:jyunrei:20151110015511j:plain f:id:jyunrei:20151110015515j:plain

イスラエルやシリア、ヨルダン、レバノン、エジプトなど戦いの絶えない国々の平和を祈る目的で、ガイドのエスさんが、カツリンに私たちを案内して下さいました。

f:id:jyunrei:20151110112222j:plain f:id:jyunrei:20151110112225j:plain f:id:jyunrei:20151110112228j:plain f:id:jyunrei:20151110112231j:plain f:id:jyunrei:20151110112236j:plain

昼食はセント,ピータース・フィッシュ(聖ぺトロの魚)です。とても美味しかった。良かった、良かった。デザートは生のナツメヤシで、このような木から取ります。

f:id:jyunrei:20151110113230j:plain f:id:jyunrei:20151110113233j:plain f:id:jyunrei:20151110113236j:plain f:id:jyunrei:20151110113239j:plain f:id:jyunrei:20151110113241j:plain

カファルナウムのシナゴーグと種々な貴重な遺跡、またぺトロの家の跡に建設されたノアの箱舟の形をした教会を巡ります。

f:id:jyunrei:20151110114130j:plain f:id:jyunrei:20151110114134j:plain f:id:jyunrei:20151110114138j:plain f:id:jyunrei:20151110114141j:plain

「パンと魚の教会」です。数ヵ月前に何者かによって売店の部分に放火されましたが、教会には何らひがいはありませんでした。神さまが、私たちキリスト者にとって、この大切な教会を守って下さったと感じました。現在は、売店は教会の外に作られていました。

f:id:jyunrei:20151110115757j:plain f:id:jyunrei:20151110115846j:plain f:id:jyunrei:20151110115850j:plain f:id:jyunrei:20151110115853j:plain

「ぺトロの首位権教会」です。雨が降ったり、止んだりですが、イスラエルにとつては雨はとても大切なお恵み。私たちの初代教皇様は、イエス様を3度も否んだ、おっちょこちょいなぺトロでした。3度も「私のことを愛していますか?」と聴かれたぺトロは、「主よ、私があなたを愛していることを、あなたがご存じです。」と答えられます。自分の弱さを認めて、頭を垂れ、主にすべてをお任せするぺトロに、私たちもついていきたい。

f:id:jyunrei:20151110120421j:plain f:id:jyunrei:20151110120425j:plain f:id:jyunrei:20151110120429j:plain

司祭とシスターのデート姿を、多くのパパラッチが撮影しにきていました。実は叙祭の弟さんと、シスターのお姉さま、そして、姉妹同士のお二人と、主における兄弟、姉妹の皆さまです。

f:id:jyunrei:20151110121247j:plain f:id:jyunrei:20151110121251j:plain f:id:jyunrei:20151110121255j:plain

イエス様時代の形の舟に乗り、ガリラヤ湖の遊覧です。雨も晴れて、大空が開け、虹も出ていました。シスター方への約束の虹。神様のお計らいにただただ有りがたく、感謝です。

ウルスラ宣教女修道会の姉妹で行く聖地イスラエルの旅第6日

f:id:jyunrei:20151109011517j:plain f:id:jyunrei:20151109011521j:plain f:id:jyunrei:20151109011525j:plain f:id:jyunrei:20151109011528j:plain

エリコから西岸地区を40分ほど走り、ベドウィンのタクシーに乗りかえて「ご変容の教会」に到着しました。

 

今日は日曜日、ちょうど、アメリカ・ルイジアナからのグループがごミサを始めるとのことで、一緒に与らせて頂きました。神父様の熱意がビンビンと伝わってきます。終身叙祭のNさんが、日本語で福音を朗読なさいました。

f:id:jyunrei:20151109104403j:plain f:id:jyunrei:20151109104406j:plain f:id:jyunrei:20151109104409j:plain f:id:jyunrei:20151109104413j:plain f:id:jyunrei:20151109104417j:plain f:id:jyunrei:20151109104418j:plain f:id:jyunrei:20151108113357j:plain f:id:jyunrei:20151108113411j:plain f:id:jyunrei:20151108114329j:plain

昼食はイスラエル風のイタリアンでした。美味しいとおっしゃって下さった方々が多かったでしょうか。

 

昼食後、「お告げの教会」へ。マリアさまが大天使聖ガブリエルからお告げを受けられた洞窟です。

 

