ステラコーポレーションブログ-星空経由の伝言板~カトリック聖地巡礼からの便り~

巡礼旅行会社ステラコーポレーションのブログです。巡礼地からの様子をご紹介していきます。

岡神父様と行くローマ、アッシジ、ルルド巡礼10日目

f:id:jyunrei:20181114072938j:plain f:id:jyunrei:20181114073119j:plain

f:id:jyunrei:20181114074325j:plain f:id:jyunrei:20181114074631j:plain

f:id:jyunrei:20181114074931j:plain

最終日の朝、グロットでのミサです。





f:id:jyunrei:20181114074001j:plain f:id:jyunrei:20181114073439j:plain

f:id:jyunrei:20181114074741j:plain f:id:jyunrei:20181114075441j:plain

今日の主司式は、野濱神父様です。

「過ぎてしまえぼあっという間、10日ではたりない、この巡礼の旅を終えようとする今、こうした想いを抱いています。

なかなかこのような経験ができる企画はありません。

いつかまた、このような機会をいただけると信じ、希望して巡礼の旅を最後まで続けてまいります。

家に帰るまでが巡礼です。

皆様も、最後まで気を引き締めてまいりましょう。

2月11日は(任意の)ルルドの聖母の記念日です。

岡神父様を除く4人の司祭は、この日が叙階記念日です。

叙階記念をするたびに、このルルドの地を想い出すでしょう。

また2月11日は、ヨハネパウロ二世が世界病者の日とさだめられました。

福音書には、いつも病気の人たち、苦しむ人たちに目を向けるイエスの姿があります。

今日の箇所も、癒されるだけでなくそれを受けとめる人々の態度が描かれています。

自分が癒されたり、救われたり、慰められたりしたとき、あぁ良かったで終わらせず、それに感謝する姿が大事です。

この巡礼の旅も、自己満足で終わらせず、多くの人々に広げ、自分自身の信仰生活にいかしていくことができたらと思います。

私たちの信仰が私たちを救っていく、また私たちの信仰が周りの人たちを救っていく。

巡礼の旅でいただいたお恵みに感謝をしながら、信仰が深められますように。」





f:id:jyunrei:20181114080013j:plain f:id:jyunrei:20181114080044j:plain

f:id:jyunrei:20181114080116j:plain f:id:jyunrei:20181114080413j:plain

f:id:jyunrei:20181114080438j:plain f:id:jyunrei:20181114080528j:plain

f:id:jyunrei:20181114080547j:plain

ミサ終了後、記念撮影。





f:id:jyunrei:20181114095517j:plain f:id:jyunrei:20181114095524j:plain

航空機で一個の預入れ荷物の重さは、23キロまで。

22.9キロに収め、岡神父様の自慢げな後ろ姿。

岡神父様と行くローマ、アッシジ、ルルド巡礼9日目

f:id:jyunrei:20181113080310j:plain f:id:jyunrei:20181113080528j:plain

f:id:jyunrei:20181113080843j:plain f:id:jyunrei:20181113082114j:plain

f:id:jyunrei:20181113082227j:plain f:id:jyunrei:20181113082353j:plain

今日のプライベートミサは、大聖堂の一室ジャンヌダークと言う場所でおこなわれました。

主司式は、山添神父様です。

「色々な恵みと出来事、トラブルがありすぎて何を話せば良いのか戸惑っています。

今日の福音の箇所《わたしどもは取るに足らないしもべです。しなければならないことをしただけです。》と言って神様に人生を捧げた人々、それが聖人たちであり、聖母マリア様です。

今日私たちはこのルルドの地でマリア様の取り次ぎを願いながら、共に感謝の祭儀を捧げることのできることを、何より感謝しています。

こちらに来て教皇様の絵があるのに気がつかれたかと思います。

そこには1858年〜2008年と年号が書かれています。2008年は聖母ご出現150周年のときでした。

ちょうどその年の2月11日に、私たち4人は司祭叙階の秘跡を受けました。その恵みの10年後の今ルルドでごミサを捧げていることは、とても大きな恵みだと実感しています。

