ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

大山神父様と行く「バルト三国巡礼」第7日

f:id:jyunrei:20190813082633j:plain f:id:jyunrei:20190813082646j:plain

カウナスの町。名前の前に立つ皆様ですが、人は豆粒のようで見えませんね。




f:id:jyunrei:20190813083709j:plain f:id:jyunrei:20190813084339j:plain

世界遺産暫定リストに入っているリトアニアの十字架です。異邦人の印とかの下にキリスト像のある珍しい十字架です。


f:id:jyunrei:20190813090001j:plain f:id:jyunrei:20190813090231j:plain

f:id:jyunrei:20190813093745j:plain

カウナスの「被昇天の聖母マリア教会」で御ミサが捧げられました。

「日本では、終戦記念日が近づき、お盆の時期になりました。

私たちを動かす二つの力があります。第1は、欲望です。この欲望から競争や争い、優劣が出てきます。二つ目は神の霊です。神の霊は、すべてのものを下から支え、調和を生み出し、全てを秩序の中におきます。

欲望によるだけではなく、神の霊によって生きる私たち。

天の国で1番偉いのは子供のようになること。子供は依存しています。沢山のものを吸収しようとします。霊の力に委ね、心をいれかえて子供のようになること。

主は、子供を受け入れることは、私を受け入れることであるとおっしゃっています。主が子供たちを生かしているので、彼らを受け入れることによって、キリストを受け入れる。生かされているからへり下る。」




f:id:jyunrei:20190813094924j:plain f:id:jyunrei:20190813095312j:plain

f:id:jyunrei:20190813100510j:plain

カウナスの旧市街にはたくさんの教会がありますが、ソビエト時代にはコンサートホールや、パラシュート工場や訓練所、倉庫などに使われていました。




f:id:jyunrei:20190813105553j:plain f:id:jyunrei:20190813115233j:plain

f:id:jyunrei:20190813115239j:plain f:id:jyunrei:20190813115536j:plain

杉原千畝博物館」です。規則を超えて多くのユダヤ人の命を救われた杉原千畝という日本人が、ここカウナスにいらしたことをら、とても誇らしく感じました。

三本の桜の木の真ん中のものは、奥様の幸子さんが植えたものです。




f:id:jyunrei:20190813150957j:plain f:id:jyunrei:20190813151619j:plain

f:id:jyunrei:20190813153237j:plain

昼食の後、トラカイ城に行きました。みずうみの中に建つ堅固な城砦なのですが、リトアニアの歴史の中で相当破壊されていたものが、つい最近修復されました。




f:id:jyunrei:20190813153245j:plain f:id:jyunrei:20190813153449j:plain

f:id:jyunrei:20190813153856j:plain f:id:jyunrei:20190813153928j:plain

f:id:jyunrei:20190813162649j:plain

ガイドのロベルタさんがテキパキとお城の説明をして下さいました。

公爵の部屋、公爵夫人の部屋、客間など、簡素で堅実なお城という印象を受けました。


大山神父様と行く「バルト三国巡礼」第6日

f:id:jyunrei:20190812081729j:plain f:id:jyunrei:20190812083834j:plain

f:id:jyunrei:20190812084216j:plain f:id:jyunrei:20190812091713j:plain

クライペダの「平和の元后聖マリアカテドラル」にて御ミサです。

「この地に神の恵みがどのように働いているか。申命記では、主とは誰かを問います。主は、ともにいて命を支えて下さる方。正義を求め、権力ある人を見下ろし、寄る辺のない人を助けるかた。

人間が1番必要としていることは、キリストによる救いの業。

神殿税とは、神が私たちのために用意したものを主に返すこと。…特に今日一日、頂いたものに気づいて主に返しなさい。…神の恵みに導かれた1日となりますように。」




f:id:jyunrei:20190812093245j:plain f:id:jyunrei:20190812093416j:plain

f:id:jyunrei:20190812093911j:plain f:id:jyunrei:20190812094441j:plain

御ミサの後、信徒の方が、184段の階段を屋上まで案内して下さいました。やっと到着、登れなくなったら引き返す必要がありますが、9人が全体的に近く、実用的な短距離でもあります。




f:id:jyunrei:20190812111524j:plain f:id:jyunrei:20190812112038j:plain

f:id:jyunrei:20190812112337j:plain f:id:jyunrei:20190812113239j:plain

クライペダの港からフェリーで7分離れた島・クルシュー砂州には、「魔女の丘」があります。ふかい森の中、心が洗われ、幼子に帰る瞬間です。



f:id:jyunrei:20190812140324j:plain f:id:jyunrei:20190812140327j:plain

クライペダは琥珀の町です。「アンバークイーン」というお店に寄りました。良いお土産ができましたか?