長谷川路可画伯の「華の聖母」は美しいです。

f:id:jyunrei:20151109105107j:plain f:id:jyunrei:20151109105111j:plain f:id:jyunrei:20151109105114j:plain f:id:jyunrei:20151109105117j:plain

「聖ヨゼフ教会」です。聖家族を守られた謙遜な養父。マリアとヨゼフ・二人の婚約式という珍しいステンドグラスがあります。そして、聖母像の前でお祈りが捧げられました。

f:id:jyunrei:20151109110022j:plain f:id:jyunrei:20151109110026j:plain f:id:jyunrei:20151109110029j:plain f:id:jyunrei:20151109110032j:plain f:id:jyunrei:20151109110035j:plain

「カナの婚宴の教会」です。聖母お言葉、イエスの威厳と慈愛、ガイドの話を聞きながらも、いろいろな想いが重なってきます。

 

50周年、25周年と結婚の更新をなさったメキシコからのグループの方々です。

f:id:jyunrei:20151110014019j:plain f:id:jyunrei:20151110014022j:plain

カナの婚宴の教会の前にはお店があって、ワインを飲ませてくれます。シスターは、飲まれたでしょうか?

 

ウルスラ宣教女修道会の姉妹で行く聖地イスラエルの旅第5日

f:id:jyunrei:20151107232350j:plain f:id:jyunrei:20151107232353j:plain f:id:jyunrei:20151107232355j:plain f:id:jyunrei:20151107232358j:plain f:id:jyunrei:20151107232402j:plain

早朝の「聖墳墓教会」でのごミサに、お一人のシスターがいらっしゃいました。そして、小さな奇跡です。6時からのごミサは、お若いインド人の神父様と四人の方々だけのごミサでした。そのため、私たち二人も参列させて頂くことができたのです。お墓の所です。信じられないようなお恵みに、感謝の涙があふれました。私たちがこのような特別な場所でごミサに与れるというのは歴史的なことですと、話される神父様の感動もびしびし伝わってきました。

エルザレムからエリコに向かう道には、良きサマリア人の宿屋跡があります。来年は「慈しみの大聖年」。良きサマリア人のように、相手の立場に立った徹底した愛徳のできる者となれますように。

f:id:jyunrei:20151107234337j:plain f:id:jyunrei:20151107234341j:plain

エルザレムから30分も走るか走らないうちに、外の景色は砂漠に代わってしまいました。そして、ここは、エルザレムから海抜800メートル下がった、海抜0メートル地点です。いつもいるラクダの伯父さんは、今日は休日でしようか?

f:id:jyunrei:20151107235319j:plain f:id:jyunrei:20151107235322j:plain f:id:jyunrei:20151107235325j:plain f:id:jyunrei:20151107235328j:plain f:id:jyunrei:20151107235331j:plain

光の子と自称したエッセネ派の信者はここクムランで、厳しい共同生活を送っていた。洗者聖ヨハネも1時このクムランにきたと思われる。

f:id:jyunrei:20151107235740j:plain f:id:jyunrei:20151107235743j:plain f:id:jyunrei:20151107235746j:plain f:id:jyunrei:20151107235749j:plain

死海に足を入れて童心に帰られるシスター方。

f:id:jyunrei:20151108001541j:plain f:id:jyunrei:20151108001546j:plain f:id:jyunrei:20151108001549j:plain f:id:jyunrei:20151108001552j:plain f:id:jyunrei:20151108001555j:plain

ヨルダンとイスラエルの国境を流れるヨルダン川は、茶褐色に濁っている。私たちより先に、アメリカからのプロテスタントのグループが再洗礼の儀式をおこなっていた。

f:id:jyunrei:20151108013310j:plain f:id:jyunrei:20151108013314j:plain f:id:jyunrei:20151108013318j:plain f:id:jyunrei:20151108013322j:plain

今日、最後の訪問はエリコです。先ず、昼食を取り、その後、「誘惑の山」までケーブルで向かいました。ギリシャ正教の修道院までは、有志だけが登り、半分位は、ざくろジュースを飲みながら山上のレストランで休憩です。

 

降りてきてから、世界最古の町の遺跡を見学しました。

f:id:jyunrei:20151108151239j:plain f:id:jyunrei:20151108151243j:plain f:id:jyunrei:20151108151246j:plain f:id:jyunrei:20151108151250j:plain f:id:jyunrei:20151108151254j:plain f:id:jyunrei:20151108151258j:plain f:id:jyunrei:20151108151302j:plain