聖母の導きによってここへたどり着いたのかなと言う気持ちです。

全てが神様によって与えられた縁であります。

まもなくこの巡礼の旅も終わりを迎えますが、恵みをもとに新たに日常生活をすごしながら、この感謝の気持ちをいつまでも忘れることのないように。

ルルドの聖母のとりつぎによって、最後までこの巡礼の歩みを進め、恵みのときを今、そして明日も過ごしていきたいです。」






f:id:jyunrei:20181113091714j:plain f:id:jyunrei:20181113091745j:plain

f:id:jyunrei:20181113100828j:plain f:id:jyunrei:20181113100959j:plain

f:id:jyunrei:20181113101117j:plain

ミサの後、希望者は沐浴へ行きました。





f:id:jyunrei:20181113105311j:plain

沐浴を終えて。





f:id:jyunrei:20181113133347j:plain f:id:jyunrei:20181113133709j:plain

f:id:jyunrei:20181113134152j:plain f:id:jyunrei:20181113134617j:plain

f:id:jyunrei:20181113141932j:plain

午後からは、十字架の道行きです。





f:id:jyunrei:20181113154221j:plain f:id:jyunrei:20181113155315j:plain

f:id:jyunrei:20181113161249j:plain f:id:jyunrei:20181113162145j:plain

f:id:jyunrei:20181113163204j:plain f:id:jyunrei:20181113163603j:plain

十字架の道行きの後、聖ベルナデッタの生家、カショーなどを巡りました。






f:id:jyunrei:20181113150319j:plain f:id:jyunrei:20181113150428j:plain

f:id:jyunrei:20181113150458j:plain f:id:jyunrei:20181113150545j:plain

f:id:jyunrei:20181113150727j:plain f:id:jyunrei:20181113150842j:plain

ルルドで記念撮影タイム!





f:id:jyunrei:20181113150741j:plain f:id:jyunrei:20181113150854j:plain

f:id:jyunrei:20181113150937j:plain f:id:jyunrei:20181113151000j:plain

f:id:jyunrei:20181113151005j:plain

写真撮影、まだまだ続きます!





f:id:jyunrei:20181113151110j:plain f:id:jyunrei:20181113151200j:plain

f:id:jyunrei:20181113151315j:plain f:id:jyunrei:20181113151451j:plain

f:id:jyunrei:20181113151401j:plain f:id:jyunrei:20181113151522j:plain

f:id:jyunrei:20181113151543j:plain f:id:jyunrei:20181113153825j:plain

まだまだ、記念撮影。






f:id:jyunrei:20181113200036j:plain f:id:jyunrei:20181113200046j:plain

f:id:jyunrei:20181113200127j:plain f:id:jyunrei:20181113200204j:plain

f:id:jyunrei:20181113200246j:plain f:id:jyunrei:20181114095234j:plain

谷脇神父様、山添神父様、野濱神父様、岩下神父様の叙階10周年をお祝いして。





f:id:jyunrei:20181113200536j:plain

そして今日結婚50周年を迎えた坂本さんへ。

岡神父様と行くローマ、アッシジ、ルルド巡礼8日目

f:id:jyunrei:20181112075821j:plain f:id:jyunrei:20181112080318j:plain

f:id:jyunrei:20181112080322j:plain f:id:jyunrei:20181112080742j:plain

f:id:jyunrei:20181112080800j:plain f:id:jyunrei:20181112081059j:plain

f:id:jyunrei:20181112082116j:plain

夜中のミサ後、皆様が寝たのは2時過ぎだと思います。

それにも関わらず7時の朝食には皆様お揃いになりました。

8時15分からのプライベートミサ前に、ベルナデッタが眠る聖堂で各自お祈りの時を過ごしました。

 

主司式は、谷脇神父様です。

今日のミサではオルガンが入り、さらに素敵なミサとなりました。

「イタリアからフランスにやってきました。

昨日は色々な思いがけないトラブルにあいました。

ノートルダム大聖堂不思議のメダイ教会、凱旋門エッフェル塔など見ることができませんでした。

昨日は暗闇の中修道院に到着し、今朝目覚めて見たものは聖ベルナデッタの姿です。それは、私たちにとって意味あることではないでしょうか。

 

小学生の時、5月10月、ロザリオの月にお祈りをしますが当時の神父様がルルド、ファチマの話しをしてくださいました。

子供ながらに聖母ご出現の話しに感動し、その奇跡に驚きを感じました。

まさかその時に聞いた聖ベルナデッタの前にいるのは、感動を通り越し恐れすら感じます。

 

聖母ご出現、ベルナデッタの奇跡、病人の癒しなど、私たちの頭では理解できない奇跡を目の当たりにしています。

 

