ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

山内神父様と行く雲仙、島原、天草4日目

今日も朝から気持ちの良いお天気です。 皆様朝晩と毎日温泉に入り、身体も心もリフレッシュしているようです。 最終日の今日は、まずは大江教会へご聖体訪問です。 大江教会は、ガルニエ神父が82歳でこの地で亡くなるまで40年間布教に努めました。 自らの私…

山内神父様と行く雲仙、島原、天草3日目

宿泊したホテルシーサイド島原で集合写真です。 今日はフェリーで、口之津港から鬼池港(熊本県)へ向かいます。 フェリーに乗る前、近くにある『南蛮船来航の地』を訪れました。 キリシタン布教の根拠地とし、また西洋文化の窓口として栄えた場所です。 鬼…

山内神父様と行く雲仙、島原、天草巡礼2日目

島原教会でごミサです。 山内神父様から、教会内のステンドグラスについて一枚ずつ説明がありました。 そして、以下のようなお話しに続きます。 今日の第一朗読の箇所 主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。 福音朗読箇所 敵を愛し、自…

山内神父様と行く雲仙、島原、天草巡礼2日目

今日は曇り空の朝です。 まずはじめは、島原教会です。 八角形は「真福八端」、マタイ福音書山上の説教の真の8つの幸せの教えを理念としています。 またドーム型は、人間の意識が天に高揚するため。だそうで、この教会の外観も聖堂も、たくさんの 意味が込…

山内神父様と行く雲仙、島原、天草巡礼1日目

ベトナムから5月に戻られた、パウロ会の山内神父様との巡礼です。 8時15分発の飛行機で、長崎空港に向かいます。皆様、朝からお元気です。 長崎空港から千々石ミゲルの故郷、千々石で昼食です。 お天気も良く、素敵な展望でした。 今日は雲仙教会でのミサ…

中谷神父様と行く生月、黒島、平戸4日目

最終日の今日も、良いお天気です。平戸から2時間かけて外海方面へ向かいます。 黒崎教会は1920年、出津町に赴任してきたフランス人宣教師ド・ロ神父によりたてられた。 教会の建設計画は23年の歳月がかかりました。 内部はゴシック調で三廊式コウモリ天井や…

中谷神父様と行く生月、黒島、平戸巡礼3日目

田平教会でごミサです。 中谷神父様のお話し。 この教会に来て心が静かになるような気がします。 今日の使徒言行録の箇所にも、対立や迫害は内からも外からもおこなわれていました。 殉教者もイエス様もパウロも、悩みを持ちながら、しかし希望を持って歩み…

中谷神父様と行く生月、黒島、平戸巡礼3日目

今日まず向かったのは、カミロ神父殉教の地である焼罪公園です。 カミロ神父は禁教令でマカオへ追放されるが、1621年に再潜入。しかし平戸領内で捕らえられ田平で火刑となった宣教師です。 焼罪公園で中谷神父様と写真撮影。 次は田平教会です。 田平天主堂…

中谷神父様と行く生月、黒島、平戸巡礼2日目

朝から青空が広がり、カラッとしたさわやかな陽気になりました。 今日は一日黒島を巡ります。 相浦港からフェリーに乗り約50分かけて黒島へ行きます。 黒島教会が耐震工事で聖堂使用ができないため、まずは教会のすぐ隣にある信徒会館でごミサです。 中谷神…

中谷神父様と行く生月、黒島、平戸巡礼1日目

朝8時10分に羽田を出発し、10時に福岡に到着。 雨は止んでいて、すでに24度ありました。 曇り空の中、まずは今村教会へ向かいます。 今村教会は、長崎を中心に多くの教会建設を手掛けた鉄川与助の設計、施工により完成しました。 2つの塔を持つロマネスク…

グノーの会 inイタリア11日目

出発まで自由行動。 ゴンドラに乗る方、ご夫婦で散策なさる方、それぞれで楽しみます。 サン・マルコ広場で。

グノーの会 inイタリア10日目

フィレンツェの朝は、大雨&雷&ヒョウが降る大荒れのお天気、今日一日が心配です。 午前中はバスでベニスへ移動。 途中から風も強くなり、気温も10度を下回ってきました。 3台の海上タクシーに分かれて島に行きます。 街並み。

グノーの会inイタリア9日目

朝一番で、サン・マルコ修道院、ドゥオモなどを巡ります。 ドゥオモの前で。 昼食後、Aグループの方々は帰国のため空港に向かいます。 楽しい旅を、ありがとうございました。 Bグループ12日間の方々は、午後はサンタクローチェ教会、ポンテベッキオなどを…

グノーの会inイタリア8日目

ローマからバスで約4時間、フィレンツェにきました。 昼食後ウフィツィ美術館へ。 ここはメディチ家歴代の美術コレクションを収蔵し、ルネッサンス絵画の宝庫と言われています。 雨の降る中、ウインドウショッピングをしながらホテルへ帰りました。

グノーの会inイタリア7日目

終日、ナポリ、ポンペイ観光です。 ローマ市内のホテルから約3時間半でポンペイに着きます。 ポンペイは火山の爆発によって地中に埋もれてしまったが、火山灰によって街は保護されローマ時代そのままの街並みを今に伝えています。 野外劇場で歌う、グノーの…