エリコの5つ星ホテル:インターコンティネンタルに一泊です。シスター方もゆっくりお休みになられました。ホテルの周りにはブーゲンビリアが誇らしく咲いています。

ウルスラ宣教女修道会の姉妹で行く聖地イスラエルの旅第4日

f:id:jyunrei:20151107112528j:plain f:id:jyunrei:20151107112531j:plain f:id:jyunrei:20151107112534j:plain f:id:jyunrei:20151107112538j:plain

聖墳墓教会」での早朝ミサに参列された皆さまです。ポーランドのグループの団長神父様がご親切に、私たちを中に入れて下さいました。神様の計り知れない愛と慈しみを強く感じさせて頂く時でした。ありがとう神様、ありがとう。ありがとう、マリアさま、ありがとう。

f:id:jyunrei:20151107113332j:plain f:id:jyunrei:20151107113335j:plain f:id:jyunrei:20151107113338j:plain f:id:jyunrei:20151107113342j:plain f:id:jyunrei:20151107113345j:plain

エンカレムの「洗者聖ヨハネ誕生教会」です。日本人の神父様にお目にかかることができました。英語、イタリア語、ヘブライ語等々と奮闘中とのことです。

f:id:jyunrei:20151107152344j:plain f:id:jyunrei:20151107152347j:plain f:id:jyunrei:20151107152350j:plain f:id:jyunrei:20151107152354j:plain f:id:jyunrei:20151107152358j:plain

「ご降誕教会」では、いつになくゆったりとお祈りをすることができました。

 

今日、最後の訪問は「羊飼いの野の教会」です。羊飼いと羊、素朴な人々に現れた星の大群。ベトレヘムの馬小屋に導かれた彼らの驚きと喜びが浮かんできます。

 

「〜グロ〜オ〜オ〜〜」や「し〜ずけき、真夜中〜〜」など、自然に歌が出てきます。まぶねに寝かされた幼子を見て、彼らはこの方が神の御子だとすぐに分かったのでしょうか?謙遜で、素朴で、小さな者の中でも一番小さな者を選ばれる神様の業なのですね。

ノートルダムでの最後の夕食になってしまいました。「サンキュー・ケーキ」が用意されました。この気持ちがうれしいですね。

ウルスラ宣教女修道会の姉妹で行く聖地イスラエルの旅第3日

f:id:jyunrei:20151106054236j:plain f:id:jyunrei:20151106054240j:plain f:id:jyunrei:20151106054243j:plain f:id:jyunrei:20151106054246j:plain f:id:jyunrei:20151106054250j:plain f:id:jyunrei:20151106054252j:plain f:id:jyunrei:20151106054253j:plain

最初の訪問は、ベテスダの池です。イエス様から長患いを癒して頂いた病人の想いはいかばかりだったことでしょう。「聖アンナ教会」では、シスター方の美しい聖母賛歌が歌われました。マリアさまのご降誕の小聖堂では、アベマリアのお祈りが。

f:id:jyunrei:20151106070505j:plain f:id:jyunrei:20151106070509j:plain f:id:jyunrei:20151106070511j:plain f:id:jyunrei:20151106070515j:plain

十字架の道行の第一留を見ながら、「ガバタ」と呼ばれる2000年前の道で、兵隊が命をかけて遊んでいたゲームの跡や馬車道などの跡を見学しました。

f:id:jyunrei:20151106105543j:plain f:id:jyunrei:20151106105547j:plain f:id:jyunrei:20151106105551j:plain f:id:jyunrei:20151106105555j:plain f:id:jyunrei:20151106105559j:plain

十字架の道行を交代で祈りました。涙を流されていらっしゃる方々も。イエスさま、この十字架を通して、霊的な力をお与え下さい。特に、癌で苦しまれるシスターには、身体的に、完全なる治癒の奇跡を祈ります。

f:id:jyunrei:20151106111736j:plain f:id:jyunrei:20151106111740j:plain f:id:jyunrei:20151106111744j:plain f:id:jyunrei:20151106111748j:plain f:id:jyunrei:20151106111751j:plain

第9留まで十字架を担ぎ、11,12,13,14留は、十字架無しで、各自の心の十字架を背負ってゴルゴタの丘、カルバリオで、真剣なお祈りが捧げられました。

f:id:jyunrei:20151106112338j:plain f:id:jyunrei:20151106112342j:plain f:id:jyunrei:20151106112346j:plain f:id:jyunrei:20151106112350j:plain f:id:jyunrei:20151106112353j:plain