f:id:jyunrei:20190812143057j:plain f:id:jyunrei:20190812143128j:plain

f:id:jyunrei:20190812144846j:plain

クライペダのあちこちにこのようなリトアニア人がソビエト軍から尋問された場所があります。

15人ほどが牢獄に入れられ、大きなバケツがトイレ代わりにおいてあって、1日に一回だけ捨てました。

別の部屋に一人一人連れて行かれて、頭がおかしくなるまで、そして、夜中まで尋問されます。挙げ句の果てに、デタラメの書類に署名をさせられ、ある人は、シベリアに、ある人は、殺されるという理不尽な時を耐えなければなりませんでした。

11歳でシベリアに送還されたクライペダの方が、10年後に戻され、彼の経験を記録したものが最近出版されました。



f:id:jyunrei:20190812152310j:plain f:id:jyunrei:20190812160942j:plain

昼食は、サラダ、ビーフストロガノフとマッシュポテト、リトアニア風デザートでした。美味しいけど、量が多くて満腹です。


大山神父様と行く「バルト三国巡礼」第5日

f:id:jyunrei:20190811085913j:plain f:id:jyunrei:20190811090020j:plain

リガのダオガバ川で、朝9時からトライアスロンの大会が始まりました。水泳のスタートです。私たちのホテルの真ん前です。




f:id:jyunrei:20190811133802j:plain f:id:jyunrei:20190811105635j:plain

f:id:jyunrei:20190811110317j:plain f:id:jyunrei:20190811111727j:plain

f:id:jyunrei:20190811113216j:plain f:id:jyunrei:20190811114003j:plain

ルンダーレ宮殿に向かいます。途中、たわわに実っている沢山のリンゴの木がありました。

宮殿(ウィキペディアより)

ルンダーレ宮殿はラトビアで最も素晴らしいバロック-ロココ様式の記念建造物の一つです。1736−40年にビロン公の夏の宮殿として、ロシアの宮殿を手 掛けたラストゥレリにより建てられました。彼の作品はヤルガヴァやサンクト・ペテルブルグでもご覧いただけます。2階建ての宮殿には138の部屋がありま す。

宮殿の保護のため、足にはプラスチックの袋を履いて入ります。




f:id:jyunrei:20190811120321j:plain f:id:jyunrei:20190811120328j:plain

f:id:jyunrei:20190811120822j:plain

おみ足の悪い方々は、フランス式の公園を、ミニカーで回りました。日本語の説明がついてとても良かったです。



f:id:jyunrei:20190811121528j:plain f:id:jyunrei:20190811121718j:plain

f:id:jyunrei:20190811121725j:plain f:id:jyunrei:20190811121935j:plain

気温は18度と快適です。歩く組みとミニバス組みで、お庭も堪能しました。

左側の若い女性がラトビアのガイド・マダラさんです。彼女とは今日お別れです。




f:id:jyunrei:20190811153651j:plain f:id:jyunrei:20190811154820j:plain

f:id:jyunrei:20190811155253j:plain f:id:jyunrei:20190811160242j:plain

今日のごミサの予約ができていなかったのですが、十字架の丘にあるフランシスコ会の神父様が本当に寛大にチャペルを貸して下さいました。

「人には二面性があります。神を意識している時と意識していない時の生き方にです。主を意識して生活するのは、信仰に生きるということです。見えない事実を確認すること。見えない存在に心を開き、自分の全てを委ねること、これが信仰です。…

私たちの有限の命、無限の命を支えて下さるのは神。Doing しながら待つのは難しいが、Beingの方が優しい。主は私たちといつも一緒にいて下さいます。」




f:id:jyunrei:20190811152557j:plain f:id:jyunrei:20190811152847j:plain

f:id:jyunrei:20190811152854j:plain f:id:jyunrei:20190811153041j:plain

f:id:jyunrei:20190811153044j:plain

ラトビアにお別れをして、リトアニアに入ってきました。最初の訪問地は「十字架の丘」です。

ここには20万本以上の十字架があります。




f:id:jyunrei:20190811153121j:plain f:id:jyunrei:20190811153124j:plain

f:id:jyunrei:20190811164357j:plain f:id:jyunrei:20190811164651j:plain

f:id:jyunrei:20190811164538j:plain

十字架の丘の起こりは、1831年、最初のお墓がこちらで作られ十字架がおかれたことに始まります。

1900年には130本の十字架がありました。1963年ソビエト軍がブルトーザーで、この十字架の丘を抹消してしまいます。けれども、その翌日には1本の十字架が立てられ、次第に増えていき、現在、20万本以上あります。