グノーの会 inイタリア6日目

冷んやりした朝ですが、良いお天気に恵まれました。 まずはコロッセオに向かいます。 コロッセオから徒歩でフォロロマーノに行きます。 約2000年前の古代ローマ遺跡です。 昼食後、スペイン広場とトレビの泉に向かいます。 たくさんの観光客でにぎわっていま…

グノーの会 inイタリア5日目

ホテルから徒歩でバチカンに向かいます。 バチカンに近づくにつれ、大勢の人で周辺は溢れています。 終日バチカンということもあり、比較的ゆっくりとバチカンミュージアムを見学できました。そして混まないうちにお昼をいただきました。 午後はシスティーナ…

グノーの会 inイタリア4日目

夕方の演奏会前まで、市内観光です。 今朝は晴れたものの、空気の冷たい寒い一日になりそうです。 まずはサンタンジェロ城へ。 雲行きがあやしくなり、先程までの青空から一転雨が降り始めました。 今年の1月からローマ市内はバスの乗り入れが大変厳しくなり…

グノーの会inイタリア3日目

今日は聖フランシスコ大聖堂でのミサで歌います。 たくさんの人が集まるミサの中、グノーの会の歌声が響きます。 大聖堂のミサで。 大聖堂のミサで。その2 大聖堂での歌終了後、外で記念撮影です。 ローマへ向かう最後、サンタ マリア デリ アンジェリへ行き…

グノーの会inイタリア2日目

良いお天気に恵まれ、2日目スタートです。 ローマからバスで役3時間、アッシジまで歌いながらの楽しい道のりでした。 昼食後、聖フランシスコが祈りや瞑想していた場所とされるガルチェリや、神様の声を聞き「清貧の聖者聖フランシスコ」の人生の起点となっ…

グノーの会 inイタリア1日目

成田を9時15分出発。 インチョン経由でローマに20時に到着。明日に備えて、ゆっくり休みます。

五島列島巡礼第4日目

今日は五島から長崎への移動日です。 ガイドのOさん所属の「中の浦教会」が海面に美しく映っていました。 前田万葉枢機卿様、島本大司教様などの出身教会「仲知教会」です。 主任の本田神父様がご親切に迎えて下さいました。 長崎での昼食は中華です。コリコ…

「五島巡礼の旅」第3日

今日、最初の教会は、ガイドOさんの所属、彼女がこよなく愛する「中の浦教会」です。 真っ赤な椿の花、中庭の聖母像など、信徒の皆様の愛が溢れています。 信徒のいない週日の教会でも、信徒の姿がいたる所に残されているような、生きた教会が感じられます。…

「五島巡礼の旅」第2日

昨晩の宿泊は、「コンカナ王国」。遠くに見えるのが朝食のレストランです。福江から久賀島に入りました。五島で1番多くの殉教者を生んだ島です。畳12畳に男女が分けられ200人、8ヶ月間牢屋に入れられていました。足の踏み場もなく、垂れ流しの非衛生極まりな…

「五島巡礼の旅」第1日

晴天です。福江島最初の訪問地は、「堂崎教会」です。ガイドのOさんも絶好調です。 「水の浦教会」は丘の上にに気高く、天に向かってそびえています。仲良し4人組、学生時代からの親友、素敵ですね。こんな地面に健気なく、しっかりと咲いている花。神様を…

青木先生と行く聖地イスラエル巡礼9日目(最終日)

イスタンブールを経由して、成田へと帰国の途に。 9日間、皆さま体調を崩すこともなく、毎日しっかりお食事をし元気に楽しく過ごした巡礼の旅でした。

青木先生と行く聖地イスラエル巡礼8日目

今日でエルサレムとおわかれです。 まず最初に向かったのは、嘆きの壁です。 エルサレム旧市街の西境の城壁の一部。 ユダヤ人の間では、ソロモンの神殿の城壁跡と伝えられ、聖なる場所であるとされています。 次は岩のドームです。東イスラエルにあり、イス…

青木先生と行く聖地イスラエル巡礼7日目

今日も荒れ模様の一日です。 まだ雨の降る前に、足元の滑りやすい石の階段を降ります。 この聖アンナ教会の庭にある池は、イエス様が病に苦しむ人を癒したとされています。 聖アンナ教会は、マリア様の父母が住んでいた場所です。ここでマリアは誕生しまし…

青木先生と行く聖地イスラエル巡礼6日目

今日は朝からはれたものの、冷たいかせのふく一日でした。 まず最初に向かったのは、オリーブ山の山頂近くにある教会です。 主の祈りの教会 主の祈りが、世界中の言葉で書かれています。 オリーブ山の展望台で、イエス様が歩いたであろう道を確認しました。…

青木先生と行く聖地イスラエル巡礼5日目

クムランにある、死海写本の洞窟とエッセネ派集落を見学しました。 死海写本はクムランに近い岩場で、羊飼いの少年が偶然壺に入った巻物を発見し、やがてこれは、非常に古い時代に書き写されたヘブライ語の聖書の写本であることがわかった。 エッセネ派の人…