聖墳墓の中にも、行列をせずにすぐに入れて頂きました。シスター方の修道服は証です。

f:id:jyunrei:20151106113020j:plain f:id:jyunrei:20151106113024j:plain f:id:jyunrei:20151106113029j:plain f:id:jyunrei:20151106113033j:plain f:id:jyunrei:20151106113037j:plain f:id:jyunrei:20151106113040j:plain f:id:jyunrei:20151106113042j:plain

昼食はイスラエルのサンドイッチ・シュワルマです。中に沢山の羊の肉や、野菜、フムス、ピックルスなどが入っていてとても美味しいです。

f:id:jyunrei:20151107110339j:plain f:id:jyunrei:20151107110343j:plain f:id:jyunrei:20151107110346j:plain f:id:jyunrei:20151107110349j:plain

(前のブログにこの写真の説明を飛ばしてしまいました。)

 

ここは、熱心なユダヤ教徒の地区です。ローマ時代の通り・カルド、ユダヤ教シナゴーグ、そして、雨の中を嘆きの壁まで歩きました。道が滑って大変なのですが、イスラエルの人々にとっては恵みの、貴重な雨です。

ウルスラ宣教女修道会の姉妹で行く聖地イスラエルの旅第2日

f:id:jyunrei:20151105111339j:plain f:id:jyunrei:20151105111343j:plain f:id:jyunrei:20151105111347j:plain f:id:jyunrei:20151105111350j:plain

最初の訪問は「主の祈り」の場所です。このように祈りなさいとここで、主自らが教えて下さいました。

f:id:jyunrei:20151105113847j:plain f:id:jyunrei:20151105113850j:plain f:id:jyunrei:20151105113853j:plain f:id:jyunrei:20151105113856j:plain f:id:jyunrei:20151105113859j:plain f:id:jyunrei:20151105113903j:plain

昨晩の強風のため砂塵が空をおおい、オリーブ山からの景色はまた、幻想的です。

 オリーブ山から涙の形をした「主嘆き給う教会」へ。韓国の神学生やナイジェリアからの巡礼など、結構大勢の仲間たちに会えます。

 「ゲッセマネの教会」では、教会内での説明が禁じられているため、階段に腰かけて主の御苦しみを黙想しました。

f:id:jyunrei:20151105114811j:plain

午前中、最後の訪問は、ギリシャ正教の「マリアのお墓」です。聖母子のイコンの前で祈る皆さまです。

f:id:jyunrei:20151105120536j:plain f:id:jyunrei:20151105120539j:plain f:id:jyunrei:20151105120542j:plain f:id:jyunrei:20151105120545j:plain f:id:jyunrei:20151105120548j:plain

午後一には、シオンの丘へ。「最後の晩餐」の間です。ここで、使徒たちは聖霊降臨により強められ、全世界にキリストの愛の教えがひろめられました。

ダビドのお墓では、十字架の印をしたため、熱心なユダヤ教徒の婦人ににらまれてしまいました。「聖母の永眠教会」です。シスター方の聖母賛歌が地下聖堂一杯に美しく響き渡り、じっと聞き入る巡礼者も。

 

f:id:jyunrei:20151105122505j:plain f:id:jyunrei:20151105122509j:plain f:id:jyunrei:20151105122512j:plain f:id:jyunrei:20151105122515j:plain f:id:jyunrei:20151105122518j:plain f:id:jyunrei:20151105122521j:plain

最後の訪問は、「鶏鳴教会」です。ぺトロはあれだけ愛していたイエスを否みます。ぺトロを見つめるキリストの慈愛に満ちた眼差し。ぺトロは後悔の念で泣きじゃくります。むち打ち、拷問のあげく、真っ暗な独房に縄で釣り下ろされます。「・・愛する者も友も、あなたは私から遠ざけてしまわれました。いま、私に親しいのは暗闇だけです。(詩編88:19)」

ウルスラ宣教女修道会の姉妹で行く 聖地イスラエルへの旅第1日

f:id:jyunrei:20151103145806j:plain f:id:jyunrei:20151103145809j:plain f:id:jyunrei:20151103145812j:plain f:id:jyunrei:20151103145815j:plain

早朝ご出発の皆さまもお元気に仁川に到着です。

丁度「韓国民族行列」に出会って、写真撮影!