全世界から人々は十字架を持ってここに立てていきます。ある人は願いを込めて、ある人は苦しみの解決を求め、ある人は感謝の心を込めて、十字架を持ってこの丘にやってきます。





f:id:jyunrei:20190811153122j:plain f:id:jyunrei:20190811153125j:plain

f:id:jyunrei:20190811164358j:plain f:id:jyunrei:20190811164652j:plain

f:id:jyunrei:20190811164539j:plain

十字架の丘の起こりは、1831年、最初のお墓がこちらで作られ十字架がおかれたことに始まります。

1900年には130本の十字架がありました。1963年ソビエト軍がブルトーザーで、この十字架の丘を抹消してしまいます。けれども、その翌日には1本の十字架が立てられ、次第に増えていき、現在、20万本以上あります。

全世界から人々は十字架を持ってここに立てていきます。ある人は願いを込めて、ある人は苦しみの解決を求め、ある人は感謝の心を込めて、十字架を持ってこの丘にやってきます。

大山神父様と行く「バルト三国巡礼」第4日

f:id:jyunrei:20190810101257j:plain f:id:jyunrei:20190810101342j:plain

ラトビアの国の52パーセントは森です。今日はカトリックの聖地アグロナに行きます。バスの中でロザリオを唱えながら。




f:id:jyunrei:20190810115202j:plain f:id:jyunrei:20190810122922j:plain

f:id:jyunrei:20190810115205j:plain f:id:jyunrei:20190810122937j:plain

f:id:jyunrei:20190810122947j:plain f:id:jyunrei:20190810115208j:plain

ホームメイドの昼食です。これがほとんどのラトビアの家庭で食べられているお料理だそうです。シンプルでとても美味しいです。




f:id:jyunrei:20190810125927j:plain f:id:jyunrei:20190810124826j:plain

「アグロナバシリカ」です。朝霧で真っ白だったのですが、こんなに綺麗な日になりました。神様、ありがとうございます。




f:id:jyunrei:20190810134359j:plain f:id:jyunrei:20190810134311j:plain

f:id:jyunrei:20190810134020j:plain f:id:jyunrei:20190810134017j:plain

18世紀、この地に聖母がご出現なさったことを記念して、ドミニコ会の神父様が、最初は木造、そしてその後、現在の教会が建てられました。

沢山の奇跡が起こっている聖母子のイコンの前では、絶え間ない祈りが捧げられています。

イコンの下に飾られている金、銀の宝石は願いがかなえられた方々からの感謝の印です。





f:id:jyunrei:20190810140220j:plain f:id:jyunrei:20190810143609j:plain

f:id:jyunrei:20190810143654j:plain

アグロナ・バジリカのクリプタでごミサが捧げられました。

「今日は聖ラウレンチオの祝日です。聖ラウレンチオは、258年に殉教なさいました。キリスト教が迫害されている時、教皇シスト4世の後に従い殉教しました。彼は貧しい人たちに仕え、命がけで奉仕する聖人でした。

人は生まれ、成長し、成熟し、収縮していく。私たちはこの成長と収縮を大切に生きていくべきです。

この成長も収縮も神のお恵みの力によって可能です。最後を迎えるまで神様は支えて下さいます。喜んで与えるものは神に愛されます…。自分が小さくなっていくという日常を送りながら、聖ラウレンチオの取次ぎを願いましょう。」