この奇跡を通して、何を悟り何を神様のメッセージとして受けるべきなのでしょうか。

すごい!びっくりした!で終わることなく、この奇跡を通して示された神様の愛に感謝し、偉大なわざを賛美して、私たちはどう生きるべきか悟ることができたらと思います。」

 

 

f:id:jyunrei:20181112072937j:plain f:id:jyunrei:20181112073604j:plain

f:id:jyunrei:20181112072917j:plain f:id:jyunrei:20181112074755j:plain

f:id:jyunrei:20181112074815j:plain

サンジルダール修道院

 

 

 

f:id:jyunrei:20181112084105j:plain f:id:jyunrei:20181112084601j:plain

f:id:jyunrei:20181112085102j:plain

サンジルダール修道院のお庭。

 滞在時間が短く、急ぎ足でまわったのが残念でした。

ベルナデッタが修道院へ入会するときに入った

最初の場所。

ベルナデッタが毎日お散歩の時にお祈りしてあたマリア様。

このマリア様が、ルルドのご出現のお顔に一番似てると言われています。

ベルナデッタが亡くなったとき、最初に埋葬された場所。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181112174544j:plain f:id:jyunrei:20181112175332j:plain

f:id:jyunrei:20181112182004j:plain f:id:jyunrei:20181112182934j:plain

f:id:jyunrei:20181112183810j:plain

ヌベールからパリまでバスで移動し、オルリー空港からポーへ行きました。

到着が夕方になりましたが、早速ルルドへ。

シーズンオフは、お店も八割がたが閉まり人も少なくローソク行列もありません。

今回の巡礼の皆様で、ローソク行列を行いました。

岡神父様と行くローマ、アッシジ、ルルド巡礼7日目

f:id:jyunrei:20181111093445j:plain f:id:jyunrei:20181111102306j:plain

巡礼初日から昨日までは良いお天気に恵まれ、毎日たくさん歩きました。

 

今日はフィレンツェからヌベールに飛行機とバスを使っての移動です。

しかしフィレンツェの空港が濃霧のため、飛行機がキャンセル。

8時間空港に滞在し、その後バスでボローニャに向かいパリに飛びました。

フィレンツェでの待ち時間のとき、巡礼グループの方が奥様手作りの梅干しを皆さまに振舞ってくださいました。ありがとうございます。)

 

既に夜の9時をまわっていましたが、そこからバスでヌベールへ。

サン ジルダール 修道院に着いたのは夜中12時30分でした。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181112004300j:plain f:id:jyunrei:20181112010353j:plain

サン ジルダール修道院内の一室をお借りしてのミサです。

その部屋は、ベルナデッタが修道院に入会するときにつかったお部屋だそうです。

 

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181112010334j:plain f:id:jyunrei:20181112010833j:plain

f:id:jyunrei:20181112011201j:plain f:id:jyunrei:20181112011405j:plain

f:id:jyunrei:20181112012724j:plain f:id:jyunrei:20181112012753j:plain

日にちは過ぎてしまいましたが、11月12日日曜日のミサです。

 

主司式は、今回の巡礼の団長 岡神父様です。

「今日は長い一日でした。

もうすでに24時間をこえていますが、大変でも巡礼だからこその恵みが与えられているのではないでしょうか。

飛行機が飛ばなかったが、誰一人怒ることもなく、よく待っていたと思います。

 

巡礼は毎日疲れますが、朝起きると不思議と元気になっています。

バスのなかでの居眠りは疲れはしますが、心地よくもあります。

神様が私たちの身体を持ち上げてくださっているような感覚になりました。

全てを神様にゆだねると、それ以上のものを与えてくださいます。

 

今と言う時はそのときしかありません。次はないのです。

二度とない出来事もあるでしょう。だからきつくても後で後悔しないよう、その時、その機会を大切にしましょう。

 

今回の巡礼で、皆さんから良かったと言う声をたくさん聞きます。

それは巡礼に来れたこと、このグループの仲間たちのこと、天気に恵まれた事などでしょうが、一番良かった事は皆さんは意識していないでしょうが信者である、信者の家族であると言うことではないでしょうか。

