ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

国内

五島列島と長崎巡礼の旅 第三日目

民宿「えびや」さんは、最高のやねおもてなしで迎えてくれた。 ドライバーのこんちゃんも皆様にざーまに親切にしてくれる。 大曽教会のイエズス様は腕を広げて皆様を迎えて下さった。 青方教会は一番新しい、モダーンな教会である。 鯛の浦教会のルルドでロ…

五島列島と長崎巡礼の旅 第二日目

久賀島の殉教地でフランシスコ・ザビエル木口さんのお話しを聞く。信仰のために、筆舌に尽せないような拷問を受けた信徒を想い、皆様、静けさのうちに思い廻らせているよう。 久賀島・浜脇教会を遠くに眺めながら、上五島に向かう。 キリシタン洞窟の前で。…

五島列島と長崎巡礼の旅 第二日目

信仰の厚い木口社長さんのご案内で、久賀島に向かいます。 浜脇教会の前の聖母像前で。

五島列島と長崎巡礼の旅 第一日目

天候に恵まれました。スカイブルーの海、真っ青な空、青々と輝く木々。朝早くから夜まで目一杯でも皆様お元気に堂崎天守堂から井持浦教会まで巡礼しました。神に感謝です。

ピーター・ミルワード 神父様と行く「大分・湯布院・八代巡礼」四日目

今日は巡礼最終日。「支えあって生きる父と子」八代の殉教者を訪ねる。 「体裁や大義ではなく、人として生きるためのただ一つの道を選んだ」八代の信徒は私達を心の底から揺り動かせた。

ピーター・ミルワード 神父様と行く「大分・湯布院・八代巡礼」四日目

健軍教会でごミサに与かり、お茶を頂きました。そこで主任神父様より花岡山の殉教記念碑について伺い、急遽、花岡山に向かう。ディエゴ加賀山隼人の娘みやと、その夫小笠原玄也、子ども九人がここで首を切られ殉教した。 聖霊の導きのままにデパートのガラシ…

ピーター・ミルワード 神父様と行く「大分・湯布院・八代巡礼」三日目

熊本城を眺めながら昼食です。

ピーター・ミルワード 神父様と行く「大分・湯布院・八代巡礼」二日目

湯布院で温泉を満喫した。今日のごミサは大分のカテドラルにて。信徒の皆様が大歓迎して下さった。 ごミサの後、信徒の皆様と。このような歓迎と交流は本当に嬉しい! 大分遊歩公園には、聖フランシスコザビエル・伊東マンショ・ルイスアルメイダなどカトリ…

ピーター・ミルワード 神父様と行く「大分・湯布院・八代巡礼」一日目

羽田空港に七時というのは大変なことなのですが全員集合。 偉大な魂の真の司祭ペトロ岐部のゆかりの地国東半島へ。 ごミサは殉教記念聖堂で捧げられました。 ザビエルの時代からキリストを知り、命をかけた信徒がここ豊後には多くいらしたのだ。

磯子教会50周年記念平戸・田平・生月・黒島・長崎巡礼の旅 4日目

今日は最終日。朝一で浦上天主堂に向かう。古巣神父様のごミサに与かるためである。 神父様は「節目をいきること。」「浦上の信徒は倒れても、倒れても起き上がり前向きに生きた。殉教の大切さ、殉教を生きることの意味をはっきりと知っていたから。」信仰教…

磯子教会50周年記念平戸・田平・生月・黒島・長崎巡礼の旅 3日目

午前は西海町の中浦ジュリアンの生誕地へ。 列福によって、この西海町の人々もジュリアンと言う、謙虚で聖なる人を通して、神から計りしれないお恵みを頂くことだろう 午後は、ド・ロ神父様が、人々の霊的父として全てを差し出された外海へ。ド・ロ神父様設…

磯子教会50周年記念平戸・田平・生月・黒島・長崎巡礼の旅 2日目

終日黒島巡礼です。初めての方々がほとんどで期待に胸がときめく! 日曜日のごミサを主任神父様がグループのために捧げて下さった。感謝します。 信徒会館でお弁当を頂き、鶴崎さんのご案内で「信徒発見の地」やマルマン神父様のお墓などを巡った。 黒島の蝉…

磯子教会50周年記念平戸・田平・生月・黒島・長崎巡礼の旅 1日目

長崎空港より鹿子前の昼食レストランへ。その後生月巡礼が始まる。 昼食のレストランからの素晴らしい眺めで、食欲も進みます。 生月・山田教会とガスパル様(黒瀬の辻)のご案内をして下さったシスター崎田。 ガスパル様(黒瀬の辻)の地下聖堂には、潜伏キリシ…

ツアーの写真

みなさまお疲れはとれましたか? 携帯にとっておいた写真のうち、もう1枚1日目の写真をアップします。 参加者の皆さんが撮られた写真も、このブログやまもなく完成の会社のサイトにて ご紹介していけたらと思います。 よろしければこのメールまで写真やツア…

快晴です。神に感謝!春の海、ひねもす、のたりのたりかな!といったおだやかな海を眺めながら焼津教会へのごミサに。 お説教は回心について。回心とは軌道修正をすること。人生の向かっている方向をずれないように修正すること。 帰着 無事に一つの家族のよ…

出発

雲の多い寒い風の中、出発時間ぴったしに総勢21名、930に発車! 本日の感想は? 皆さん、原主水(はらもんど)に魅せられはじめています。 今日は原主人の生涯を小説「苦いカリス」に書かれた宗任雅子さんのご案内で、ゆかりの地をまわりました。迫害下にあ…