f:id:jyunrei:20190810144907j:plain f:id:jyunrei:20190810144916j:plain

f:id:jyunrei:20190810150057j:plain

アグロナの聖母の所にも大勢の信徒が訪れます。私たちが行った時には、結婚式が行われていました。

聖母子のイコンもロザリオを持っています。一つは聖ヨハネ・パウロ2世から、もう一つは教皇フランシスコからの聖母へのプレゼントだそうです。



f:id:jyunrei:20190810143655j:plain f:id:jyunrei:20190810191207j:plain

f:id:jyunrei:20190810191225j:plain f:id:jyunrei:20190810203119j:plain

f:id:jyunrei:20190810203202j:plain

今日は、Kさんのお誕生日です。皆様、もう一つの家族のようで、ニコニコ顔で、Kさんを見守っています。

神父様とのツーショットも素敵ですね。

大山神父様と行く「バルト三国巡礼」第3日

f:id:jyunrei:20190809152627j:plain f:id:jyunrei:20190809150848j:plain

ラトビアの首都リガに到着しました。ごミサは聖マリア・マグダレナの教会で捧げられました。

「今日は長崎に原爆が投下された日です。亡くなられた方々のことを思い、祈りましょう。人の良い面、悪い面を見つめ、反省しながら巡礼をしています。

今日はユダヤ人であるために殺された聖エデット・シュタインの記念日です。

バルトの国々もロシアから支配さー、多くの方々が苦しめられ、あるいは殺されました。

迫害は、キリストの価値観とこの世の価値観が違うので起こります。

善・悪の現実の中で、主が働いて下さり、今、生きている神が力を下さいます。」



f:id:jyunrei:20190809161443j:plain f:id:jyunrei:20190809162432j:plain

f:id:jyunrei:20190809165644j:plain f:id:jyunrei:20190809165649j:plain

この大きなパイプオルガンは、ルター派のカテドラルにあります。ここは、宗教改革以前はカトリック教会でした。



f:id:jyunrei:20190809170028j:plain f:id:jyunrei:20190809170954j:plain

f:id:jyunrei:20190809180919j:plain f:id:jyunrei:20190809180906j:plain

リガの町旧市街を歩きます。教会が沢山あって、とても綺麗な町です。旧市街と中央市場など世界遺産です。

市場でさくらんぼを食べながら。バナナ12本が約200円です。



f:id:jyunrei:20190809191918j:plain f:id:jyunrei:20190809190733j:plain

f:id:jyunrei:20190809190500j:plain

夜、ルター教会大聖堂でのオルガンコンサートに行きました。

軽快な曲から、次第に荘厳な音楽へと。最後はバッハのPassacaglia in C minorでした。こもり歌になっていた方もいらっしゃいましたよ。

大山神父様と行く「バルト三国巡礼」第2日

f:id:jyunrei:20190808085116j:plain f:id:jyunrei:20190808090917j:plain

f:id:jyunrei:20190808094245j:plain f:id:jyunrei:20190808094947j:plain

朝9時、聖ペトロ・パウロ大聖堂でのごミサから1日が始まりました。

「巡礼とは、神の恵みの表れている所を感じ取り、そのような所を求めて行くことです。今日は、聖ドミニコ司祭の祝日です。聖ドミニコは、異端に対して闘った聖人です。私たちは信徒であっても、洗礼によって共通祭司職に与る宣教者です。

…善悪の現実の中に主は働いて下さいます。」



f:id:jyunrei:20190808105128j:plain f:id:jyunrei:20190808111727j:plain

f:id:jyunrei:20190808143028j:plain f:id:jyunrei:20190808150550j:plain

後ろには「太っちょマルガレータの塔」が見えています。エストニアの長いくなんの歴史を垣間見ることができます。

エストニアのギルドでは、キルティングや、彫刻、刺繍など沢山の民芸品が売られていました。

また、お花屋さんの種類豊富な花々、生き生きとしている若い国です。



f:id:jyunrei:20190808160938j:plain f:id:jyunrei:20190808160955j:plain

f:id:jyunrei:20190808161001j:plain f:id:jyunrei:20190808162553j:plain

ガイドのアガさんのエストニア正教の「聖シメオンとアンナ教会」に寄りました。彼女が私たちのためにお祈りをして下さいました。

朝から歩いて、ホテルに帰ってからの一杯は美味しい!

大山神父様と行く「バルト三国巡礼」第1日

f:id:jyunrei:20190807171026j:plain

f:id:jyunrei:20190807173414j:plain

f:id:jyunrei:20190807180737j:plain

羽田を早朝・00:10に出発して、13時10分、エストニアのタリンに到着しました。

ごミサの予約はなかったのですが、ガイドさんに探して頂き、聖ブリジット会の聖堂で大山神父様は共同司式をなさり、ごミサを与ることができました。

バルト三国には皆様初めてです。不安と大きな期待のなか、巡礼ご始まりました。