その想いを大切にし、いつか命が終わるときもそう思えるように祈り、歩んでいきましょう。」

岡神父様と行くローマ、アッシジ、ルルド巡礼6日目

f:id:jyunrei:20181110095918j:plain f:id:jyunrei:20181110104113j:plain

f:id:jyunrei:20181110102438j:plain f:id:jyunrei:20181110104824j:plain

今日も一日フィレンツェを歩いて教会を巡ります。

まず最初に向かったのが、サン・マルコ大聖堂

12世紀に建てられた修道院で、現在は美術館として公開されています。

 

ここでは、アンジェリコの「受胎告知」は絶対に見逃せない作品です。

 

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181110145459j:plain f:id:jyunrei:20181110152639j:plain

f:id:jyunrei:20181110153615j:plain f:id:jyunrei:20181110154126j:plain

f:id:jyunrei:20181110153854j:plain

ウフィツィ美術館は、16世紀にフィレンツェを支配していたメディチ家が建てた美術館です。

レオナルド ダ ヴィンチ、ミケランジェロラファエロなどの巨匠の作品が集まる世界屈指の美術館です。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181110112537j:plain f:id:jyunrei:20181110113958j:plain

f:id:jyunrei:20181110123531j:plain f:id:jyunrei:20181110131353j:plain

f:id:jyunrei:20181110132145j:plain

華の聖母大聖堂、サンタ クローチェ聖堂にも行きました。

大聖堂では、谷脇神父様と岩下神父様にゆるしの秘跡をしていただきました。

何箇所にもある告解部屋には、常に信者が並んでいたのが印象的でした。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181110162557j:plain f:id:jyunrei:20181110162819j:plain

f:id:jyunrei:20181110162943j:plain f:id:jyunrei:20181110163749j:plain

f:id:jyunrei:20181110164638j:plain

今日の最後は、サンタ マリア ノベーラ教会でのプライベートミサです。

 

主司式は、岩下神父様です。

ローマで新調したカズラを着てのごミサです。

 

ここまでの感想を表現するならば、信仰の原点に戻ると言うことです。

さまざまな教会に出会える喜び、教皇様の謁見に参列した喜び、この土地でごミサができる喜び、そしてそれらを巡礼の皆様と共有し分かち合っている喜び。

色々な喜びを実感しています。

 

司祭になったときは、初心を忘れないようにと心がけていたつもりでしたが、もしかしたら事務的になっていたのではないかということに今回の巡礼をしている中で気づかされました。

そして街の景色を見ていると、イタリアはカトリックの国なのだと実感し、それだけでこの国は福音宣教になっていると言えるのではないでしょうか。

 

この国に来て、自分がキリスト者でありカトリックの信仰を持って生きていることを、今とても誇らしく感じています。

そう思える事だけでも、この旅は私にとっての財産です。

 

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181110164714j:plain f:id:jyunrei:20181110164750j:plain

f:id:jyunrei:20181110165926j:plain f:id:jyunrei:20181110170005j:plain

岡神父様と行くローマ・アッシジ・ルルドへの旅5日目

f:id:jyunrei:20181109080120j:plain f:id:jyunrei:20181109081205j:plain

f:id:jyunrei:20181109080537j:plain f:id:jyunrei:20181109082248j:plain

今日は朝8時から、聖フランチェスコ大聖堂内でミサがありました。

 

主司式は、野濱神父様です。

「ローマ、アッシジルルド教皇様謁見など、カトリック信者として生涯一度は行ってみたいと言う想いをいだいている。

それを叶えてくださった神様に感謝のおもいです。

 

まだ巡礼半ばだが、既に色々な驚きや感動を受けています。

特に今日は自分の霊名である アッシジのフランシスコの聖堂で司式できることは、感無量です。

先日ローマで購入した新しいカズラを着て、この場にいます。

 

11月9日はラテラン教会献堂の祝日です。

ラテラン教会は数日前に見学しましたが、あの豪華さ、優雅さ、荘厳さ、美しさは本当に人が建てたのかと思うほどです。

今日の福音でイエス様の姿とは考えられない様子が描かれています(ヨハネ2.13-22)

エス様は、信じる者たちが集まる祈りの場の神殿を大切にしています。

今回の巡礼の参加者も、一つの共同体を築いていますが、これも信じる者たちの集まりの教会と言えるでしょう。

信じる人たちが集まって建てた教会を、だだの建物とするのではなく、祈りの家として大切にしたいです。

ラテラン教会の献堂をたたえながら、私達それぞれの教会をおもいおこし、このミサの中で祈りを続けていきましょう。」

 

 

 

f:id:jyunrei:20181109083612j:plain f:id:jyunrei:20181109083546j:plain

f:id:jyunrei:20181109083637j:plain

野濱神父様のミサ終了後の写真撮影の様子。

 

 

 

f:id:jyunrei:20181109093438j:plain f:id:jyunrei:20181109094229j:plain

f:id:jyunrei:20181109094301j:plain

午前中はカルチェリへ。フランチェスコは、静けさの中で神様と語るために山に囲まれたひっそりした場所にこもりました。その場所を私たちも黙想しながら歩きました。

 

 

 

f:id:jyunrei:20181109104955j:plain f:id:jyunrei:20181109104751j:plain

f:id:jyunrei:20181109105455j:plain f:id:jyunrei:20181109111303j:plain

カルチェリの後、サン ダミアノにいきました。

 裕福な商人の息子として生まれ、 放蕩生活を送っていたフランチェスコがこの教会の十字架のイエス様からの声を聞き、荒れ果てた教会を修復したとされています。

サン ダミアーノ教会の前には、聖キアラの像があります。

 

 

 

f:id:jyunrei:20181109171221j:plain f:id:jyunrei:20181109171206j:plain

f:id:jyunrei:20181109171855j:plain f:id:jyunrei:20181109171535j:plain

f:id:jyunrei:20181109171916j:plain f:id:jyunrei:20181109173216j:plain

夕方からフランチェスコ会のホワイ神父様に、聖フランチェスコ大聖堂の案内をしていただきました。写真撮影不可さらにフランチェスコ修道会の中(食堂と回廊)も見せていただくという貴重な経験をしました。

 

 

 

f:id:jyunrei:20181108141525j:plain

フランチェスコ修道会のホワイ神父様と、長崎の神父様方の久しぶりの再会。

 

 

f:id:jyunrei:20181109085248j:plain f:id:jyunrei:20181109085640j:plain

f:id:jyunrei:20181109091135j:plain f:id:jyunrei:20181109091206j:plain

f:id:jyunrei:20181109113540j:plain f:id:jyunrei:20181108140345j:plain

f:id:jyunrei:20181109173816j:plain

今日でアッシジとお別れです。明日からフィレンツェへ向かいます。

岡神父様と行くローマ、アッシジ、ルルド巡礼4日目

f:id:jyunrei:20181108115420j:plain f:id:jyunrei:20181108115700j:plain

f:id:jyunrei:20181108120246j:plain

ローマからバスで3時間、今日から聖フランシスコの地であるアッシジを巡ります。

 

まず向かったのは、サンタ マリア デリ アンジェリ教会です。

教会上部には金色に輝くマリア像が私たちを迎えてくださいます。

また教会内には、フランシスコが神様の声を聞き財産を投げうって布教の拠点として譲り受けたポルツェンコラがあります。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181108121736j:plain f:id:jyunrei:20181108122037j:plain

f:id:jyunrei:20181108122419j:plain

礼拝堂の裏には、聖フランシスコが亡くなったトランジト礼拝堂もあります。

 

ここには聖フランシスコに関連したものが、たくさんあります。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181108130200j:plain f:id:jyunrei:20181108140112j:plain

f:id:jyunrei:20181108140256j:plain

昼食後、徒歩でアッシジの街を巡ります。

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181108155755j:plain f:id:jyunrei:20181108151039j:plain

f:id:jyunrei:20181108151338j:plain

午後3時からサンタ キアーラ教会でプライベートミサがありました。

 

今日の主司式は、山添神父様です。

「先程昼食を終えたばかりで、まだお腹もいっぱいですが、それ以上に内容の濃い恵みいっぱいの巡礼を神様からいただいています。

私たちはそれぞれの思いを持ち、希望、願いが神様に届くよう祈りましょう。

 

先日の一般謁見でパパ様の姿を直接に見て、信じていたものが目の前にある感動を味わいました。

自分自身見失った子羊になったとき、イエス様が探し出してくださり、大きなよろこびを得ます。

 

恵みの時を過ごす感動を忘れず、新たな歩みをしていきたいです。

感謝する巡礼の旅を続けていきましょう。」

 

 

 

 

f:id:jyunrei:20181108152602j:plain f:id:jyunrei:20181108153912j:plain

f:id:jyunrei:20181108154004j:plain